企画講習会のご報告

こんにちは、講師の佐々木です。
今回は先月開催した企画講座
「墨とパステルを使った混合技法でガラスを描く」の
土曜日の様子をご紹介します。
この日は朝昼二回の開催でそれぞれ2人づつ4名のご参加でした。
 
 

まずは午前中の様子です。
 

真円を描くのは意外と難しいですが、
紙を回してチェックしていく事でフリーハンド
でも描くことが出来ます。

 

円が描けたら鉛筆でトーンをつけていきます。
この時にハイライトや映り込みの現象を出来るだけ
捉えられると後の作業が楽になります。
 

こちらは午後の様子です。
 

講師が描いた絵を参考にしながら薄墨を何回も重ねて
グラデーションをつくります。
 

球体の表面に映り込む蛍光灯の光と反射光に気を配りながら
球の立体感を描いていきます。
それでは作品を見ていきましょう。
 

鈴木会員さま
墨の濃淡の幅が良く出ているのでガラスの
質感が良く出ていますね。
パステルをもう少し摺り込むようにすると良かったですね。
 

松原会員さま
動きのある構図で3つのビー玉を配置していますね。
1つを画面から切っているので広がりを感じられます。
一つ一つの描写が作業的に似てしまったのが残念です。
同じものを描く時でも、それぞれに違う意識を
持つようにすると良いですね。
 

松岡会員さま
映り込みや色の変化をとても細かく観察し
描写出来ているので、ビー玉らしさが良く出ていますね。
背景の扱いにも時間がかけられると良かったですね。
 

瀬古会員さま
真円の歪みが少し気になりますが、
墨の濃淡とパステルの色の響き具合が綺麗ですね。
背景に少しトーンを入れても良かったかもしれませんね。
 
皆さんにビー玉を描いていただいたので、
それぞれの表現の違いが出てとても興味深いですね。
シンプルな物ですが、じっくり見ると複雑な現象があるので、
意外と面白いモチーフです。
是非一度挑戦してみてください。

企画講習会のご報告

メッツ銀座絵画教室、月曜、土曜担当の三津です。
先日開催した企画講座「墨とパステルを使った混合技法でガラスを描く」の月曜日の様子をお伝えします。
午後の授業に5人、夜間の授業に2人の会員様に参加いただきました。
 
 
 

授業風景です。
普段の授業では個々で違う制作をしているので時々、
皆で同じ課題に取り組むのも楽しい物ですね。
 
 

デモンストレーション中です。皆様真剣に聞いて下さってますね。
 
 

こちら夜間の授業に参加いただいた藤波会員です。
 
 

こちらも夜間授業参加の岡崎会員です。
では一人一人の作品を見ていきましょう。
 
 

野村会員さまの作品です。
墨の丁寧な描き込みをすることで最小限のパステルの
作業で十分にモチーフの色味が感じられます。
 
 

江川会員さまの作品です。
江川会員は普段、手数のしっかり入った力強い作品を
制作していますが
今回は慎重に墨を重ねる事で柔らかい色幅を獲得出来ています。
 
 

荻野会員さまの作品です。
こちらは薄墨の表情を最大限活かして不思議な絵画空間が
作れられています。
ガラス製品特有の影の出方に着目する事で置かれている状況が
鑑賞者に伝わってくる作品になっていますね。
 
 

マックラクラン会員さまの作品。
月曜日企画参加者の中でお一人だけビー玉3つ描きました。
緑のビー玉を上端に置くことで構図に動きが生まれています。
3つのビー玉の色味の違いも良く表現出来ていますね。
 
 

越智会員さまの作品です。
透明のビー玉の透けている感じがとても綺麗です。
それに比べると青いビー玉はパステルを乗せ過ぎてしまったせいで
青いビー玉はやや透明感が出切りませんでした。
今回の企画ではパステルの使用は極力抑えていった方が
見え方が良くなりますね。
 
 

夜間に受講していただいた岡崎会員さまの作品です。
二つのビー玉の色の差が綺麗に見えてきます。
パステルは墨の作業の後、うっすら擦り込んだ程度なのですが、
その下の墨の作業の丁寧さが一色のパステルにしっかりとした
色幅を感じさせてくれます。
 
