山崎会員さまの作品紹介

こんにちは、水曜日と日曜日を担当しています講師の永瀬です。
今回はメッツ銀座絵画教室にご入会されて、2年近くになる山崎会員さまの作品を
ご紹介します。
山崎会員さまは約1年間デッサンを経験された後、現在まで水彩画を制作されています。
 
最初にご紹介するのは、
山崎会員さまがデッサンの課程を終えられた最後の3枚のデッサンです。
 

エジプト石膏像のデッサンです。明るめのハーフトーンがとても美しいです。
石膏の白さがよく伝わってくると同時に、
頭部や頬の稜線をしっかりと捉える事が出来ていますね。
 

次は着色された木彫りの人形のデッサンです。
荒削りな木彫りの形体感がとてもよく表現されています。
ただ、頭部が実際のものより少し大きい印象になってしまいました。
プロポーションの全体のバランスをさらにじっくり観察できると、よりよいと思います。
 

最後はアバタのヴィーナス石膏像のデッサンです。
顔の印象をとても丁寧に、繊細に捉えられています。
明るめの調子の諧調がとても豊かで美しいです。
石膏像の重量感の表現が、今後の課題となるでしょう。
1年間デッサンを描く事で、描く対象の形や質感、形と影との関係、画面と描く対象の
配置などをしっかりと捉えられ習得なさったと思います。
 
デッサンで習得なさいました描き表す技術を、山崎会員さまは水彩画で次のステップに
移られました。
 
最初にご紹介するのは、山崎会員さまが水彩画を始められて、2枚目に描かれた作品です。
 

テーブルの上に水色と白のストライプの布を敷き、レーズンパンとブロッコリー、ザクロを置いた、静物水彩画です。
明るい色調がとても美しいです。発色が良く、色の濁りがほとんどなく、透明水彩絵の具の特性をとても活かせいていますね。
デッサンの経験を活かして、それぞれのモチーフを立体的に表現出来ています。
また、それぞれのモチーフの前後、左右の位置感の違いも良く表現できていますね。
 

次にご紹介するのは山崎会員さまが3枚目に描かれた水彩画です。
アンティークの本にオーム貝をのせて、ざくろとマンゴーを配置した静物画です。
オーム貝の、光沢のある薄く硬い質感が丁寧に描き出されています。
アンティークブックの雰囲気もよく出ています。
マンゴーの張りのある質感や、緑からピンクへ色味が変わる様もよく表現出来ていますね。
ザクロの表現は少し浅く見えます。さらに描き込んでも、よいのではないでしょうか。
今回も透明水彩の発色がとても美しいですね。
 

次にご紹介するのは、ブラックバスの模型と貝殻、ヒトデを青い布の上に配置した
作品です。
それぞれのモチーフがとても生き生きと表現されています。
ブラックバスの鱗の光沢や、貝の模様、ヒトデの凹凸など細部の表現に
とても魅力があります。
また、青い布を、海と砂浜に見立てて描いていることも、作品の臨場感を高めていますね。
 

最後にご紹介するのは、青いドレスを着たフランス人形を描いた作品です。
人形のたたずまい、顔の表情など、とても愛らしく、美しく表現されています。
ドレスの白いレースでは、マスキング液を使って細部まで繊細に表現しています。
青いドレスの色味は、光がよく当てっている前面、帽子の裏で影になっている所など
それぞれの部分で、丁寧に混色して、彩色しているので、とても柔らかで自然な印象です。
 

制作中の山崎会員さまです。
次は写真を元にした風景水彩に取り組んでいらっしゃいます。
 
山崎会員さまの制作は、モチーフの観察がとても丁寧です。
また、色感が素晴らしく、色彩の美しさに毎回驚かされています。
水彩絵の具の扱いはとても理にかなっていて、
その特性をとても引き出せていると思います。
 
これからも静物、風景、人物など様々なモチーフと向き合って、
作品制作を楽しんでいただきたいです。

山本絵里講師個展

こんにちは講師の山本です。
私が昨年行いました個展の風景をご紹介いたします。
 


島根県、出雲大社の神門通りにある大正時代に建てられた町家で開催しました。
 




 
出雲の地では11月を神在月といい、海からやってくる八百万の神々が出雲大社に一週間滞在され、人生諸般の事などについての会議「神議(かむはか)り」をされるといいます。そして多くの参拝客が全国から訪れます。
 

神楽殿 
本殿とは別に大国主大神を祀ったことに由来しています。
長さ13m、周囲9m、重さ5tある注連縄は日本一です。
 
 
 
