小松会員さまの鉛筆デッサンのご紹介

こんにちは。月曜日担当講師の佐竹です。
今回は昨年末にご入会されてから、現在に至るまでの小松会員の鉛筆デッサンをご紹介させていただきます。
小松会員のデッサンはその細部により魅力があります。
熱心にモチーフの持つ質感を観察し、鉛筆の強弱を繊細なタッチで表しています。
一枚の制作に2時間30分のレッスンを4~5回(10~12時間30分程)費やしています。
小松会員のドキュメントから制作の軌跡をご紹介させていただきます。


ご入会後、1枚目の鉛筆デッサンです。
ワインボトルの写り込みまで丁寧に描かれています。
思い切り良くのせられた柔らかい鉛筆の黒がモチーフの重さを上手く表しています。
全体のカタチにより注意を払うとさらに良いと思います。
 

2枚目の鉛筆デッサンでは、パセリを描きました。
手前に持ち上がる葉をより強い調子で描くことで、遠近を表すことに成功しています。
黒からグレーへのハーフトーン、細やかな色の階調が美しい仕上がりとなりました。
 

3枚目の鉛筆デッサンでは、二つのモチーフを組み合わせて描きました。
手前の洋梨と奥のステンレスボールとの距離感を描くことが重要な課題になりますが、影の描画がそれらを自然に見せています。
硬質なボールと果物の質感の描き分けが入念なタッチと相まり、色彩さえも感じさせます。


4枚目の鉛筆デッサン。モチーフはしゃくなげと紅茶缶です。
缶の工業製品特有の左右対称なカタチ、しゃくなげの白さは非常に描くのに苦心されていました。
ビンや缶などの工業製品は一目でカタチの歪みが判ってしまう為、透視画的正確さが求められます。
また白いモチーフ(花や石膏像など)はその白さを保つのがとても難しく、描きすぎると濁ってしまいます。
コントラストの難しい組画題ですが、時間をかけてじっくりと制作に望まれました。
 

5枚目の鉛筆デッサンはほら貝です。
貝特有の文様の再現は小松会員の繊細な観察眼によるものです。
貝殻の縁から穴の中へ至る洞窟状の空間も固い鉛筆を細かいタッチで重ねることで、非常に美しい階調が生み出されています。
こういったモチーフの影・暗い部分には、柄など表面上の派手さはありませんが、実は芳醇な色彩が隠されているのです。
 

6枚目の鉛筆デッサンはランプです。
ガラスと金属部分の質感の描き分けが非常に豊かなハーフトーンで表現されています。
カタチの再現には苦心されていました。何度も描き直し、より正確さを求めています。
細部の描き込みがリアリティを伴って、モチーフの持つガラスの「冷たさ」さえも感じさせます。
 

7枚目の鉛筆デッサンはウサギの置物とチェリーです。
ウサギはFRP製の硬質なモチーフですが、小松会員のデッサンでは、毛並みの質、瞳の映り込みがモチーフより生き生きと感じます。
小松会員ならではの観察眼と緻密な描画が生命感を与えているといえます。
今後はモチーフのみでなく、背景の処理も視野にいれると、作品がより空間性を獲得すると思います。
今後益々の上達に期待いたしております。
 

高岡校長先生の指導を受ける小松会員。
 
佐竹講師評

8月月曜日受講での企画講習「女性人体クロッキー」会

こんにちは。月曜日担当講師の佐竹です。
夏の企画授業と致しまして、女性ヌードモデルによる「人体クロッキー」会を行いましたのでご報告いたします。
クロッキーは人体の構造を把握する上で欠かせない学習です。
じっくり対象を観察、時間をかけて描画するデッサンとは異なり、5分、10分の短いポーズの間に、全体のプロポーションを捉え、すばやく画面へ定着させます。
描画材料は通常デッサンで使用する鉛筆よりも、より描画の身振りが伝わりやすい、コンテ・パステルやクレヨンを使用しています。
これらの描画材の利点は、鉛筆のように先で描くことも、あるいは横に寝せて幅を持たせて一息に描くことも可能です。
 


8名の会員様にご参加いただきました。ほとんどが初めての人体クロッキー会へのご参加でしたが、合計10ポーズの内、ポーズ中にも次々に紙を換えて、集中力を持って制作に望まれました。
途中合評会を行い、制作のポイントを確認してゆきます。
 

