6月企画講習会『紫陽花を描く』 山本講師

メッツ絵画教室講師の山本です。
6月の企画講習会では『紫陽花』を描いております。
月曜日から日曜日までの各曜日、担当講師がそれぞれ会員さまにお声をかけ
積極的に季節の花『紫陽花』を描いていただくようにしております。
土曜日、私と三津講師が担当した講習会の一回目をご報告させていただきます。
 

紫陽花を囲み本数を絞って花と葉のバランスを見ながら描き進めていきます。
 

松原会員は一回目のみの参加ですが、要領良く刷毛を使いながら水彩で描いています。
 

紫陽花の葉の葉脈と花の描き方のコツは、全体感を生かしつつ、鉛筆で影を足し、練りゴムで明るい箇所を抜く作業を繰り返しながら進めていきます。
 

一日目の終了後、中間講評を行いました。
 

鈴木会員さま
二輪の紫陽花が前後に並んでいます。
上側の余白を広めにとったおかげで花に目線が誘導される良い構図となりました。
二日目は手前奥の関係と葉と花の描き分けができるとよいですね。
 

田村会員さま
中心にまとまった花と左右不対象の葉のリズムがバランスよくでています。
二日目は葉の立体感と花びらの輪郭線の抑揚が更に描けるとよいでしょう。
 

上田会員さま
中心の花びらが強く描けているので紫陽花のボリューム感があります。
葉の葉脈を描く際、輪郭の影の変化を観察しながら進めていくと空間が生まれてくるでしょう。
 

小林会員さま
左側を切り斜めに入れた構図がとても良く余白に空間を感じます。
手前の2輪の花を引き立て役に回し、中心の花をメインにしたおかげで短時間でも完成度が高く感じます。
二日目は花びらの柔らかさ葉の硬さの描き分けができるとよいですね。
 

松原会員さま
色味を抑えた葉と淡い花のトーンの組み合わせがきれいです。
影の締め方が似てしまいましたが筆の置き方やにじみに梅雨らしさを感じます。
水彩の特徴をよく引き出せていますね。
 

ひきつづき午後の授業でも紫陽花を描きました。
 

佐藤会員さま
ハーフトーンを作りながら、鉛筆を立てて丁寧に進めています。
輪郭の変化に気を配りながら、練りゴムの描き込みで密度が高められるとよいですね。
 

小泉会員さま
まだ3枚目のデッサンですが、花と葉の描き分けがしっかりと出ています。
紫陽花のボリュームを出すには左右に影をつけ上側に光があったって見えるように影を弱く見せる為に画用紙の白を生かしてあげられるとよいですね。
 

みなさん一回目おつかれさまでした。
二回目の土曜日に絵を完成できるよう、一緒にがんばっていきましょう。

6月企画授業『紫陽花を描く』 安永講師

メッツ絵画教室講師の安永です。
6月は企画講習会『紫陽花』を描くを行っておりますのでご報告させていただきます。
 

上画像は6月13日木曜日の授業風景です。
この日は4名の会員さまで紫陽花を囲み鉛筆、または水彩で描きました。
 
紫陽花は情報量が多く大変なお花ではありますが先ずは大きく塊で捉え少しずつ分解してゆくと捉えやすくなります。
小さな同じ花が複数密集し一つの紫陽花を形成していますので、一つの花の形を先ずよく見て形状を把握、記憶しておくことも有効でしょう。
 
会員様の作品
 

藤井会員様は水彩で2コマ5時間を使い完成させました。
一本に的を絞り良く観察し丁寧に描きました。
淡く繊細なモチーフの紫陽花の印象がよく出ていますね。
 

多田会員のデッサン画です。
2時間半で積極的に紫陽花全体を捉えました。細かく花の表情を描いているわけではありませんが全体を把握し大きな陰影で捉えています。次回の着彩が楽しみです。
 

須田会員様のデッサン画です。こちらも2コマ5時間で描きました。
手前の紫陽花をより丁寧に描き、後ろの紫陽花はそれよりも弱く描くことで自然な距離感が生まれています。
手前の紫陽花の花部分も中心の一番手前に突き出す部分を一番強く描くことで丸みを表現していますね。
 

加藤会員さまのデッサン画です。
2コマ5時間でしっかり描ききりました。
花一本という感覚ではなく、花を取り巻く空間も意識し、画面全体で絵を考えるという高度な解釈をしています。
見応え充分です!
 

