メッツ銀座絵画教室「人物画講座」のご紹介

こんにちは。メッツ銀座絵画教室土曜日担当の小牟田です。9・10・11月で開講
した人物画講座についてご紹介します。
 
 
 

 
種岡会員さま制作作品
 
 
 
今回はモデルポーズ前に、講師によるデモンストレーションを行いました。方法とし
ては、「とにかくモデルさんをよく観察しながら線をひいていくこと」当たり前!と
思われた方もいらっしゃるかと思うのですが、意外と自分の描いてる絵ばかり気にし
て、モデルさんの観察を怠っているんです。なので ちょっと極端なのですが、「画面
を見ずに描いていきましょう」ということを実践しました。手元を見ていないのです
から、はじめは上手く行かなくて当然です。ただ、良く観察し慎重に線を引いていく
と、初めに引いた線にきちんと最後は辿り着くんです。それくらい慎重にゆっくりと
描いていきました。3か月もありますので、ポーズ時間を焦る必要はありません。
 

 
制作中の江川会員さま
 
これをすることで、いままで自分の癖で描いていた人物の形が矯正でき思いがけず良
い線が生まれます。「自分が描いたクロッキーじゃないみたい」とおっしゃってくだ
さった方もいたくらい、”客観的な線”を描く事ができます。人物を描く事以外にも共
通しているのですが、早く仕上がりが見たい・早く次の工程に進みたいで、気が焦っ
たりしてしまいますよね。そこをグッと堪えて、目の前にある対象物をしっかり観察
してみてください。時間をかけて描くという事は、一つの工程を丁寧に行う事に繋が
りますのでぜひ実践してみてください。
 

 
制作中の野村会員さま
 

 
人物画講座/制作風景
 
 
 
最終日に参加いただいた皆様の作品です。
 

 
大塩会員さま作品
 
 
 

 
高木会員さま作品
 
 
 

 
江川会員さま作品
 
 
 

 
種岡会員さま作品
 
 
 

 
有光会員さま作品
 
 
 

 
岡﨑会員さま作品
 
 
3か月連続で受講いただいた方も、単発でご参加いただいた方もありがとうございま
した。
 
 
 

渡辺会員さまの油絵画(油彩画)ご紹介

こんにちは講師の佐々木です。今回は渡辺会員さまの油絵(油絵画)をご紹介します。
 
 
 

 
 
この作品はピエロとシャボン玉の写真を組み合わせて描かれています。違う場所の写
真を組み合わせている上に色調も赤い色のモノトーンっぽく修正しているので、一枚
の絵にする為にはそれぞれの写真の見え方が画面の中で合わない事になり、特にシャ
ボン玉の表現にとても苦労されていましたが、じっくり時間をかけて上手くまとめる
事が出来ました。ダイナミックな筆致のピエロと静かに浮遊するシャボン玉の異なる
二つの表情が、一つの画面に混在している面白さがあって、とても魅力的な作品です
ね。
 
渡辺会員さまの次回作がとても楽しみです。 
 
 
 

種岡会員さま油絵画(油彩画)で『区長賞』受賞

会員の皆さまこんにちは、今回は第66回江戸川区文化祭美術展に於きまして、現在銀座教室
で制作を行っておられます種岡会員さまが『区長賞』を受賞いたしましたご報告です。種岡会
員さまはご本人さまとお嬢様が古くからの会員さまで以前は新宿教室で制作なさっておられま
した。
 
 
 
受賞作品
 

 
 
 
教室の作品発表会「楽々展」でもメッツ大賞を受賞なさっておられます。今回の受賞作品は『
埋火』(うずみび)と題しましたF10号油彩画(油絵画)作品での受賞です。
 
種岡会員さまがおっしゃいますに、世界遺産の村、富山県(越中)五箇山に伝わる「こきりこ
節」は日本最古の民謡だそうです。
この歌に合わせて、合掌造りの古民家の囲炉裏端で、当主が 五穀豊穣を祈る無形文化財「さ
さら踊り」を踊る風景を(創造で3人にして)描いたそうです。題名の「うずみび」は、「灰
の中に埋めた炭火」の意味ですが、火種となった新に燃え続ける様子を、文化財の伝承になず
らえました。
 
