スカラベ展Ⅹを終えて

こんにちは、金曜日担当講師の山田です。
残暑も終わり、ようやく秋が始まるのかなという今日この頃。
季節の変わり目なので皆さん体調を崩さないようお気をつけ下さいませ。
 

先日一週間の展示を終えました。
ご来場下さった皆様、ほんとうにどうもありがとうございました。
普段金曜日に来られない会員様方にもお会いできてとても嬉しかったです。
 

今季で、このスカラベ展は終了となります。
これからはまた違う展示で皆様にお目にかかれればと思います。
どうもありがとうございました。
山田 かの子

8月の人物画コース

今日は木曜日、土曜日を担当しております講師の山本です。
火曜日担当の佐々木講師と毎月第1日曜日のPM4:30から新宿教室で
開催しております人物画コースを会員皆さまにご参加いただきたく
8月の第1日曜日に開催しました内容をご紹介させていただきます

 

モデルさんはトルコとイランのハーフでアーリア人の方でした。
褐色の肌色にエキゾチックな美しい顔立ちと日本人に比べ骨格が大きく、メリハリのあるプロポーションを目の当たりにし、改めて、日本人との違いを強く感じました。
筋肉、骨格、肌の色など様々なんですね。
 
それでは当日ご参加くださいました会員さまの作品をご紹介します。
 

石黒会員さま
  

合川会員さま
  

森会員さま
 

マリアンスキー会員さま
 

沖野会員さま
 

伊藤会員さま
 

飯島会員さま
  

残間会員さま
 

山下会員さま
 

出来上がりました作品を一堂に並べて講評する佐々木講師
 
参加なさいました会員皆さまの作品は制作終了後、必ず講評を行います。
参加なさいました会員さまに描ききったご感想を頂き、担当講師が書き上げました
作品の良いところ、注意して頂きたい所などを分かりやすく指摘して
次回の制作のさんこうにして頂くようにします。
又、他の会員さまの作品の良い所、注意して頂きたい所なども講師の指摘がとても
自身の次の制作にも参考に成ります。
そのような事で講評会はとても大切なこととなり教室では子の講評会を
とても重要視しております。
銀座教室の会員さまも毎月定例の人物画コースにご参加出来ます。
後々、銀座の教室でも裸婦(ヌード)などを固定ポーズや、クロッキーで
描く企画講習を開催するように致します。
それまでに一度新宿での人物画コースにも参加してみてください。
お待ちしてあります。
 
講師 佐々木、山本

谷口会員様の油彩画のご紹介

こんにちは。
水曜日、日曜日を担当しています講師の永瀬です。
今回は谷口会員様の静物油彩画をご紹介します。
 
谷口会員様はメッツ銀座絵画教室では、
二年近くデッサンを学ばれた後、現在まで油絵を描かれています。
 
今回ご紹介する作品は、谷口会員様が教室で初めて描かれた油彩作品です。
テーブルの上にかぼちゃとワイン瓶とレモンを配置した静物画です。
 

とても写実性の強い作品になっていると思います。
明るく柔らかな光のある空間にそれぞれの物が存在しています。
 

ワイン瓶の形の印象が綺麗です。
透明で硬質なガラスの質感がクリアに表現されています。
 

かぼちゃには、ずしりとした重みを感じます。
表面のぼこぼことした形状と乾いた質感が
絵具のマチエールをともなって、とてもリアルに表現されています。

レモンは明暗でしっかり形、量を表わしています。
明度や彩度、色味の調節が的確です。

今回の作品で難をあげるとすれば、物の形の「際」の調子の変化でしょうか。
少しだけ硬い印象を受けます。
調子にさらに微細な変化をつくれると回り込みの空間がより表現出来ると思います。

今回の作品は三つの物以外の部分、テーブルや背景の表現も素晴らしいと思います。
微妙な調子の変化を豊かにつくりだして、広がりのある空間を表現しています。
物の影が落ちているところにはそれぞれの物の色がかすかに反映されていて、
全体に調和をもたらしていると思います。

