荒井会員さまの油絵

こんにちは講師の佐々木です。
今回は荒井会員さまの油絵をご紹介します。
 
 

 
 
教室にあるサモトラキのニケの石膏像だけをモチーフにした
シンプルな作品ですが、とても重厚な作品に仕上がっています。
写真では分かりにくいですが、絵具を盛り上げて石膏像の形を
表現しているので、まるでレリーフの彫刻作品のようになっています。
 
 

 
 
この盛り上がっている部分はペインティングナイフを使って、
まさに塑像をするような形で描かれています。
 
 

 
 
また、背景にはローラーを使っているので絵具の角が立っていて、
塗装されたコンクリートのようなマチエールになっています。 
そして、その色も何度も重ねているので、とても複雑な表情になっていますね。
 
ナイフやローラー等を使って絵具を盛り上げて描くのは、
油絵の具ならではの表現ですね。
荒井会員の次回作がとても楽しみです。

人物画講座開催

こんにちは、土曜日担当講師の小牟田です。
今回は銀座校で開催された人物講習のご紹介です。
新宿校では第一日曜日に開催している、モデルさんを呼んでの人物画コースですが、
銀座校で7月から年間を通して開催予定の人物画講座のプレ講座を
18日、19日、21日、24日の4日間、イベントとして開催しました。
人物を描くのが初めての方が多いので、人物の入れ方(構図の取り方)、
形をとるポイントや注意点など、30分間のレクチャーから始めました。
 
 

 
レクチャーの様子
 
 
最初は、形がくるってもいいので 大まかな人物のポイントを捉えていきます。
補助線を多く入れながら、形を探っていく作業です。
このときに、構図を決められるといいですね。
そして、モデルポーズの回数が増える毎に、徐々に描き込んでいいく流れです。
描き込みを進めていく上で、上半身と下半身のバランスがおかしくなってしまったり、
手や足が小さくなってしまいがちなので、
最後まで全体を大きく捉えられるように気をつけて。
 
 

 
女性モデルポーズ中 制作の様子
 
 

 
月曜日、土曜日指導担当しております三津講師の実演しながらの描き方説明
 
 
初めは慣れない人物に、鉛筆を持つ手も少しかたくなってしまっていましたが、
時間が経つにつれて柔らかくなり、フォルムの手直しや明暗を入れて、
ポーズ終了となりました。
 
 

 
     講評の様子
 
 
2時間半で一枚を仕上げるには短い時間ですが、
人物デッサンが新鮮で楽しく進められたように思います。
今回参加できなかった会員さまも、次回開講する際ぜひ参加してみてください。
今年は7月、8月、9月、10月、11月に
毎月1回人物画講座を開催予定しております。
日時が決定次第ご報告いたします。

千葉会員さまの油彩画

日曜日朝昼、水曜日朝昼担当しております髙村です。
今回は、千葉会員さまの作品についてご紹介いたします。
 
 

 
 
千葉さまは以前にデッサンから油彩に移られた際にご紹介いたしました。
そしてまだ10点には満たないものの枚数を重ねられ、今回の楽々展に
出品なさいました。F6号の小品ですがしっかり描き込まれていてこれまでの
努力が十分に活かされているように感じています。
今回と前回は、ご自身で見てこられた風景をその時に撮られた写真を元に
描かれました。今回は志賀高原の風景だそうですが、お話を伺っている際に
美しい緑の中に咲いたユリの印象と白樺の樹皮の様子をお話になっていて
思い入れの深さを感じ、出来上がりの作品を拝見させていただきましても、
その美しさを表現するために何度も試行錯誤なさっている様子が感じられ、
またそれを表現出来ているように思いました。
 
今、千葉さまは静物の油彩に取り組まれておいでですが、この作品と同じく
モチーフの見せる美しさを感じながら新たな作品にそれを表現して
いただきたいなと感じています。

第17回楽々展

今年も会員の皆さまの作品発表会、楽々展が盛況をもちまして終了いたしました。
毎回感じますのは、作品の出来栄えが回を益すごとに向上し、会員の皆さまの努力
のあとが作品からひしひしと感じとらえられました。
まずは、17回目の楽々展での表彰式の様子と受賞者の作品をご紹介いたします。
校長 高岡 徹
 
 
展示会場
 

 
 

 
 

 
 

 
高岡校長先生の作品講評
 
 

 
 
表彰式
 

 
まずはメッツ大賞授与での受賞作者挨拶
 
 

 
 

 
受賞作者 松岡 成郎 会員
 
 

 
題名 夏の日
F10 油彩画
 
 
校長賞
 

 
受賞作者 松岡 正明 会員
 
 

 
題名 姉妹
F20 油彩画
 
 
校長賞
 

 
受賞作者 吉川 深雪 会員
 
 

題名 ポストホルン
F10 油彩画”
 
 
入選
 

 
 

 
 

 
受賞作者 森 三希子 会員
 
 

 
題名 家の外
F15 油彩画
 
 

 
受賞作者 福島 章人 会員
 
 

 
題名 こもれ日
F6 水彩画
 
 

 
 

 
受賞作者 藤崎 園枝 会員
 
 

 
題名 ユリ
F10 日本画
 
 

 
受賞作者 亀尾 法親 会員
 
 

 
題名 まなざし
F12 アクリル画
 
 

 
 

題名 芍薬と古書
F6 水彩画
作者 鈴木 聡美 会員

 
受賞作者 合田 節子 会員
 
 

 
題名 私の好きな時間
F6 水彩画
 
 
デッサン賞
 

 
受賞作者 熊谷 栄二 会員
 
 

 
題名 LUXの目覚め
F6 鉛筆・チャコール
 
 
懇親会
 
 
楽々展表彰式後、会場を移して会員さまと講師を交えての懇親会を
開催いたしました。
参加いただきました会員さまと校長先生を始め講師、大いに盛り上がりました。
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
無事、第17回楽々展も終了いたしました。
ご出品いただきました会員皆さま、ありがとうございました。
校長、講師、事務局一同、お礼申し上げます。