人物画講座

こんにちは、講師の三津です。
今回のブログでは先に行われた人物講座の様子をお伝えしたいと思います。
銀座教室で月に1回、各月奇数月の最初の土曜日か偶数月の最初の日曜日に
人物講座を開催し今回で6回目になりました。
 
 
 

 
 
 
今回の講座は2時間半で作品を完成させなければならないので皆様集中して描
かれています。人物を描くのは難しいと思われがちですが人物描写には人物を
描く上での留意点があるのでそれをしっかり意識して回数を重ねていけば着実
に上達します。
 
それらのポイントを踏まえつつ個々の作品の紹介をしていこうと思います。
 
 
 

 
有光会員さまの作品
 
 
コンテの柔らかい表情で描かれた人物の量感が良いですね。プロポーションも
回を増すごとに自然になってきています。プロポーションを正確に取る為には
描き出しにしっかりと時間をかけて細かい部分にはなるべく手をださないこと
です。描き出しを急ぎ細部に早くから手を出すとポイントが固定されてしまい、
修正がしにくくなってしまいます。有光会員も当初は描き急ぎ過ぎてプロポー
ションが崩れてしまう事もあったのですが今回は余裕を持ってゆったりと制作
が出来て、自ずと形も良くなってきました。次回はもっとゆっくり制作できる
となお良い作品になると思います。
 
 
 

 
大塩会員さまの作品
 
 
出だしのプロポーション取りに時間をかけられたことで手数は少ないのですが
適格な仕事が出来ています。髪の色とうちわの色に濃いコンテを使い、塗り残
した白で帯や肌の色、明るい黄土色と茶で浴衣を塗り分ける事で少ない色幅で
最大限の効果が得られています。顔や肩の自然な傾き、膝を崩した上半身のね
じれなども良く表現されています。足元の陰を強い暗さで描く事で構成もしっ
かりなされていて完成度の高い作品になりました。
 
 
 

 
芹川会員の作品です。
 
 
描き出しは身体と顔の大きさを合わせるのにかなり苦労されていましたが仕上
がりはとても雰囲気のある作品になりました。人体を描く場合、手足、顔など
の細部が大きくなってしまう人と小さくなってしまう人と分かれます。芹川会
員は小さくなる傾向が顕著でした。原因としては身体の大きさと比較しつつ描
き進める事もあるのですが、もう一点、細部を描く時に体のどの部位を動かす
かにあると思います。指先だけ動かして描くと描ける範囲がかなり狭くなって
しまい物が小さくなりがちです。その場合描く範囲に応じて、手首で描いたり、
肘、肩から動かしていけるようになると大きな形態を描く時のストレスが無く
なると思います。
 
 
 

 
峯会員の作品
 
 
木炭作品です。木炭はしっかりとした暗さが短時間で得られるので短い時間で
の制作にも向いています。その分白さを大事にしないと全体が暗く沈んでしま
いがちなんですがこの作品は白さの幅、グレーの幅もしっかりと意識されてい
て、作者の力量を感じられます。うちわを持つ手元の観察、顔の細部にとらわ
れない描写もとても良いです。うちわの白さが背景のなにも描いていない紙の
白さを綺麗な空間に見せてくれています。
 
 
 

 
小松会員の作品
 
 
鉛筆の作品です。淡いトーンの中で浴衣を着た身体がしっかりと描かれていま
す。小松会員は大きな形を出すのに苦労をされていたのですが、人物講座を繰
り返し受ける事でその不得手を克服出来てきています。腰まわりから膝の距離
感、左右の肩の前後関係、愛し首に置かれた手の奥ゆき等、これまで描き切れ
なかった物がしっかり表現出来るようになっていて、教えながら感心しており
ました。髪の暗さをもう一段階しっかりと黒くする事でもっと目を引く作品に
なったと思いますがそれ以上に成長の感じられる一枚となりました。
 
 
8月には日傘を持った女性の固定ポーズ、9月~11月(3回連続固定ポーズ、
1回だけの参加もありです。)と続きますのでご興味ある方はぜひぜひご参加下さい。
 
 
 

横山会員さまの水彩画ご紹介

メッツ絵画教室講師の髙村です。
今回は横山会員さまの水彩作品のご紹介です。
 
 
 

 
 
 
長く横山さまは水彩作品を制作されておられますが、先日開催の楽々展で
は、入選を果たされました。展覧会後の作品として描かれたものが上掲の
作品です。桜並木に挟まれた鉄路は旅行先で取材されたそうです。
 