制作後は講評会ではそれぞれに改善ポイントを確認しました。
こうした企画授業ではとても良い緊張感が生まれ、会員様の更なる集中力を促しているように感じます。
今後も季節のモチーフを描く企画授業を行ってまいりますので皆さん奮ってご参加ください。

人物画『 和 装 姿 の 女 性 』

銀座教室の会員さまもご参加いただいて2回に渡って行われた
人物コースの『和装姿の女性』を描く紹介をさせていただきます。
  

2回続きの固定ポーズなので2回目に着彩をされる方が多く、
時間のある中、完成に向けてみなさん頑張りました。

 

参加して頂きました会員さま
水彩画、鉛筆デッサンで描かれました会員さまが多くおられました。
 

藤崎会員さま
全体のバランスは良いのですが、赤色が強すぎて平坦になってしまいました。
着物の白い模様は画用紙の白を残し、うすめの絵具を何度も重ねて濃淡を描き分けられると良いでしょう。
 

山下会員さま
背景の時計や木の実の飾り、顔と扇子の描き込みで画面が締まって見えます。
腕を描き直して、肘の構造が分かりやすくなりました。
 

合川会員さま
柄の模様が同じ強さになってしまい、余白の空間が感じにくくなってしまいました。
水彩は描き込むほど濁る性質を持っているので密度を高める箇所は部分的に抑えておくと良いでしょう。
 

本橋会員さま
肌と着物の暖色の幅が良く出ている分、バックの青の色味が単調に感じられます。
水彩絵の具は透明なので、混色させた色を一度のせて完成させるよりも、薄めで溶いた絵具をのせ、乾いた後に異なる色でのせたほうが美しく仕上がります。
 

森会員さま
カッターでスクリーントーンを切り張りし、模様と色をレイアウトされています。太い線の強さと相性が良く、余白の形が全て異なるのでリズムあります。完成した作品が見たいです。
 

冨田会員さま
髪の毛の立体感と質感が良く描けていますが、肌と着物の質感が同じに見えます。
輪郭線を際立たせる箇所、意図的に鉛筆の使い分けができると更に表現の幅が広がるでしょう。
 

 

佐野会員さま
顔のクローズアップを含め2枚同時の制作です。
顔の絵は下地のマチエルと塗り込められた色面が良い効果を出しています。
人物画のほうは青色にやや単調さを感じますが、着物の白い模様がリズミカルに入っており良いアクセントとして引き立っています。
 

高田会員さま
今回は一度のみの参加でしたが、調子を丁寧に重ねて描いているので着物のやわらかい質感がでています。
描写力に比べて人体の構造が弱いので、次はクロッキー画を描いてみてはいかがでしょうか。
 

須田会員さま
今回が初めての人物コースで銀座校から参加されました。
顔の表情が良く描けていますが腕の構造を確認しながら肩脇腰の形を捉えると更に良くなるでしょう。
 

須田会員さまはデッサンを元にご自宅で水彩画を描かれました。
複雑な色味が出ていますね。バックの色むらを抑えられると人物が良く映えるでしょう。
 

沖野会員さま
和装姿2回目の人物コースには参加できませんでしたが通常授業で続きを制作しています。
輪郭の締め方が似てしまっているので空間を考えながらぼかしを入れるとよいでしょう。
 

山下会員さま
デッサン画を元に油彩を制作され、時間制約の無い通常授業でじっくり仕上げています。
完成が待ち遠しいですね。
 
 
 
人物画クラスはメッツ銀座教室の会員さまもいつでもご参加できます。
毎月第一週目の日曜日PM4:30から開催いたします。
制作終了後は毎回作品の講評会を行っております。
担当講師は私、木曜日、土曜日(銀座教室)を担当しております山本と、
火曜日(銀座教室)を担当しております佐々木講師です。
初めてで大変そうだと思いがちでしょうが、初めて参加していただいた
会員さまも、真剣に楽しく描いておられます。
是非、一度お試しください。銀座教室の会員さまの多数ご参加を
お待ちしております。
 
次回は正装の男性です。おたのしみにしてください。

6月の企画講習会のご案内

今年は6月に入っても雨の日が無く、梅雨のうっとうし感じがありませんが
梅雨に映えますのが紫陽花ですね。
本日から会員さまどなたでもご参加できます企画講習会『紫陽花』を描く
が始まります。
 

 
紫陽花は設置位置を固定して設置しますので1回だけでなく2回に分けて
描いていただくことも可能です。
鉛筆デッサンや水彩、油絵、パステルで描いていただきます。
ご希望の会員さま当日講師にお申し出ください。
特別費用は掛りません。