中西会員様のクロッキーです。線描を主体に、ポイントとなる腰の手、右足、体重を支えている箇所をよく観察しています。線の強弱も躍動感があります。
 

重本会員様はクレヨンを使ってのクロッキーです。人体のフォルムに加えて、胸と膝のトップライトから腹部への奥行きを陰影で追いかけています。
右手にかかる上半身の負荷が強調されるとよい良いと思います。
 

西村会員様のクロッキーは、2色のクレヨンと指などの擦り込みを使用したハーフトーンが人体の柔らかさ、量感をよく表しています。
腰から上半身に至る女性らしいフォルム(形)も自然です。
 

永山会員様はパステルを使用しています。背骨を軸とした重心の移動、腰から肩口への傾きの変化をよく捉えています。
線に柔らかさが表れるとより良いと思います。
 

安井会員様のクロッキーは頭部からつま先まで、全身を画面に収めています。
クロッキーでは描き出した箇所を手がかりに、重心を探り、全体を描くため、全身を収める難しさがありますが、非常にバランスよく描かれています。
 

藤波会員様のパステルによるクロッキーは、線の強弱、ハーフトーンも美しい仕上がりです。
パステル特有の柔らかさが人体のボリュームにマッチしています。一見すると人体の描画にはそぐわない色彩、ブルーが清涼感を感じさせます。
 

小松会員様は人体と髪や椅子の固有色を描き分けています。
使用した赤茶のクレヨンのタッチが人体の温度を感じさせます。腰から足にかけての繋がりが明瞭になるとより良いと思います。
 

池野会員様は2色のブルーのパステルを使用しています。筆圧によって飛散したパステル粉に対象を描こうとする情感を感じます。
効果的に人物の持つ温度となって現れています。
人物を描く際に、その多くの場合、写真をもとに描かねばなりません。
モデルと対峙することではじめて見えてくる人体の美しさは、クロッキーならではの醍醐味です。
是非今後の制作に役立てていただければと思います。
 
メッツ銀座絵画教室では講師が担当曜日にそれぞれ特色をもった企画講習会を開催しております。
それと同時に教室共通の企画講習会を会員さまのニーズを汲み上げ開催するようにしております。
会員の皆さまには、ご自身のご希望にあった講習会が有れば普段は指導を受けていな講師だからとご遠慮なさらずに、積極的にご参加ください。
我々講師一同、メッツの会員さまで有ればどなた様であれ企画参加には大歓迎です。
 
月曜日担当 講師佐竹より

羽毛会員さまの水彩画

こんにちは。火曜日担当の佐々木です。
 
お盆の時期で銀座は少し静かですが、いつも通り、クラッシック音楽が流れる教室は、
絵を描く会員さんの熱気で溢れています。
 
今日は羽毛会員が描いた作品を紹介致します。
7月の特別企画講習でも登場したスイカを今回は一日(2コマ5時間)で描きました。

羽毛会員は、普段から風景を良く描かれているそうなので、自然の色が持つ複雑さを見抜き、
色を使い分けて描くことが上手い会員さんです。
 

緑色が単調にならず、回り込みや下からの反射光による色の変化を良く捉えて表現することが出来ています。
模様も形に沿っていて、細部まで描いているので、スイカらしさが良く表れていますね。
短時間で仕上げるためにスイカに絞って描いたので、
床の影の色が単調になり少し不安定になってしまったので、
ここに変化を出して安定感が出ると、もっと良かったかもしれませんね。

人物画・固定ポーズ「夏の装いをした女性」

土曜日、人物画の特別授業を実施いたしました。

2回目のクロッキー会を経て今回の3回目はモデルさんを囲み、一枚の絵を完成させます。
 

最初に時間配分を決め、骨格を考えながら形を捉えていきます。
 

永山会員は最初にクロッキーをしてから鉛筆画に入りました。
 

完成に向け服のしわ、顔や手などの描き込んでいきます。
では講評会を始めましょう。
 

武智会員のデッサンです。
横からの構図ですが表情がしっかり描けていますね。
肌と白い洋服の微妙な色幅が表現できました。
右下の手が入らなかったのが残念ですが
その分帽子がしっかりと描けているので画面に強さが出ました。
 

児玉会員のデッサンです。
正面からの日差しがよく表れていますね。
少し弱々しい印象となりましたが帽子のつばのそりが構図のポイントとなり、
児玉会員らしい独創的な絵となりました。
 

