水墨画講習会

メッツ銀座絵画教室、月曜、土曜担当の三津です。
 
ご紹介が遅くなりましたが今回は年末に行われた企画講習会、
『【水墨画】猿を描く』の様子をお伝えしようと思います。
 
 
20160130_01
 
 
こちらが授業風景です。今回は午後のクラスが5名、
夜間クラスが2名の会員が企画に参加して下さいました。
 
今年の干支の猿をテーマにしているので、年賀状に使われる方、
額に入れて今年一年部屋に飾る方等、それぞれ楽しみながら制作されていました。
墨を扱う場合、難しいのは濃淡のコントロールかと思います。
半紙に描く場合濡れている時と乾いた時とで墨の色が変わってしまうので、
薄墨、中墨、濃墨と3種類ぐらい墨を用意しておくと調整がしやすいです。
部分的に色が付いている所は墨で描き終えた後、
紙の裏側から顔彩で着色しています。
 
それでは作品を紹介していこうと思います。
20160130_02
 
ミエコ・マックラクラン会員の作品です。
墨の濃淡をしっかりと意識出来ています。
その上で薄い墨を何度か重ねる事で複雑な
中間層のグレーも獲得出来ています。
 
 
20160130_03
 
江川会員の作品
 
子猿の表情に苦心されていましたが、結果親猿の優しい表情、
子猿の甘えた雰囲気も表現出来ていますね。
家に帰ってから文字を書き入れる為に右側に余白を残しています。
完成形を見せてもらうのが楽しみですね。
 
 
20160130_04
 
小松会員の作品
 
長沢芦雪の襖絵の部分を参考に描きました。
水墨で描く場合、余程上手くならない限り
実際の作品と寸分違わぬものを描くことは難しく、
それよりも筆の勢いや、墨の現象をいかに作品にしていくかを
楽しめれば良いと思います。
実際の猿より人間じみた表情になりましたが、
なかなか味のある作品になりましたね。
 
 
20160130_05
 
松岡会員
 
こちらは竹内栖鳳の部分を参考にしています。
選ぶ段階でかなり難易度が高いとお伝えしましたが
果敢に挑戦されました。
何枚も何枚も描き直して実物とは違うものの
迫力ある作品になりました。
 
 
20160130_06
 
越智会員
 
こちらも竹内栖鳳を参考した作品。
日本猿の特性として口の位置がもう少し前にせり出ているんですが。
そこが少しつぶれてチンパンジ―に近くなりましたが、猿は猿です。
身体の部分の刷毛による筆跡が上手くはまってかっこいいですね。
 
 
20160130_07
 
金会員の作品です。
 
こちらも前出の長沢芦雪の作品を元にしているのですが
ちょっとずつの位置のずれ、濃淡の違いで、
表情や体の動きが変わってくるのが面白いですね。
素敵な仕上がりです。
 
 
20160130_08
 
20160130_09
藤波会員
 
藤波会員はかなり洋風な猿に仕上がりました。
水墨の表現は物の省略化、線による表現も多いので
このような見せ方も面白いですね。
色使いも自由で可愛らしい作品です。
今年年末にもまた干支をテーマに企画授業をする予定なので
ご興味ある方は奮ってご参加下さい。
 
 

2月の企画講習会ご案内

水彩三原色で生モチーフを描く

水彩画を描くに当たり色の使い方を十分に認識して描くのと、そうでない場合とでは
出来上がりの作品の深みがとても違ってきます。
水彩絵具の特長を今一度しっかりと習得して頂く為の講習会を、2月の後半に行います。
現在水彩画を描いておられる方会員の皆さまや、いちど水彩画も描いてみたいと
お思いの方も是非ご参加して頂ければと思います。
 
20160113_01 20160113_02
 

三原色の混色を学んで描く ー意外と知らない色の関係を学ぼうー

 
①ご自身で12色相環を作って頂き補色、反対色の関係を把握し作品制作時の参考にして頂きます。
 マゼンダ、コバルトブルー、レモンイエローが基本となります。
 
②生のモチーフを混色による明度、彩度の混色のコントロールの仕方の指導を受けながら
 作品を制作していきます。3種類の野菜と果物を用意します。
 
●日時 2月15日(月)~21日(日)  13:30~16:30(3時間)
●参加費 受講1回消化+参加費¥1620円+画材モチーフ使用料¥756円
●企画開催は上記の期間通して各曜日開催、担当講師画ご指導します。
●参加希望の方は講師または事務局まで

高木会員さまの作品紹介

こんにちは、メッツ銀座絵画教室講師の永瀬です。
 
今回は最近教室にご入会された高木会員さまの静物デッサンをご紹介します。
 
 
20160107_01
入会されて2枚目に描かれたパンと苺の静物デッサンです。
とても安定感のある、しっかりとしたデッサンになっていますね。
パンの丸みのある立体感と皺のある表情、
苺の角ばった立体感と種の窪みが並ぶ表情という、
全体感と質感の表現のバランスをとることが大きなテーマでした。
幾分講師の手も入っていますが、
とても注意深く全体感と質感のバランスを取りながら描かれましたね。
テーブルに敷かれた布の皺の表現もとても柔らかさが出ています。
 
高木会員さまは将来的には旅先でスケッチ出来るようになりたいそうです。
まずは基礎デッサンを楽しみながら身につけていきましょう!
 
デッサンは絵を描く上においての基本中の基本です。
デッサンを描くことは2次元の髪も上に3次元の空間を表す訓練なのです。
初めて絵を描くのに心配だとかうまく描けないという状況から、
デッサンで描く訓練をしていきますと 
物の捉え方(形、質感、光、影)が養われます。
 
当教室で描いていただく会員さまには楽しく上達した頂く為に
特にデッサンにはこだわり、
講師一同ご指導させていただいております。

2016年のギャラリー

2016年会員ギャラリーはメッツ銀座絵画教室
篠田 亮会員さまの作品で始めます。

20160101_01
写生中の篠田亮会員さま

「水彩で風景を描けるようになりたい」と教室オープン時に
入会され、今年で6年目を迎えました。
スケッチ講座から静物画、自画像など数枚を重ね念願の初めての
屋外スケッチ会参加は木場公園でした。
しかし、教室での制作には慣れておりましたが、初めての屋外写生制作では
思うように描く事が出来ない様子でした。
それからの篠田会員さまはさらに描く意欲が高まり自らさっえいしました
風景写真を基に早描きを特訓されどんどん上達していきました。
今では風景画を通じて植物を描く楽しさに目ざまれ薔薇の花束をメーンに
制作されておられます。
水彩画以外にも墨絵や木炭デッサンにも取り組まれ、有名人のポートレートの
シリーズも作品が増え常に新しい取り組みを続けて頑張っていられます。

篠田会員さまの多くの作品の中から一部をご紹介致します。

20160101_02
 
20160101_03
 
20160101_04
 
20160101_05
 
20160101_06
 
20160101_07
 
20160101_08
 
20160101_09
 
20160101_10
 
20160101_11
 
20160101_12
 
20160101_13
 
20160101_14