水野会員様の油彩画のご紹介

こんにちは。水曜日、日曜日を担当しています講師の永瀬です。
今回は水野会員様の油彩画を3点ご紹介します。
 
はじめにご紹介するのは、スウェーデンにご旅行されたときに撮影した写真を元に描かれました
農家小屋の風景画です。
 

大きく配置された建物の直線的要素が画面を構成して、
心地よい緊張感とリズムをつくり出しています。
また建物の茶系の色味と植物の緑系の色味の対比が鮮やかに画面を彩っています。
植物の表現は瑞々しく、凛とした空気感を感じます。
建物の表現では、手前と奥で色味を調節して、うまく距離感をつくられていますね。
全体に密度が高く、充実した力作になっていると思います。
 
 
次にご紹介するのは、洋書や葡萄とザクロをのせたガラスコランダーなどを
配置した静物画です。

画面全体を覆う、布の青い色味とザクロや洋書、洋梨の暖色系の色味の対比が
とても美しいです。
葡萄はその対比する色味を繋ぐ役割も担っていると思います。
またそれぞれの物の質感がとてもよく表現されていると思います。
ガラスコランダーには透明感があり、薄く硬質な感じがします。
果物たちはとても瑞々しく、内側にたくさんの水分を含んでいるようですね。
洋書にはとても長い時間の経過を感じます。
今作は落ち着きと楽しさの両方がある素敵な作品になっていると思います。
 
 
最後にご紹介するのは、こちらもスウェーデンで撮影された写真を元に描かれた、風景画です。

お城は何度も形を取り、色を重ね、綺麗に整いました。
お城の、陽の光が当たっている所と影の所では、とても丁寧に的確な色味をつくられていますね。
 
空と河では青系統の色味でも、明確に違いを作りだされています。
 
手前の岸に咲く花では、明るい黄色を強めのマチエールで置いています。
空やお城や河と、とてもいいバランスが取れていますね。
 
明るく自然な描写と、
奇抜ではなく、ありきたりでない、少し変わった、魅力のある構図が印象的な作品だと思います。
 
今回ご紹介した作品には水野会員様のバランス感覚や色感のよさがとても発揮されていると思います。
またどの作品もしっかりと仕上がっています。
そのためには制作中、常に作品の状態を見つめ直すことを繰り返していらっしゃるのだと思います。
 
毎作、どの作品にも、自立した自然で明るい画風があり、
それでいて色味やかたち、タッチなどで新たな実験の要素を取り入れながら
制作されている水野会員様。
これからも素敵な作品を楽しみにしております。

泉岳寺写生会

こんにちは講師の佐々木です。
蝉の声が響き初め、夏色濃くなってきました。
今回は先日行いました泉岳寺での写生会の様子を紹介します。
 
当日の天候はやや薄曇りで時々日がさす程度でしたが、やはり気温が高く、汗が滝のように流れていました。
しかし、時折芝浦方面から来る風が心地よい涼を運んでくれました。
 
参加者は予約の時点ではもう少し増える予定でしたが、熱中症の懸念もありキャンセルされる方が出て、新宿校銀座校共に4人ずつの計8人でした。
 

羽毛会員さまは泉岳寺を以前描いたことがあるそうです。
その時に上手く出来なかった所を今回は再チャレンジです。
 

児玉会員さまは本堂を正面から挑戦しました。山門の下で日も当たらず、
風も吹きぬけてスケッチに最適な場所でした。
 

武智会員さまも山門の下から、手前の竹垣と松を入れた構図で本堂を描きました。
 

佐藤会員さまは山門を横から見た構図で挑戦です。
 

石原会員さまは初めてのスケッチ会でした。
山門だけじゃなくスケッチをしている沖野会員も構図に入れています。
その沖野会員さまは四十七士墓所の門に続くスロープを描いています。
 

宮本会員さまは血染めの石を選びました。
屋根の無い所だったので、とても暑そうでした。
 

菊池会員さまは本堂側から山門と、その手前にある松を選びました。
ここも遮るものがなく、とても暑そうでした。
 
それでは作品を紹介していきます。
 

宮本会員さまの作品 水彩画
 

菊池会員さまの作品 色鉛筆画
 

羽毛会員さまの作品 水彩画
 

石原会員さまの作品 水彩画
 

武智会員さまの作品 水彩画
 

佐藤会員さまの作品 水彩画
 

沖野会員さまの作品 パステル画
 

児玉会員さまの作品 鉛筆画
 

講評会の様子です。
 

体調の面も考え早めに描くのを止めて、講評会を行いました。
暑い中で時間も少なかったので、完成には至らなかった様子でしたが、
それぞれ面白い切り口で構成された力作が並びました。
 