2週間の滞在でしたが、地元住民の方々とも仲が深まり、とても良い経験ができました。
これからも絵を描き続け、次回の個展に向けてがんばります。
 

1年間の制作、総合講評

メッツ絵画教室講師の安永です。
新春の候、皆様いよいよお元気でお過ごしとのこと、お喜び申し上げます。
 
去る2012年12月20日木曜日、メッツ絵画教室銀座校にて、年末総合講評会が行われました。
今回の校長先生総合講評会では参加会員さまお一人3点までの作品を
高岡校長先生を中心に山本、安永の講師が会員さま方々の作品の講評補完を致しました。
以下、総合講評会の様子をご覧ください。
 

アンリ・ル・シダネルの模写を描いた永山会員さまです。シダネルの複雑な色彩の折り重なりを身をもって体験されています。シダネルに着実に近づいてきていると校長先生からの講評でした。
 

ご自身以外の作品講評に真剣に耳を傾ける会員の皆さま。
他の会員さまの作品を客観的に観ながら講評を聞くことは、自身の制作に必ず活かされてくることでしょう。
総合講評会が平日の昼クラスでの時間帯で開催した為、夜クラスの会員さまの参加に
支障がありました事が講師一同大変申し訳ないと思いました。
 

園田会員さまの講評の様子です。アクリル画、パステル画と様々な画材に積極的にチャレンジしてらっしゃいます。
細やかな描写には会員さまの方々から驚きの声が上がりました。
 


斎藤会員さまはご自宅で描いたお花の油絵を持参して下さいました。
ご自身で育てたという、ひまわりの絵。
背景はスケッチした風景を合成しました。ひまわりとピッタリ合った背景を選びましたね。
 

三浦会員さまは世界遺産をずっと続けて描いていらっしゃいます。
ダイナミックな表現の中にも、素朴な味わいがある独特な画風をこれからも極めて頂きたいです。
 

完成まぢかの風景画を講評中の水野会員さまです。
高岡校長先生から具体的な描写ポイントの指導がありました。完成が楽しみです。
 

谷口会員さまの西洋風景画の模写は見事でした。
本物かと見間違う程の完成度でした。
参考資料とキャンバスに同じ比率の格子を描いてさらに本物に似せてみてはと校長からのアドバイスがありました。
 

油絵具の魅力をしっかりと活かした重厚感のある小林会員さまの作品群です。
小林会員さまは昨年の第12回楽々展に於いて出展しました作品が入選賞に選ばれました。
画面左端、現在制作中のランプと兎の静物画は、ランプの光の表現に中間トーンの幅が出てくるとさらに説得力のある画面になることでしょう。
 

講評会終了後は校長を囲んでの談笑、また会員さま同士の交流も深まりました。
メッツ銀座絵画教室開校約2年半、教室全体のレベルアップを実感できる有意義な総合講評会となりました。
先にも述べましたが、教室での作品講評会はご自身の作品の評価だけで終わるのでなく、他の会員さまの制作作品を通して共通する描く悩みや、疑問などの問題解決する良いきっかけと成ります。
メッツ銀座教室での会員さまに対するご指導の一環として高岡校長先生以下講師全員が力を入れているご指導の一部です。
今回参加出来なかった会員さまは次回の講評会の際は是非ともご参加ください。
 
講師安永、講師山本 他、講師一同

クレーン会員様のデッサンのご紹介

こんにちは。火曜日担当の佐々木です。
 
新年あけましておめでとうございます。
外は何時も一ケタの厳しい寒さの気温、でも教室の中はいつも快適です。
 
今回はクレーン会員のデッサンを紹介します。
クレーン会員は昨年の7月に入会されて、まだ半年未満ですが難しいモチーフにも、どんどん挑戦されています。
 

これは計5回(約12時間半)で、最近完成したデッサンです。
 
縄目が説明的になってしまったのが少し残念ですが、束ねてある所と房の所の表情の違いが良く出ています。
トーンもしっとりとした深みのある色を使って、綿布の上に置かれている白いロープの様子が良く表せています。
 
ロープは一見、複雑で難しそうに見えますが、ポイントを押さえれば実は意外と面白いモチーフです。
この場合、束ねている所を円柱に置き換えて立体感を意識し、房の所の上下の位置関係や繋がりが分かる事が重要です。
このデッサンでもその点はしっかり意識されていますね。
 
クレーン会員の次回作が楽しみです。

楽々展を終えて

2013年、明けましておめでとうございます。金曜日担当講師の山田です。
年年寒さが身にしみるようになってきています。何かよい寒さ対策はありませんでしょうか…
 
昨年の12月8日~11日に毎年恒例のメッツ絵画教室会員様による楽々展が開催されました。
 

初日から多くの方がご来場されました。
 
8日の午前中に会場設営、午後2時から開場となりました。
会員様の作品レベルが毎年どんどん上がっていますことに驚きます。
今年もさまざまな作品がありとても見応えがありました。
 
