岡崎会員さまの水彩作品のご紹介

こんにちは、金曜日担当講師の山田です。
今回は岡崎会員さまの水彩作品をご紹介させていただきます。
岡崎会員さまはご入会されてからまだ1年未満ですが、半年ほど基礎デッサンを学び、水彩制作にはいられました。
 

初めての水彩画です。
光と影、球体の反射光と回り込みをしっかり意識されています。
 

2枚目はミニバラに挑戦です。
今回は背景も作ってみました。背景色を描くことでガラスの透明さを出すことが出来ます。
花の基本の形は円錐形です。はなびらの細かさに惑わされずに、光の当たっている面と影になる側面とをしっかり描き分けるとより立体的にかつ鮮やかな花が描けると思います。
 

3枚目の静物です。
奥からの光を感じる空間がとても良く出ています。
手前と奥の距離感をしっかり意識されています。
ニンニクなどまるみのあるものを描く時は特に、直線的にならないよう、形に沿った筆のタッチを生かしたりするとより形の表現ができると思います。
 

4枚目、これから着彩です。
下絵を描くのも早くなりました。
リンゴの丸みやウサギの構造感など、筆のタッチを上手く利用して描けるとよいものができると思います。
完成が楽しみですね。

安井会員様のデッサンのご紹介

こんにちは。月曜日担当講師の佐竹です。
今日は安井会員様のデッサンをご紹介させていただきます。
 
安井会員様は一昨年夏に入会されてから1年半、月2回コンスタントにデッサンの技術習得に励まれていらっしゃいます。
安井会員様の制作ドキュメントからこれまでの作品をご紹介させていただきます。
 

体験教室での「りんご」初めてのデッサンです。体験教室では、まずモチーフの持っている印象を数種の鉛筆を使い、2時間で描いていただきます。短時間にも関わらず、りんごの丸みや質感も良く捉えています。
 

2枚目のデッサンは「ワインボトル」です。硬質なモチーフに挑戦していただきました。ラベルも丁寧に描くことで、円柱の丸みが感じられる仕上がりです。ガラスの透明感を出すのが難しい課題です。
 

3枚目は「丸太」です。円柱状のボディに突起した切り口、自然物特有のカタチが面白い素材です。丸太の断面と樹皮の文様がポイントになります。表面の描画は非常に説得力がありますが、手前と奥の描き分けによってより奥行きが出るとより魅力的です。
 

4枚目は組モチーフ「煉瓦とズッキーニ」です。二つの素材の描き分けと奥行きが組モチーフのポイントになります。手前のズッキーニの描き込みが奥行きを演出しています。煉瓦のざらざらした質感が再現されるとより対比が際だったと思います。
 

5枚目は「胡椒引きとソルト瓶」です。木材とガラス、それぞれの質感の違いを良く描き分けています。胡椒引きの奥行きも保ち、黒いモチーフの重量感も十分に感じさせます。筒状に連続する楕円がさらに正確に整うと、より工業製品らしいシャープなカタチが描けると思います。
 

6枚目は「ランプ」です。このモチーフを描く際には、少しこれまでと異なったアプローチを試みました。工業製品特有の左右対称(シンメトリー)が特徴的な、硬質なモチーフですので、よりカタチの正確さがシビアになります。通常はある程度の輪郭線を描いた後、階調(トーン)を序々に濃く塗り込んでいくのですが、本作はトーンが重層する光の奥行きよりも、カタチを示す線の描画を重視し、表面に連なる文様や、ボディの形状を力強い筆致で何度も追いかける意欲的な描き方となりました。
 

7枚目は「パンとイチゴ」の組モチーフです。前作「ランプ」での鉛筆の使い方、筆致の強弱が早速活かされています。手前二つのイチゴとパンへの距離感、さらには床面、綿布の質感も非常に良く観察されています。上部の黒い帯が効果的に画面を引き締めています。
 

8枚目は「手の石膏」です。石膏の難しさはその白さを表すことにありますが、薄暗い背景の描画によって効果的に引き立っています。ハイライトの描き込みがさらに進むとより素晴らしと思います。白さを描くには、鉛筆も6H~10Hなどより硬質な種類が必要になってきます。
 

9枚目は「エジプト王の首像」です。背景色は白のまま、白い石膏像の奥行きを表現する試みです。描きすぎると鈍ってしまう鉛筆色の特性を理解し、目鼻口などポイントになる部分の描き込みへ活かされると、さらに奥行きが感じられると思います。
 

10枚目は「スイカ」です。本作は企画講習「夏の果物を描く」にて、2時間半で描いた作品です。短い時間にも関わらず、形態と奥行きのポイントをよく捉えています。描き込む際には、この距離感を保ちつつ細部に移ることが重要です。
 

11枚目は「八角柱と葉」の組モチーフです。石膏と葉の対比(コントラスト)が美しい仕上がりとなりました。八角柱のそれぞれの面の色彩の移り変わりがデリケートなグラデーションを成しています。形態がより正確に、さらに面の角(エッジ)への描画がシャープになるとより良いと思います。
 