一筆一筆、確かめるように丁寧に色を置いて制作していく谷口会員様の作品は、
静かでありながら、清潔感があり、強さがあると思います。

これからも深く絵画制作を楽しんでいただきたいです。
素敵な作品を楽しみにしています。

2013年8月1日 クロッキー大会の様子

こんにちはメッツ絵画教室の安永です。
2013年8月1日木曜日にクロッキー会を行いました。




この度は、今年2月に続き4回目の会員様同士を描き合うクロッキー会となりました。
夏の暑さにも負けない熱気がこの日も教室に充満していました。
 
今回は鉛筆に加えパステルで描くことにもチャレンジしました。
パステルは柔らかい素材ですので線に強弱が付けやすく、細かく描けない分、かえって細部に拘らず大きく捉える事ができるのでクロッキーには向いている描画材です。
擦って微妙な調子を作ることできるし、寝かせて描けば大きな面で捉える事もできます。
 

加藤会員様のクロッキーです。
初めてのクロッキーとは思えない出来栄えです。
真横ではなく少し背中がこちら側に向いている感じが良く出ていますね。
パステルの塗りも明暗、固有色にうまくはまっており効果的です。


前田会員様のクローキーです。
クロッキーの回数を重ねどんどん力を付けられています。
固有色の暗さを上手くいかして描いていますね。
手足は気持ち大きく描くと丁度よいでしょう。
 

須田会員様のクロッキーです。
モデルのポーズの癖を良く捉えていますね。
少し線が固い印象があるので少し線に強弱、緩急を付けてあげると良いかもしれません。
 

小林会員様の力強いクロッキーです。
人体のボリューム感をよく捉えています。
肘から先が直線的になってしまったのが勿体ないですね。
 

迷いなくいつも自然体で対象に向かう児玉会員様のクロッキーです。
人体のバランスはかなり良いですね、ただ顔の表情はもう少しデリケートに観察しましょう。
 

伊東満枝会員様のクロッキーです。
実直にモデルを描く姿勢に好感が持てます。
全体のバランスも良く観察して描いていますね。これからが楽しみです。
 

福島会員様のクロッキーです。
モデルの表情もよく捉えていますね。
福島会員さまも繰り返しクロッキーを続けて付けた力を
ご自身の制作に生かしていらっしゃいます。
 

藤井会員様のクロッキーは描く線に表情があり魅力的です。
地面を意識して足を描くと人物全体の存在感が増すでしょう。
 

多田会員様のクロッキーです。
こちらも少ない線で柔らかく人物の特徴を捉えていますね。
線に独自の味わいがあります。
 

伊藤信会員様のクロッキーです。
パステルを使ってのびのびと描いています。
もう少し下半身にボリューム感を持たせると良いでしょう。
 

野村会員様のクロッキーです。
モデルの後ろ姿の佇まいがよく出ていますね。パステルの扱いも巧みです。
 

最後に出来上がったクロッキーを並べ、講評会を行いました。
今回のクロッキーで練習した成果は8月15日に行った『夏の装いの女性を描く』にもしっかりと活かされました。
クロッキーは絵を描くことの基礎体力作りです。今後も定期的に行いますので奮ってご参加下さいませ。

山田講師のグループ展ご案内

第二期 スカラベ展X PART3
 
 
金曜日を担当しております山田講師が画家仲間2人と計3人で
9月の16日(月)~9月22日(日)まで
銀座の あかね画廊 で作品発表会を行います。
画廊は教室からも近い場所です。
教室での制作終了後、ご観覧頂ければ幸いです。
 
あかね画廊
 
中央区銀座4-3-14
筑波ビル4F
Tel 03-3561-4930

クレーン会員さま制作中の静物画

今年の会員作品発表会「楽々展」で入選なさいました
クレーン会員さまが、今、花をモチーフに油絵画を制作中です。
作品は90%近くの完成です。


クレーン会員は教室で最初に描いた油絵がとても素晴らしい出来で、
驚きましたが、今回描いております花も、隅々まで花の特徴を観察され、
その特徴をしっかりと描き表しております。
完成が楽しみです。
 

それぞれの花の微妙な特徴を、丹念に描き込んでおられます。
 

90%近く完成しましたクレーン会員さまの花の静物画です。