全員で記念撮影。暑さに参った様子が窺えます。
 

スケッチ会終了後には近くのネパール料理屋さんで懇親会を行いました。
乾いた喉に潤いが戻って、生き生きとした自然な笑顔がこぼれていますね。

今度は秋の紅葉の頃に涼しい中でスケッチが出来ると良いですね。
写真撮影は同じくご指導に当たりました山本講師が行いました。

小林 節 会員さまの油彩画ご紹介

こんにちは、講師の安永です。
今回は小林会員さまの油彩画を紹介させていただきます。
小林会員さまご自身が旅先で撮影された写真を元に風景画を制作しています。
今回は様々な写真の中から、海上にそびえる厳島神社の大鳥居を
ピックアップしました。


鳥居を中心に添えたストレートな構図です。
空、後景の山々、海面の寒色系の色面に、朱色の鳥居が映えます。
対岸の情景をあえてあまり描き込み込み過ぎず、
後景の山も彩度を落とした事で鳥居との距離感が生まれていますね。


朱の鳥居が海面の青に映る様も軽快なタッチで描きました。
描き過ぎず描かな過ぎずの程良い塩梅は長年の経験がなせる技でしょう。
反対に鳥居はゆっくりとしたタッチでしっかりと絵具を置き、差を作っています。


最後の仕上げに雲を描く小林会員さまです。
空はのびやかにたっぷりと描きました。
小林会員さまの題材となる写真は描くことを前提に撮影されていて、
構図がいつもよく練られております。
次回描く予定の立山黒部北アルプス写真も大きなスケール感を捉えたもので、
油彩画としてどのように描き起こされるのか楽しみです。

中井会員の初めての油彩画作品

こんにちは、金曜日担当講師の山田です。
私が属しております会の、東京自由美術展にお見えいただきました会員さまには
この場をお借りしてお礼申し上げます。
 
中井会員は半年ほど基礎デッサンをし、今年に入ってから油彩を始めました。
 

まずは下地に褐色をしき、木炭で下書き、その後2~3色で明暗の調子をつけます。
下書きは絵具をのせるとすぐに消えてしまうので最終的には基礎デッサンを
思い出して、絵具できちんとデッサンすることが必要になります。
 

その後固有色を入れ始めます。
 

テーブルを赤くしてみました。
 

しかしその後白に。
油絵は色々な色をどんどん重ねる事が出来るのがよいところです。
 

そして紺のチェックに。
面白いほど印象が変わりますね。
 

全体の雰囲気が出来てきたら描き込みです。
油絵は基本的には暗い所から明るい方へ描き起こしていきます。
そうすると自然に立体感がでます。
アーティチョークも、影の部分はそんなにさわらず、光の当たっている頂点のあたりを
しっかり描き込んでいきます。
 

ガラスの質感や、野菜のハイライトを描き起こして完成です。
初めてとは思えない色使いです。
 
最初から固有色にとらわれて赤なら赤と塗りたくなるところですが、しっかり下地を作って色々な色を重ねることで油絵は深みがでます。
 
もうひとつはやはり基礎デッサンです。デッサンにおいて、面の取り方、明暗の捉え方など、モノの捉え方をしっかりと学んでおくと着彩に入った時に非常にそれが活きてきます。
今回はそれが感じられる一枚になったと思います。
 

8月の企画講習会のご案内

   

夏の装いをした女性を描く

 

夏の装いをした女性モデルを、固定ポーズで描いていただきます。
描く技法は鉛筆デッサンを中心に水彩、パステルなどを
用いて行えます。


黒田清輝 作画

 

開催  8月15日木曜日昼クラス
 
参加費 2100円(モデル費)

第13回 『 楽 々 展 』

メッツ絵画教室、メッツ銀座絵画教室会員皆さまの制作作品
発表会 『 楽 々 展 』 展が6月27日~30日の4日間、新宿駅南口から
徒歩5分の全労済会館のスペース・ゼロギャラリーで開催いたしました。
今年で発表会も13回目となり銀座教室の会員さまの作品も多数展示され
天候にも恵まれ大盛況のうちに終了いたしました。
 