ご来場された皆様、どうもありがとうございました。
 

今回は久々に講師作品も展示されました。
新宿校・銀座校合わせて一度に講師作品を見ることはめったにないので、皆様の参考に少しでもなっていたら嬉しいです。
 
出品するという意識を持って作品作りをすると、またいつもと違う感覚を持てたりするので、今回、出品された方もされなかった方も是非、今年の楽々展にむけてちょっぴり意識しながら描かかれてみてはいかかでしょうか。
今年の楽々展は6月末に開催いたします。

メッツ人物コース・女性固定ポーズ コスチューム『ベリーダンサー』


こんにちは講師の山本です。
人物画コースコスチュームで『ベリーダンサー』のモデルを2回を使用して描きました、今回はアンリ・マティスの作品を参考に模様のある布やお面を配置しました。
人物と背景を組み合わせ画面構成や構図を考えることから始めていただきました。
 
人物コースは現在メッツ絵画教室の新宿教室で毎月第1週目の日曜日PM4:30から開催します。
メッツ銀座教室の会員皆さまも何時でご参加出来ますので、
是非人物を描く事に挑戦して頂きたいと思い、銀座教室の会員さまにも今回内容をご紹介させて頂きます。
 

 

人物画を描く基本であるクロッキー力に加え、背景の余白や色面を構成していく技術はとても重要なことです。
中心に人物を入れる構図だけでなく背景のモチーフを組み合わせることで画面に生まれるリズムをいかに表現していくかが今回の課題でした。
 

鉛筆で描いた作品に線の強弱と形の正確である事などを注意深く観察して描いて下さいとアドバイスする佐々木講師です。
 

F6サイズより大きめのB3サイズの画用紙で鉛筆デッサンを行う冨田会員さま。
枚数を重ねる度に上達していくのが分かりますね。
 
では講評会を行います。
 

山下会員さまの鉛筆デッサン
女性の持つ凛とした表情が良く描けていますね。
衣装の模様も丁寧に描けている分、マットな塗り込み方が更に出来ると良いでしょう。
 

沖野会員さまの鉛筆デッサン
一日のみ(2時間半)の参加でしたが非常に頑張りました。
最後に右下の部分に椅子と布を入れて構図が安定しました。
左側の端が弱いので暗いトーンで締めたら頬杖している腕が強調され更に良い構図となるでしょう。
 

佐野会員さまの油彩画
肌と衣装の華やかさと背景の暗さのコントラストが綺麗ですね。
背景の色面が真っ二つになりましたが人物の配置が左にずれているので構図がバランスよく仕上がりました。
 

藤原会員さまの鉛筆デッサン
今回初参加となりましたが非常に良く頑張り、人物を小さく入れアトリエの空間を2時間半で描ききりました。
スピーディーに進めながらも観察する時に髪の毛、皮膚、布を質感の違いを認知できると自然と描き分けが出来ると思います。
 

甲田会員さまの鉛筆デッサンです。
丁寧に鉛筆のトーンを重ねて作り出す色味に魅力があります。
夏に入会したばかりですが、技術力は十分あるので空間の認識が深まると更に画面に厚みが生まれるでしょう。
 

森会員さまの鉛筆デッサンです。
顔、お面、色面、粗密のバランスが絶妙で新たな才能が発見できました。
デッサン力は枚数を重ねて身につくものなので今後は見る人を引き付ける構図のアイデアをどんどん引き出して欲しいです。
 

合川会員さまのパステル画です。
2時間半で652×530サイズを描きました。
華やかなトーンが美しく描き途中の部分のぬけが魅力的です。
パステルは色を重ねることで濁らすことが可能なので濁色を作る技術が身につけると更に良いでしょう。
 

冨田会員さまの鉛筆デッサン
顔の表情がよくデッサンの色幅が良く出ていますが、画面上が良く描けている分画面下が弱くなってしまいました。
この構図だと右下隅にある足を切って衣装の模様を描いた方が良かったかもしれません。
制作時に席を立ち離れて画面全体を見る癖をつけると進行状況が客観的に理解できるので冨田会員さまの細かい描写力が計画的に活かされるでしょう。
 

種岡会員さまのアクリル画
勢いある筆のタッチが良いですね。
 

種岡会員さまは家で続きを描き一枚一枚を完成させています。
それぞれの色味が強すぎでしまい線の太さが単調になってしまいました。
背景にモスクを入れお面の配置が良く納まっているので箸休めのような『ヌケ』の部分を取り入れると良いでしょう。
 
もうすぐドローイング帳一冊が描ききりますので改めて種岡会員さまの人物画をご紹介させていただきます。楽しみにしていてください。
 
次回は『スーツ姿の男性クロッキー』です。ムービングポーズもありますので初めての方も気軽にご参加ください。
 
講師 山本 絵里 記

2013年 明けましておめでとうございます。


 
新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。
1年の計は元旦にありと申します。
本年の作品制作制作イメージをご想像頂き
楽しいお正月をお過ごしください。
会員皆さまとお会いできます事、楽しみにしております。
 
校長 高岡 徹
講師一同
 
1月4日より通常通り開講しております。