12枚目は「赤い薔薇」です。赤い薔薇は白黒(モノクローム)での描画ではより黒く感じます。シルエットが背景とのコントラストをより強調しています。葉と赤い薔薇の描き分けは、モノクロームのデッサンでは非常に難しいですが、花びらの一枚一枚のグラデーションがそれを可能にします。モノクロームの階調(モノトーン)の幅が広がるとより良いと思います。
 

13枚目は「黄色い薔薇と陶器の花瓶、桃」の7組モチーフです。前作「赤い薔薇」での花びらの描画に比べて、一枚一枚がより豊かなトーンで描かれています。薔薇、陶器の花瓶、桃、それぞれの質感の描き分けも非常に美しく、それぞれの位置も明確です。背景色の中間階調(ハーフトーン)が非常に豊かなため、影のコントラストが活きています。
 

制作中の安井会員様です。豊かな観察眼を持って、これからも素晴らしい作品を生み出して下さい。今後さらなる上達、ご飛躍に期待致しております。
 
佐竹講師評

石原会員様 作品紹介

こんにちは。火曜日担当の佐々木です。
 
毎日まだまだ寒いですが、寒い日は快適な教室で絵を描くのが一番ですね。
 
今回は石原会員の水彩画を紹介します。
 

これは水彩画を始めて5枚目の作品です。4回(約10時間)で完成しました。
 

石原会員は一筆一筆、丁寧に描くのが特徴です。デッサンの時点でも丁寧に対象物を観察し、バランス良く描くことが出来るので、余白が綺麗で光を感じる仕上がりになっています。
色に対しても繊細なアプローチが出来ていて、空気感のある色彩が表現出来ています。
 

ブリキの缶に映り込んでいる様子が良く出ていますね。 
 

しかし、その丁寧で繊細な表現により、全体が少し説明的になってしまいがちなので、逆に少ない手数で効果的に表現する所があると良いですね。
 
石原会員の次回作がとても楽しみです。

小林会員様 作品紹介

メッツ銀座絵画教室、土曜担当の三津です。
 
こんな寒さの中、もう木瓜が蕾をつけ始めていますね。
春が待ち遠しいです。
 
今回のブログでは小林会員の作品を紹介させていただきます。
小林会員は今回の作品で5枚目のデッサンになります。
1枚目のデッサンから初心者とは思えない密度のあるデッサンを描かれていましたが、枚数を重ねるごとに基礎技術、知識を習得し、絵を描く歓び、楽しみを感じ、それと同時にものを観察すること、3次元のモチーフを2次元の平面(紙面)に起こす難しさを実感されているように見受けられます。
では小林会員の作品をご覧ください。


こちらが一枚目のデッサンです。
観念にとらわれることなくモチーフをよく観察していて、鉛筆の色幅もしっかりと出ています。
一枚目のデッサンとしてはかなりいい仕上がりです。
 

こちらが2枚目です。
瓶の底の楕円と注ぎ口の楕円の微妙なパースの違いを出すのに苦労されていました。
色幅も1枚目に比べるとやや少なくなっています。
メッツ絵画教室では入会していただいた会員様に、まず果物や野菜などの有機形体、瓶や缶などの日用品、工業製品を交互に描いていただきます。
人によって有機物の方が得意な方、工業製品等の方が得意な方がいらっしゃいますが、小林会員の場合は有機物の方が得意なようですね。
 

こちらが3枚目。
丸パンと紅茶缶です。
モチーフが二つ以上出てくる場合にはモチーフの特徴、質感の差をしっかりと出していかないといけません。
こちらの作品ではパンの柔らかさと缶の硬さの差を意識して制作していく必要があります。
小林会員は2枚目同様、紅茶缶上面、各辺の傾きがなかなか合わせられませんでしたが、時間をかけて修正し、モチーフごとに鉛筆の使い方を変えながら質感の差を出すことに成功しています。
 

4枚目です。
もう一度瓶にチャレンジです。
前回の瓶では明暗の差が曖昧で、形体感が出せていませんでしたが今回は透明な瓶の形、ガラスの硬い質感が捉えられています。
ただまだモチーフの上部、下部での楕円の傾きの違いに多少狂いがありますね。
 

制作中の小林会員様
 

今回のモチーフです。
 

こちらが今、制作中の5枚目。
布をもった手の石膏です。
石膏の白さを意識しながら、柔らかなトーンで進められています。
微妙なトーンの違いにもよく反応出来ているので淡い明暗の差がしっかりとした形体感に繋がっています。
鉛筆の扱いにも徐々に慣れてきた事で的確なトーンが時間をかけずに作れるようになってきました。
背景にも手を入れることで、モチーフがどんな空間に存在しているかを感じる事が出来ますね。

完成が楽しみです。