水彩画における混色は、下の色を覆い隠す事が出来ない性格上むずかしく
感じらる会員さまも多くいらっしゃいます。横山さまはこれを最近では筆
によるタッチを残しつつ、画面のうえにあらかじめ置いておいた色と重ね、
複雑な色味を出すことに取り組んでおられるようにかんじます。すなわち
重色という事なのですが、色味を表現するうえでこの技法は大変有用であ
るように感じます。パレット上で任意の数色を混ぜ合わせるのではなく、
任意の数色をそれぞれ順番に塗り重ねてゆく事で、混色で表現出来なかっ
た深みある色彩が表現できます。たとえば緑色を画面につくる場合パレッ
トで、黄と青を混ぜていたところを、画面にあらかじめ黄を塗っておいて、
それから具合を見ながら薄めた青を重ねるといった具合です。
みなさんもぜひお試しください。
 
 
 

 
 
次回作は姫路城だそうです。楽しみにしています。
 
 
 

舘田会員さまのデッサン画ご紹介

こんにちは講師の佐々木です。
今回は入会して間もない舘田会員の鉛筆デッサンをご紹介します。
 
 
 

 
 
 
このデッサンは3回の受講で完成した舘田会員にとって2枚目の
デッサンです。このボトルはガラスではなくてペットボトルなので
すが、黒い色がしっかりと出せていて、ボトルの表面に移り込んで
いる影や照明の白い線など、丁寧に描き表しているので、ペットボ
トルならではの緩さというか、ガラスにはない柔らかい質感が良く
表現出来ていますね。ラベルの所も白い色が単調にならずに回り込
むトーンの変化が出せていますね。
 
形の精度ではまだまだ不安定な所がありますが、細かい所まで良く
観察していて、とてもしっかりとしたデッサンになっています。
これからもがんばってくださいね。
 
 
 

大浦会員さまの水彩画

こんにちは。メッツ銀座絵画教室、月曜担当の高岡です。
今回は、大浦会員さまの水彩画をご紹介します。
 
 
 

 
 
 
モチーフはカモの剥製です。大浦会員さまは主に水彩にて制作しており、
今回は3コマでの完成です。手前の羽根や顔まわりはしっかりと描き込み、奥にいく
ほどにじみを利用した表現になっています。羽の柔らかさや、くちばしの硬さなどの
質感も感じ取れますね。
水彩の特徴を上手く利用した作品になっています。
 
一つのモチーフでも、描き込みを丁寧にする部分、力を抜く部分を作る事で同じ画面
上にも緩急が生まれます。また、筆のストロークも上記に合わせて変化させることで
“魅せる絵”に。変化します。カモの作品は、それらがよく現れた作品だと思います。
時には素材の研究も兼ねて、実験的にいつもと違う作業工程を行っても良いのかもし
れません。
 
暑い日が続きますが、熱中症にはくれぐれもお気をつけて下さい。
お教室内涼しいですが、水分補給はお忘れなく。
 
 
 

企画講習会のご報告

こんにちは。火曜日担当講師の中田です。
今回は、企画「スクラッチして描き出すモノクロの世界」の様子をご紹介い
たします。
 
 
 

 
 

企画講習様子です
 
 

 
この企画はルノワールのペンによるデッサンをスクラッチボードで模写すと
いうものです。黒く塗られたスクラッチボードを専用のペンで傷つけて下地
の白を表出させていくという、普段使用されている画材とは感覚的に異なる
部分も多い企画だったかと思います。一度傷つけると元にもどらないので、
慎重になってしまいますが、繊細になりすぎるとメリハリが効かない画面に
なってしまいます。
 今回も、見本に忠実にしっかりと基礎力を生かした進め方をする方もいれ
ば、このスクラッチボード独自のおもしろさを感じながら描いている方もい
ました。
 
 
 
 それでは当日ご参加いただきました会員さまの作品をご紹介します。
 
 

 
寺地会員様作品
 
丁寧な仕事もありながら、大胆に黒を残したり、強いタッチで一部を描い
ていることが画面全体を強くしています。
 
 
 

 
井口会員様作品
 
鉛筆ではなくスクラッチという難しい状況の中で、見事に明暗を制御し、
繊細な白黒の段階を使用できています。
 
 
 

 
山田会員様作品
 
細いラインと右上の大胆で方向性のあるラインがうまく対比され、おもし
ろい世界観が生まれています。
 
 
 

 
新井会員様作品
 
タッチに柔らかさや多様さがあります。スクラッチボード独自の魅力が出
始めています。
 
 
 
白か黒の2択というスクラッチボードで、どのようにすればその中間色が表
現できるのかという問題とそれぞれの解決策は、他の画材でもある程度技術
が付いてきたときに、さらなるスキルアップに繋がる部分です。
また、今回の企画には作品がピッタリ納まるフォトフレームも付いています。
サイズも小さいので、家でもぜひ作品を飾って楽しんでいただけたらと思い
ます。
 