 

 

 

 

 

 

した
 

講師も参考作品を展示しました。
 
 
今回から受賞作品の校長賞を1点からもう1点増やし2点としました。

第13回メッツ大賞受賞作品です。
題名 さくら2013 油絵 F10号
 

メッツ大賞を受賞なさいました種岡 利則会員です。
ご自身の描かれましたF10号油絵画、題名さくら2013の作品制作にあたっての
お話をしていただきました。
作品は東京スカイツリーの出来上がるまでの物語を種岡会員さまが描き表した
ものです。
 

第13回メッツ校長賞受賞作品です。
題名 Luna(月の女神) 油絵 F12号
 

メッツ校長賞を受賞なさいました寺井会員さまです。
寺井 大策会員に制作秘話をお話頂きました。
 

第13回メッツ校長賞受賞作品
受賞者 松原 亮会員
作品 水彩画
 
 
 

 
これからご紹介いたします作品は入選作品です。
 

題名 空気を感じて・・・  油絵 F10
受賞者 宮崎 紀子会員
 

表彰式の宮崎会員と高岡校長先生
 

題名 つぼと玉ねぎ   油絵 F6
受賞者 上野 晴菜会員
 

題名 花と静物   油絵 F15
受賞者 小林 和子
 

小林会員入選作品の講評をする高岡校長先生
 

題名 バリ島での昼下がりに 油絵 F6
受賞者 三橋 由華会員
 

題名 静寂の旧岩崎邸   水彩 F8
受賞者 佐藤 正二会員
 

入選なさいました佐藤正二会員です。
堀込講師担当日にお見えになり水彩画にしっかりと
取り組んでおられます。
作品の制作過程を説明くださいました。
 

題名 メディチ像   デッサン F6
受賞者 若井 慎太郎会員
 

入選受賞の若井会員と安永講師です。
 
 
 
これからを期待しての奨励賞を受賞しました作品をご紹介します。
 

題名 フラメンコ   油絵 F10

受賞者の松岡 正明会員
 

題名 世界遺産アルベロベッロ  油絵 F12

受賞者の三浦 恭定会員 
 

題名 静物   油絵 F8
クレーン 淳会員
 

題名 停泊するホネガイ   鉛筆 F6
受賞者 森 三希子会員
  

奨励賞を受賞いたしました森 三希子会員です。
 

題名 大顔面    デッサン F6
受賞者 三谷 雄一会員
 
 
会場での高岡校長先生の作品講評風景
 

 

 

 

 

 
過去メッツ大賞受賞の合川会員の作品講評
 

 

 
過去メッツ大賞受賞の大澤会員作品講評
 

 

 

 

 
 
 
毎年出展作品の内容が向上しているのが良くわかります。
作品は会員皆さまの熱気がとても強く感じられ、決められた数の賞を選出するのも
とても神経を使います。
どの作品もよい所、劣るところはありますが、展示されたどの作品も描き上げた
努力とパワーのアピールがひしひしと感じられ、全ての作品に賞を差し上げたという思いなります。
私以下、講師一同これからも会員皆さまの上達に寄与できますように、
誠心誠意ご指導を行いますので宜しくお願いします。

校長 高岡 徹

7月の企画講習会のご案内

メッツ絵画教室企画講習会
   
泉岳寺スケッチ会
 

 
開催日時・・平成25年7月13日(土)
 
10:00~15:00 ※現地集合、解散となります。

泉岳寺は忠臣蔵として有名な元禄赤穂事件の浅野長矩と赤穂浪士が葬られており、現在も多くの参拝客が訪れています。日中の日差しの中でも風通しが良く、夏のスケッチに適した場所です。

費用・・・受講1回分+参加費1,500円
画材・・スケッチBOOK(F3サイズ)デッサン用具、パステル、水彩、アクリル 
持ち物・・お弁当、椅子、レジャーシート、帽子など 
※スケッチが初めての方は気軽にご相談ください。 
定員・・・20名
 

