横山会員さまの透明水彩画

こんにちは。
講師の中田です。
今回は横山進会員さまが皇居を描いた透明水彩画を紹介いたします。
 
 
 

 
 
この風景はなかなか難しいモチーフです。                    
まず沢山登場する石ですが、場所によって色が違います。                          
あまりはっきりとしない色の変化ですが、それぞれ橋や石垣の色をしっかりと観察し、
塗り分けられています。
細部の描写もしっかりとしていて石の重量感を感じます。
対象的に、水面は下地を活かし薄塗りで仕上げています。
密度のある橋や木々と差を出す事で画面全体に見事な緊張感が生まれています。
絵というものは必ずしも端から端までびっちりと描写することがいいとは限りません。
細かく描くところと、力を抜いてさらっと描く部分が、
一枚の絵の中に混在することで生まれる完成度もあるということが         
よく分かる絵になりました。

屋外風景:川の流れを描く為の講習会

秋も深まり、スケッチに適した良い季節となってきました。
今回は水彩スケッチ企画講座「川の流れを描く」の授業内容を
紹介させていただきます。
 
 
 

 
 
「さざ波を描く」第二弾となる「川の流れを描く」はより難易度を上げた
内容となっています。                               
 
10月25日に石神井公園スケッチ会「水辺を描こう」へ向け、
教室でテキストにそって2時間半で完成させるまでのプロセスを学びました。
 
 

 
 
講習では色の作り方から始まり、背景から描き進め、
一番の主役となる川の流れをじっくり描いて遠近感を効率よく出していきます。
 
細かい箇所に気を取られ過ぎると全体の調和が見えにくくなり失敗してしまうので、時間配分を決めてバランス良く仕上げていきます。
 
 
 

熊野会員さま
 
今回が初のとなる水彩画でしたが、混色の加減も丁度良く、
水面の映り込みが良く描けましたね。
独特な色味をお持ちなので油絵にも向いていると思います。
今はデッサンを学ばれていますが、
基礎力がついてきてるので今後も企画授業で様々な技法に
チャレンジしてくださいね。
 
 

須田会員さま
 
「さざ波を描く」にも参加されましたが今回の企画授業で
飛躍的に技術を上げました。
手も早く進み、混色の加減も丁度良く、筆のタッチも自然ですね。
上級者になると画用紙の白の残し方から考えて進めていけるようになります。
少ない手数で完成度を高めるのが瑞々しい表現へ繋がります。
がんばりましょう!
 
 

児玉会員さま
ほぼ全ての筆のタッチが同じに描かれているので個性的な
仕上がりになっていますね。
ゆるい雰囲気の中にも川の色面に前後関係の強弱をつけることで、
さらに空間が出るでしょう。
 
 

 
 
難しい内容にかかわらず、みなさん2時間半で完成することができました。
石神井公園のスケッチ会で今回の講習で学んだ成果が活かされるといいですね。
 
11月もスケッチ会を予定していますので、興味のある方は是非ご参加ください。
 
担当講師 佐々木・山本

千葉千裕会員さまのデッサンご紹介

会員の皆さまこんにちは。
銀座金曜昼クラス講師の江口です。
 
10月に入り秋の気配が深まりました。
 
 

 
 
今回ご紹介するのは千葉会員さまのお人形デッサンです。
今までは静物、や「もの」が多かったのですが、人形となると作り物とはいえ、
少し人物の基礎を知らないととっつきにくいモチーフです。
服を着ているけどもそれだけかいてはタコのような骨抜き人形になってしまうし、
中身の人物のカタチを見ろといっても隠れているし…と
ご本人もとっつき方で大変迷われたそうです。
 
しかしながらじっくりモチーフと向き合った結果今回の人形になりました。
生き生きしているたたずまい、その周りの空間も優しい空気につつまれた
雰囲気を感じます。
 
服の模様や色の濃さも絶妙に加減しながら布の質感もよく出ております。
「曇りなき眼」で素直さを感じる気持ちのよい作品になりました。
 
千葉会員は描写は乗っていけばできるので、最初の構成、構図、バランスが
少し合理的にできてくると気持ちが冷めぬまま完成まで
早くなるかな?と思います。
こういった点で苦労されている方は大変多いですが、
周りの方の絵も参考にがんばっていきましょう!!

小松会員さまの透明水彩画

こんにちは。
講師の中田です。
今回は小松清会員さまの透明水彩画をご紹介します。
 
 
 

 
 
モチーフは白い煉瓦、ガラスのカップ、ドライフラワーを
リボンで束ねたものです。
とてもめりはりのある画面となっていますが、
それは透明水彩の可能性を十分に引き出した結果と言えるでしょう。
煉瓦は紙の白を残したまま、とても薄い絵具で細かく描写されているのに対し、
ドライフラワーはしっかりと絵具をのせてあります。
ガラスのカップも透明感は感じさせながらも、何度も粘って描かれていました。
一枚の絵の中で薄く塗るところと厚く塗るところが混在させることは、
ある程度確信をもって絵を進めなければならないので、
なかなか難しいのですが、上手くいけばすばらしい質感表現に繋がります。
透明水彩の一つの扱い方としてもとても面白い作品になりました。