 
 
 
完成の作品をスチールフレームに入れ終了です。
玄関や居間、寝室に置いていただきますと、お部屋のインテリアにも最適な
一品となります。

第18回楽々展出展作品ご紹介

メッツ大賞他入選作品は掲載しておりません。受賞作品はこちらでご覧いただけます。
 
 
油彩画作品
 

 
      題名 水
      大澤 篤子 会員さま
 
 

 
題名 馬橋
沖野 宏明 会員さま
 
 

 
      題名 雪だるま
      南雲 剛 会員さま
 
 

 
題名 Still Life
本橋 久美子 会員さま
 
 

 
      題名 雪とけるころ
      種岡 利則 会員さま
 
 

 
      題名 水の吐息
      寺井 大策 会員さま
 
 

 
題名 東京駅
松岡 成郎 会員さま
 
 

 
題名 Deer
東海林 俊彦 会員さま
 
 

 
題名 夢想
彦坂 実 会員さま
 
 

 
題名 波打ち際の風景
竹尾 学 会員さま
 
 

 
      題名 山上の白い村(ポルトガル)
      三浦 恭定 会員さま
 
 

 
題名 錦秋の銀閣寺
布施 實 会員さま
 
 

 
      題名 ゴンドラ
      松岡 正明 会員さま
 
 

 
      題名 たきぎ能
      遠藤 和彦 会員さま
 
 

 
      題名 ビーナス像
      伊藤 信 会員さま
 
 

 
題名 早朝の神田川河口
前田 和利 会員さま
 
 

 
      題名 鹿の像
      荒井 則子 会員さま
 
 

 
題名 枝垂れ桜
河浦 妙子 会員さま
 
 

 
題名 伊勢物語
荒井 久江 会員さま
 
 

 
題名 静物
三宅 亜紀 会員さま
 
 

 
題名 スイス(旅の思い出)
斎藤 誠子 会員さま
 
 

 
題名 シンホニー
吉川 深雪 会員さま
 
 

 
題名 大平山から
岩井 正代 会員さま
 
 

 
      題名 レモンとアスパラ
      大滝 美恵子 会員さま
 
 

 
      題名 フクロウ
      堀田 弘明 会員さま
 
 

 
題名 朝日に色づく嵐山
安喰 邦夫 会員さま
 
 

 
題名 妙心寺庭園
山蔭 美男 会員さま
 
 

 
題名 利尻島オタトマリ沼 想い
山崎 雅幸 会員さま
 
 
水彩画作品
 

 
題名 ツェーングリューエル城
佐藤 正二 会員さま
 
 

 
題名 光さす
福島 章人 会員さま
 
 

 
題名 故里の石畳
長谷川 光
 
 

 
      題名 Souvenir
      合田 節子会員さま
 
 

 
題名 静寂
内海 光子 会員さま
 
 

 
      題名 愛猫ミー
      森岡 聡子 会員さま
 
 

 
題名 南の国の花々
出井 孝雄 会員さま
 
 

 
題名 馬情紙風船
小嶋 真知子 会員さま
 
 

 
      題名 アリスのウサギ
      松本 祐二 会員さま
 
 

 
      題名 バラの花さく路地
      関 京子 会員さま
 
 

 
題名 百合
安藤 啓一 会員さま
 
 

 
題名 ローテンブルグの街道
入倉 真弓 会員さま
 
 

 
      題名 元気に働く人
      下田 浩二 会員さま
 
 

 
題名 アルベロベッロのトウルッリ
米澤 里美 会員さま
 
 

 
題名 奥日光
岡崎 浩一 会員さま
 
 

 
      題名 ニジェールの人
      辻 康二郎 会員さま
 
 
デッサン画作品
 

 
題名 ビー玉
原田 悠 会員さま
 
 

 
      題名 灯台と私
      提 恩命 会員 さま
 
 

 
題名 鴨
角田 敦子 会員さま
 
 

 
題名 アンコール!
熊谷 栄二 会員さま
 
 
パステル画作品
 

 
題名 URAHARA
亀尾 法親 会員さま
 
 

 
      題名 ふくろう
      市川 優美子 会員さま
 
 

 
題名 果物とワイングラス
渡辺 紫乃 会員さま
 
 

 
題名 ご馳走しましょうか?
重廣 真弓 会員さま
 
 

 
      題名 桜、目覚める
      斎藤 雅史 会員さま
 
 
アクリル画作品
 

 
題名 愛娘の花嫁姿
高嶋 章人 会員さま
 
 

 
題名 北アルプス槍ヶ岳
高嶋 道子 会員さま
 
 
日本画作品
 

 
      題名 ペンギン
      藤崎 園枝 会員さま
 
 