 
都営浅草線=泉岳寺駅下車(A2出口)徒歩1分約200m
※行き方が分からない方は10時40分にてJR品川駅高輪口で集合し、現地へ向かいます。

担当 佐々木 ひろゆき講師 山本 絵里講師

『紫陽花』を描く、土曜日第2回目の報告

メッツ絵画教室講師の三津です。
6月の企画講習会では『紫陽花』を描きました。
土曜日2回目でみなさん描き終わりました。
様子をご報告させていただきます。
 
一週間経つと花の形も変わっていて皆様少し戸惑っていましたね。
生花を描く場合、花によっては一日の間だけで形が変わってしまうものがあるのでいつの状況に合わせて完成させていくかはとても重要になってきます。
前回の状況を思い出しながら描いていくもよし、今回の花の形状に修正していくもよしです。
絵の面白さの一つとして同じモチーフを時間を掛けていじることによって色んな時間軸が一枚の作品の中に封じ込める事ができます。
写真がある特定の時間帯(シャッタースピード)によって切り取られた画像であるのに対して、絵画というのは断続した時間帯の中で作られる画像になります。
2週目の制作では前回の講評で言われた事と形の変わっていくモチーフといかに対峙していくかが学んでいけるといいですね。
 
制作風景です。2日合わせて5時間の制作になりますが普段の制作では時間の制約がない状況での制約になっていますので今回は制作時間の割り振りも重要になります。
 

 

“>
描きました作品の講評会の様子です
 

鈴木会員様の作品です。前回言われた前後の描き分け、葉と花の描き分けがしっかり意識されています。
鈴木会員様は普段の制作でも花を描いておられます。
いつもの時間を掛けた作品も手数が入っていて見応えがあるのですが、今回のような時間制約があるなかでどこに手を入れ、どこを省略していくかが覚えていけると普段の制作ももっと短時間で完成出来るかもしれませんね。
 

田村会員様の作品です。
前回の講評の段階では葉っぱの暗さが出しきれずにグレーに染まった印象がありましたが今回しっかりと暗さが乗ることで画面に強さが出てきました。それに加えて葉と花のコントラストが明確になり、白い花が一段と白く見えてきます。
デッサンに置いて白さの表現はなかなか難しいのですが、白い部分をいじるのではなくて逆に暗さをしっかりと作ることで対比が生まれ、これまで白く見えなかったものが白く見えてきたりもします。
絵を描く時には全体の明暗を意識しながら部分を決めていかなければならないんですね。
 

お次は上田会員様です。
一回目の制作でしっかりと描く部分、曖昧なまま終わらせる部分が上手く機能していたのですが今回いじってその粗密の差が少し無くなってしまったように見受けられます。
絵を描く場合、全てを実直に描けばいいものではなくて、場合によっては描かない方がよい部分と言うのが存在します。そこの見極めは言葉で言って簡単に覚えられるものでもないのですが、そこを抑えられると少ない手数でしっかりとした完成度が上げられるようになってきます。
 

続いて小林会員様の作品です。
余白を大きくとった大胆な構図ですね。
紫陽花の花の支柱の強い黒が画面の支柱の役割にもなっています。
鉛筆という素材はなかなか強い黒が作りづらく、画面全体がグレートーンになってしまい弱い印象になりがちですがこのような強い黒が入ってくると一気に画面が強くなり、他のグレートーンも鮮やかに見えます。描写に関して言えばまだ詰められるところはあるとは思いますが絵を描いていく、作っていくという意味合いにおいてはとても良い作品になったと思います。
 
こちらは午後の講評風景です。
 

 

小泉会員様の作品です。
小泉会員様はまだ教室に通われて日が浅く、紫陽花は少々難易度が高いかとも思いましたが、良い仕上がりになっています。
一日目に出来ていた柔らかい雰囲気、空間を崩さないように慎重に制作されました。
葉の暗さも先週より暗さを増して、画面の強さに繋がっています。
 

最後に佐藤会員様の作品です。
葉の描写もしっかりとしてきていますがそれよりも花の描写がとても良いですね。
大きな花の房の形を維持しながら細かな一つ一つの花の描写がしっかりとなされています。
話をお聞きしたらよくわからなくなって少し自分で作りました。とおっしゃっていましたが、このような複雑なモチーフを描く際にはモチーフの特性、リズム等を分析して作っていく部分もあっていいのだと思います。見る事を怠ってはいけませんが、観察したうえで花の構造を分析、理解して描いてういくのも制作するうえでは大事なポイントになるのだと思います。
 
皆様、お疲れ様でした。