 
 

 
受賞なさいました種岡会員さまです。
 
 
種岡会員さまのますますのご活躍をメッツ絵画教室講師、スタッフ一同お祈り申し上げま
す。

ミエコ・マックラクラン会員さまのスケッチ作品紹介

こんにちは、メッツ銀座絵画教室、月曜担当の高岡です。今回は、ミエコ・マックラ
クラン会員さまのスケッチ作品を紹介いたします。以前は、アクリルで花の連作を制
作されていました。現在は2時間半で1枚仕上げるといった、外出先でのスケッチを
目的とした制作をされています。
 
 
 

 
 
 

 
 
 
ペンと水彩絵具を用いた作品です。ミエコ会員さま独特の、勢いのあるペンさばきや
ペンで一発で描くという緊張感に魅了されます。絵具の発色も美しく、そのコントラ
ストがモチーフ同士を引き立てているようです。2時間半の中で、何時までに水彩絵
の具に入る…など、計画をたてて進行します。
 
引き立てたいモチーフの描写は細かく、その他はあっさりと...はじめに計画を立
ててから制作に臨むことでスケッチという時間の限られた中でスムーズに描く事がで
きます。2時間半の制作時間、計画をたてて進行していくのも緊張感があって良いか
もしれませんね。
 
 
 

原会員さまの現代絵画作品

こんにちは。メッツ銀座絵画教室、土曜担当の小牟田です。
今回は原会員さまの作品をご紹介します。まずは作品をご覧ください。
 
 
 

 
 
ストライプが秩序良く整然と並んでいます。
 
 
 

 
 
途中でストライプの角度が変わるのとグラデーションの変化で、なんとな
くエレベーターの上下運動を錯覚させられました。落ち着いた青色が、風
の吹いている地平線を想起させとても爽やかです。制作工程はキャンバス
に図案を描き、マスキングテープで養生し、絵具を一色づつのせていく。
工程自体は、ただそれだけの単純なものです。下地の塗りや、色の変化に
はとても丁寧に作っていきました。そして、最後にマスキングをはがすと
「描きたいもの」が立ち上ってくるようです。とても気持ちの良い抽象画
だと思います。
 
 
 
これらの作品は、二枚並べて一つの作品です。そうするとスケールも広が
りますね。
 

 
 
 
ちょうど、DIC川村記念美術館にて「ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画」展が開
催されていたので、お薦めしたら観に行かれたそうです。彼女の作品に感銘を受け、
この絵を描き上げたと伺いました。
 
芸術の秋、みなさまも美術館に行かれた時に、インスピレーションを受ける作品に出
合えるといいですね。また、来年は抽象画を描く企画を予定しています。詳細が決ま
り次第ブログでもお知らせいたしますので、お楽しみに!
 
 
ブリジット・ライリー(1931-)
幾何学模様によって視覚効果をもたらすオプ・アートの旗手として知られるイギリス
のアーティスト
 
 
 

内藤会員さまのデッサン

こんにちは講師の佐々木です。今回は内藤会員の鉛筆デッサンをご紹介します。
 
 
 

 
 
 
内藤会員さまは今年の3月に入会されたばかりで、月4回の受講ですが、一日に2回
を午前と午後で消化される事もあるので、一日の作品と向き合う密度が高く、どんど
ん上手くなっています。今回のヤシの実にウクレレを立て掛けた形のかなり難しいモ
チーフですが、7回の受講で完成しました。
 
ウクレレの形は縦に長いネック部分とボディの曲線が意外と難しいですが、上手く特
徴を捉えて描けています。特にネックのフレット部分と弦が交差する所は細かい所ま
で描き込んでいますし、弦が浮いている感じも良く描けています。それと、弦を巻き
つけているペグの所も緊張感があってとても良いデッサンになっています。
また、ヤシの実にウクレレのネックが乗って影が伸びている様子を丁寧に表現するこ
とでヤシの実のごろっとした形の様子も上手く出せていますし、点で支えている緊張
感が表せていますね。 
 
枚数を追うごとに上達している内藤会員の次回作がとても楽しみです。
 
 
 