 
題名 静寂
橋村 清音 会員さま
 
 
墨画作品
 

 
      題名 無題
      藤波 やす子 会員さま
 
 
中・高校生コース(デッサン画)作品
 

 
左 清水 ゆかり 会員さま
右 加藤 夢梨 会員さま
 
 

 
左 中村 めい 会員さま
右 大平 園花 会員さま
 
 
 

加藤会員さまの風景画ご紹介

こんにちは講師の佐々木です。今回は加藤会員の油絵を紹介します。
 
 
 

 
 
 
F10号に佐賀県伊万里市の風景を描かれた作品です。
 
この作品は昨年の9月から34回の受講で完成しました。時間にすると87
時間半もの時間が込められているので、とても緻密に描き込まれていて、
山の樹木から手前の石畳まで詳細な様子が伝わってきますね。しかし、かと
いって全体が単一な表情にならず、空間が感じられるように変化を出せてい
て、とてもバランスの良い仕上がりになっています。
加藤会員が現地で撮ってこられた写真を元に描かれているのですが、写真だ
けの情報だとこれほどのリアリティは出せないでしょう。加藤会員がこの
場所に行って、実際に見た記憶がとても良いエッセンスになっていて、この
画面に描かれていない風景の続きまで見えてきそうな広がりのある作品にな
っています。まるで実際にこの場所にいるような感覚にさせてくれますね。
 
加藤会員の次回作がとても楽しみです。
 
 
  

一色会員さまのデッサン画ご紹介

こんにちは、メッツ銀座絵画教室の木曜日を担当しています小牟田です。
今回は一色会員さまのデッサンをご紹介します。 
 
一色会員さまは、一貫して「お城」を描いていらっしゃいます。城を描く
といっても、スケール感や複雑な装飾、立地環境など個性は様々で、同じ
テーマのモチーフを通してその都度 違った視点で描いていらっしゃいます。
 
ご紹介する作品は青森県の「弘前城」です。
 
 
 

 
 
 
お城の建築的な構造を描く事は、一番大事なところだとおもいますが
それに合わせて、この作品は絵としてとても魅力的に仕上がった一枚
だと思います。特に近・中・遠景のトーンや、描き込みの粗密の幅が
広く表現されておりお城の佇まいまでこちらに伝わってきます。現
在制作中の作品は、鉛筆から色鉛筆に変更し、天空の城とも言われて
いる「竹田城」に挑戦されています。
 
 
 

 
 
 
雲海に浮かぶ竹田城の、神秘的な状況を色鉛筆で表現されています。最終的な仕上が
りが楽しみですね。 
 
これからも、城の魅力を絵を通じてどんどん伝えていってほしいです。
 
 
 

田中会員さまの油彩画作品ご紹介

こんにちは、メッツ銀座絵画教室の金曜日を担当しております講師の森です。
前回に続いて、今回は田中会員さま油彩画の作品を紹介します。
 
 
 

 
 
 
田中会員さまは今年の一月から入会した会員さまです。奥さまが以前から
会員だったため、今ではご夫婦で通っていらっしゃいます。この絵はシチ
リアのカフェを題材に描きました。以前から油絵を習っていらっしゃった
方なので、すでに自分の持ち味を生かしながら描いています。
 
日差しが強烈な風景ですが、明るく軽やかな色調でまとまっているのが印
象的な絵ですね。とても爽やかです。制作の後半は細かい所を根気よく描
写する仕事が多かったのですが、めげることなく描き切りました。そのお
かげで、完成度の高い絵になっていると思います。
 
 
 

 
 
 
制作中の田中会員さまです。毎回元気よく好奇心を持って描いています。
どんどん描きましょう!!

上田会員の油彩画

こんにちは。銀座校金曜日担当の講師の森です。今回は上田会員の油彩画を紹介
します。
 
 
 

 
 
 
受講回数30回以上かけて完成させた大作です。花瓶に活けられた花なのです
が、すべてのモチーフが丁寧に描かれ、長い間じっくりと鑑賞したくなる作品
に仕上がりました。特に花の描写が克明で、品よくまとまっており、作者の       
観察眼や感性の良さを感じさせます。背景は思い切った黒になりました。
最初はなかなか決まりませんでしたが、画集を参考に、17世紀のスペイン       
の静物画のような黒い背景で描くと決めてからは、迷わず一気に完成まで向か     
っていけたと思います。
 
すばやく描くのも良いですが、長期に渡ってしっかり丹念に描くのも立派な制作    
姿勢です。そして、そうだからこそ描けるものもあると思います。
 
上田会員の次回作も楽しみです。
 
 
 

 
 
制作中の上田会員。いつもモチーフに真摯に向き合っていました。