 

最後に藤波会員さまの作品です。
藤波会員は普段の制作でも自己の表現にこだわり、
見えるものをいかに自由に描いていくかを課題にしています。
今回の企画でも影の出方や前後の関係性に着目することで
ビー玉を扱いながら固有の視点を感じさせてくれる
作品に仕上がりました。
 
 

完成作品講評の様子です。
今回の企画は難易度が高かったので、仕上がりを心配していたのですが、
こちらの心配をよそに力作が並びました。

2点のデッサン作品

こんにちは。
暖かい陽気になってまいりました。
メッツ銀座教室の水曜日、金曜日担当講師の江口です。(^。^;)
今回は2名の会員さまのデッサン紹介いたします。
 
一枚目は功刀篤子会員さまの作品です。
もうデッサン数枚目に入ってきたので
鉄と木の複合モチーフ「象」をご紹介いたします。
 
 
 

 
 
くだものや基礎的な静物は着実にクリアしてきていて、
この「象」にも鉄と木の質の違いをモノクロの鉛筆でどう表すか
考えながら形にできました。
顔や足の鉄の質感はまだ少し弱いものの、
描き分けができてきた記念すべき一枚だと思います。
 
最初のころのデッサンはどうしても表面のもようや
色ばかりに気をとられていましたが、
鉛筆の色幅も増え始め、「陰影」によるカタチのとらえ方が
できるようになってまいりました。
 
ゆくゆく色つけてどんな作品になるのだろう?と
デッサンではわからない世界にウキウキしながら指導に
あたらせていただいています。^
 
 
 
次の作品は千葉千裕会員さまのホラ貝デッサンです。
 
微妙な違いに気付きながらも「どうしたらいいだろう?」と
疑問をもって前向きな姿勢が繊細な空気感につつまれた
ホラ貝デッサンに表れていると思います。
 
 
 

 
 
微妙な空気感を出すには、持ち前の色調を見分ける
目や鉛筆の使い方が必要になりますが、
目は良い目をお持ちですので技術面でそれを生かして
いけるようにこれからのデッサン作品は
のぞんでいきたいですね。
 
ホラ貝のトーンの変化による奥行きやそれに合わせた
模様が大変美しいと思います。
このトーンで色のある作品にしたらやっぱりどんな作品になるか、
今から楽しみです。
 
 
功力会員、千葉会員ともにデッサンがんばって
その先の作品に生かしていきましょう!!

企画講習会のご報告

こんにちは。講師の山本です。
今回は先日開催した企画講座
「墨とパステルを使った混合技法でガラスを描く」の
木曜日の様子をご紹介します。
 
 
墨で描いた作品

墨見で描かれた作品にパステを載せる
完成作品です。
 
 
 

初めに鉛筆で下書きした後に薄めた墨液でトーンを着けてから
パステルで着彩、ハイライトを入れる混合技法です。
 
 

うす墨筆と水筆を交互に描きグラデーションを作りながら進めていきます。
 
 

鉛筆の下書きを描き過ぎると鉛が墨を弾いてしまうので
必要最低限の描写を行うのがコツです。
 
 

小指をコンパスの軸のように安定させて、
画面を回転させながら正円を描いていきます。
 
 

福島会員さま
3個のビー玉がバランス良く配置されています。
ビー玉の透明感も良く出ていますが背景の色味が
とても良い仕上がりとなりました。
 
 

前田会員さま
ビー玉の映り込みが強くなってしまいましたが 
薄く載せたブルーと地面のクリーム色が薄墨の効果と
合わさって綺麗に仕上がりました。
 
 

須田会員さま
少々パステルを載せ過ぎてしまいましたが、
ビー玉の底面に映り込む蛍光灯の歪んだ丸みと
反射している拡散した光が良く表れています。
 
 

鉛筆、うす墨、パステルと3工程の課題でしたが、
みなさん水彩画を制作されているので時間内に完成出来ました。
また次回の企画も楽しみですね。