「屋外写生会」のご報告

 
さる10月9日祝日、『屋外写生会、港区の「檜坂」とその周辺を描く』が、
会員さまならびに一般希望者の方を含め多数のご参加を頂き催行されました。
 
 
 

 
 

 
 
朝10時に六本木ミッドタウンないに手集合し、徒歩にて至近の檜町公園に移動、
講師より写生の説明の後、皆さまそれぞれスケッチポイントを探していただきました。
六本木界隈の起伏のある地形を感じる場所で、皆さま坂之上、あるいは下からの特徴ある
風景を構図に納めておられました。
 
 
 

 
 
皆さんのスケッチ場所が決まったのは10時30分頃でしたでしょうか、午前から午後に
かけての太陽光の変化に留意されながら下描きを進められておられました。
 
 
 

 
 
午前の制作が終わり昼食となり、同公園の藤棚の下や、東屋にてお弁当を頂きながら
制作具合などの会話も弾んでいました。
 
 
 

 
 

 
 
午前中に大方の人が下描きを終了。午後からは色付けを開始始めました。
光の具合も午前からに比べ、ずいぶん変化しました。
制作時間の制約のある中でご苦労する様子もあるようでしたが
皆さま無心に描いておられました。
午後3時過ぎに、皆さまの力作が出そろいました。
 
写真や資料を元に描くのと異なり、実際に三次元の空間を紙上に表現するのは、
難しい事と思われますが、皆さま果敢に取り組まれ説得力ある表現になられたように
拝見いたしました。
 
 
 

 
 

 
 
公園内の東屋に参加の皆さまが集合し描き上げた作品を並べ講評会を行いました。
佐々木講師、稲垣講師と私し講師の髙村がお一人お一人の作品を講評しました。
 
スケッチは1回で手順になれるのは大変かもしれませんが、実際に風景の中で
その様子を捉える喜びは代え難いものが有ります。
次回の写生会にも又ご参加いただき今回経験なされたノウハウを更に進化させて
いただければと思います。
それでは参加なさいました皆さまの作品をご紹介致します。
 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
『企画写生会』は会員以外、外部の方もご参加していいただけます。
是非、会員皆さまのお友達の方々にもお誘い合わせ頂き、ご参加ください。
 
 
 

 
 
現地での公表を終了後、参加者の有志の皆様とお茶をしました。
昼食時と同じように今日の作品の出来栄えや、困ったことなどの話しで
盛り上がりました。
 
参加いただきました皆さま、ありがとうございました。お疲れ様でした。
講師髙村 記

講師作品展覧会

 
教室講師の作品展覧会を10月30日月曜日~11月4日土曜日まで、
銀座1丁目並木通りのギャラリー杉野で開催いたします。
会員の皆さまにはお時間がありましたら是非ご観覧いただければ幸いです。
 
 
 

 
ギャラリー杉野です。
 
 

 
ギャラリー内観です
 
 

 
 
 
展示作品です
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 
ご観覧の会員さま
 

 
 

 
 

 
 
 
会員の皆さまのご来場をお待ちしております。
講師一同
 
 
 

原会員さまの制作過程ご紹介

 
こんにちは、土曜日担当の小牟田です。
今回は原ゆりか会員をご紹介いたします。
原会員は油絵の具で作品を描かれますが、その前に水彩で
のドローイングから入ります。
 
 
 

 
 
ご自身で撮影された「海辺のカフェ」の写真資料から
着想を得てのドローイングです。
写真を”絵を描く見本”とせず、その時に体感した空気を
含むように自由に描いています。
なので、原さんの作品は具体的な資料を持ち合わせながら、
最終的に抽象的に仕上がる事が多いのです。
 
ご自分の中で絵を楽しむ方法を見つけていらっしゃるので、
次々とこういったドローイングが仕上がるのだと思います。
夏の思い出をアトリエに持ち込んでくれているみたいで、
キレイですね。
 
 
 

 
 
原さんご自身も海に囲まれているように見えます。
これらの水彩のドローイングが、油絵の具に変化させた時
一体どんな作品になるか楽しみです。
 
みなさんも、エスキース(下絵)を水彩で描いてみるのもお薦めです。

新井会員さまの油絵

 
金曜日担当の講師の森です。
今回は新井会員の油絵を紹介します。
 
 
 

 
 
新井さんはパステル画を続けていましたが、最近になって
油絵に挑戦しました。
今回の作品はその第一作目です。
パステルとは違って絵具を混色してモチーフの色を作らないと
いけないので、なかなか思い通りの色味が出せなくて
苦労したかと思います。しかしマンゴーの赤やビンの緑色など、
最終的には個々のモチーフの特徴的な色彩が
しっかり出せたんじゃないかと思います。
特にビンは色だけでなくガラス質の光沢のある感じや、
表面の丸くなっている様子など、丁寧に描かれています。
布のしわの微妙な陰影もよく表現できています。
 
慣れてくれば、パステルとはまた違った表現もできるように
なると思います。この調子で描いていきましょう。

水澤会員さまの鉛筆デッサンご紹介

 
こんにちは講師の佐々木です。
今回は水澤会員の鉛筆デッサンをご紹介します。
 
 
 

 
 
ホラ貝のデッサンです。この作品は4回の受講で完成しました。
水澤会員は今年の5月に入会されて、このデッサンが3枚目の
作品です。このホラ貝は描いた方も多いと思いますが、形を
正確に描こうとすると意外と難しいです。しかし、少し歪みが
ありますが、かなり正確に形を捉える事が出来ています。
それだけでなく、模様の様子も細かい所までしっかり観察して
描かれていますね。特に口の所の艶のある質感は3枚目とは
思えないクオリティです。
 
次回の課題として、暗いトーンがもっと出せると、より立体感が
出せるので、トーンの幅を意識すると良いですね。
水澤会員の次回作がとても楽しみです。