唐木田会員のデッサンです。
全身を入れてプロポーションがしっかりとらえていますね。
肩肘腰膝足首の箇所に当たりをつけ何度も形を探っているのが分かります。
顔や手など皮膚の質感が出ると更に良くなりますが限られた時間の中でよく頑張りました。
 

片岡会員のデッサンです。
バックに調子をつけ白いワンピースが浮き出てくる空間がでていますね。
画面下が弱くなってしまいましたが、顔や髪の毛がしっかり描けているので力強さが出ていますね。
 

永山会員のデッサンです。
構図を途中で直すかを迷われていましたが椅子と手に持つ花がアクセントになって、
良い構図に仕上がったと思います。
斜め45度の構図なので手前を強くするか奥を弱めるかをして
対比を持たせれば更に立体感が出るでしょう。
 

田村会員の鉛筆デッサンです。
全体的に調子がうすく、手が小さくなってしまいましたが
身体の厚みが感じられ、顔の表情もよく描けていますね。
次回はいつも描かれてる水彩画で人物画をチャレンジされると良いと思います。
 

8月から安永講師は新宿校へ移動となります。いままでどうもありがとうございました。
木曜日は変わらず山本講師と担当させていただきますのでこれからもどうぞよろしくお願いします。

木炭で描く静物デッサン

こんにちは。
水曜日、日曜日を担当しています講師の永瀬です。
今回、7月18日(水)昼の部で
木炭による静物デッサンの企画を行わせていただきました。

 
今回は大きなテーブルに、様々なモチーフを組み合わせて、
その中から会員さま、それぞれがモチーフを選んで構図を決めて制作していただきました。
 

4名の会員さまが参加され、ほとんどの方は、木炭で描くのは初めてでした。
 
最初に木炭の芯抜きや、木炭を紙やすりで尖らすところからご説明させていただきました。
 
そして続けて講師が木炭デッサンの実演をさせていただきました。
その中で、食パンを消し具として使うことや、
ガーゼで木炭をすり込み調子を作っていくことなどをご説明させていただきました。
 
そのあと2時間半ほど、実際に木炭デッサンを制作していただきました。
 





最初は皆様、木炭の色の付き方を確かめるようにじっくり進められていました。
 
鉛筆と違い、一度にたくさんの濃い色をのせる事が出来たり、食パンや、指、練りゴムなどで容易に消すことが出来ることを、感覚として掴んでくると、
鉛筆デッサンでの経験を生かして、造形的にモチーフを捉える事が出来てきました。
 

最後は皆様で意見交換をしながらの講評会です。
 
皆様、木炭の扱いの難しさと手ごたえを感じていらっしゃるご様子でした。
 
 
会員さま作品




初めて木炭に触るという方が多い中、2時間半の制作では
まだ完成には至っていない部分も見られますが、
皆様とても木炭の色味を美しく引き出していると思います。
 
木炭という画材は、モチーフを面の連なりで捉え、トーンで空間を表現していく感覚を、
深く味わうことができる画材です。
木炭デッサンの経験が、皆様の制作をより豊かなものにする機会のひとつになることを
願っております。

篠田会員さまの水彩画

メッツ銀座絵画教室講師の安永です。
 
海山の恋しい季節、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
この度ご紹介させていただくのは篠田会員の水彩画です。
 
篠田会員は銀座校に通い始めて2年余り、着実に技術を習得し、めきめきと力が付いてきました。水彩というご自身にピッタリと合った描画材と出会うことで著しく飛躍されたように思います。
 
優しい色調で描かれた選抜展出品の『六義園の一角』も印象的でした。
 

最近では水彩の特性を活かし、一日一枚さらりと仕上げる作風に挑戦しています。
 

一日2時間半の制作でしっかりとガラスの質感まで表現することが出来ました。
ここまで短時間で描けるのは、やはりデッサン力という下支えがあるからですね。
 

オウム貝、一日描きです。
貝の白さを引き立たせる背景と床のトーンが効果的です。
貝の穴の明度をもう少し暗くすると、空間の深さが表現されたことでしょう。
 

このように積極的に背景へ色彩を乗せることが出来るようになってきました。
 

だだ今制作中、ザクロと円錐形網籠です。
まずは動きのある構図をご自身で検討し構成しました。
下地となる黄色系のトーンを全体に引いて、絵具を流動的に扱いながらモチーフを大きく捉えていきます。絵具をこのように自由に扱うことが水彩画の醍醐味と言えるでしょう。完成が今から楽しみです。
篠田会員には描く楽しさが伝わってくるような水彩表現を今後も深めて行ってもらいたいです。