銀座と新宿のメッツ絵画教室『屋外スケッチ会』

こんにちは。新宿校の水曜日と土曜日、銀座校の金曜日担当の講師の森です。
今回は10月8日に行いましたスケッチ会「聖橋と昌平橋のあいだを描く」のレポートを描き
たいと思います。
 
 
 

 
 
今回のスケッチ会は佐々木講師と稲垣講師、そして私、森が担当しました。こちらが御茶ノ水
駅近くの聖橋。中央線・総武線・丸ノ内線それぞれの電車が交差するスポットです。今回のス
ケッチ会はここからの眺めと・・・
 
 
 

 
 
反対側にあるこちら昌平橋からの眺めのどちらかを選んで描く企画でした。昌平橋からは鉄橋
を見上げるかたちになり、迫力があります。
 
 
 

 
 
それからもうひとつ、ニコライ堂が見えるスポットが近くにあるので、それを描くのもOKと
いうことに。曇天でいつ雨が降ってもおかしくない雰囲気の中、みなさんどんな絵を描くので
しょうか!?
 
 
 

 
 
 

 
 
岡崎会員さま  昌平橋からの景色を丹念に描いていました。
 
 
 

 
 
松岡会員さま  迷いなくどんどん描いていくのが印象的でした。
 
 
 

 
 
間中会員さま  油絵の下図に使えるようなスケッチにするため奮闘していました。
 
 
 

 
 
沖野会員さま  ここ最近は教室で水彩を使って風景の練習をしていたのですが、当日はまさ
かの筆ペン。意外な選択でした。
 
 
 

 
 
三上会員さま  丁寧に、粘り強く描いていました。
 
 
 

 
 
三國会員さま  豪快な描き味が気持ち良かったです。
 
 
 

 
 
一方、ニコライ堂付近では、ちょうどいい位置にテーブル席を発見。3人とも優雅に描いてい
ました。
 
 
 

 
 
出井会員さま  まさにベストな位置で、調子よく描いていました。
 
 
 

 
 
親子で参加された上田会員さま  複雑な建物の構造をとても繊細に描いていました。
 
 
 

 
 
小野田会員会員さま  聖橋の上からニコライ堂を描いてます。
 
 
 

 
 
高木会員さま  積極的に動き回り、聖橋と昌平橋、両方から一枚ずつ描きました。
 
 
 

 
 
終了後、みんなで講評会を行いました。
 
 
 

 
出井会員さまのニコライ堂です。短時間なのにたっぷりと絵具が乗っています。建物の形も特
徴をよく捉えていますね。
 
 
 

 
高木会員さまの昌平橋からの風景。  ペンで描いています。中央線、総武線、丸ノ内線、す
べてが描かれているのがポイントです。
 
 
 

 
こちらも高木会員さまの作品
三つの電車に船まで登場し、場所の特性を生かしています。
こういうところが野外スケッチの醍醐味でしょう!
 
 
 

 
岡崎会員さまの作品 バランスよく描けています。今までの作品の中でもかなり良いスケッチ
なのではないでしょうか?
 
 
 

 
松岡会員さまの作品 描きたいものがはっきり分かる良い構図です。鉄橋やトンネルの影も効
果的に手が入っています。
 
 
 

 
三國会員さまの作品 色鉛筆やアクリル絵具で描いています。パワーを感じる絵になりました。

 
 
 

 
三上会員さまの作品 淡い色調がとても繊細な世界観を作り上げています。
 
 
 

 
小野田会員さまの作品 独自の視点で捉えたニコライ堂がカッコよく描かれています。
「聖橋」の標識が印象的です。
 
 
 

 
上田会員さまの作品 短時間ながらニコライ堂の構造を正確にデッサンできています。
前景の木も濃淡をつけながら彩色できているのがとてもよかったと思います。
 
 
 

 
上田会員さまのお嬢さまの作品です。 今回、外部から(正式な会員以外から)参加してくだ
さいました。建物がとても可愛らしく描かれていて、絵の印象がとても良いと思います。それ
だけでなく、周辺の木々やビルなどもしっかりと描こうとしていて、ちゃんと絵にしようとい
う意欲も感じられる作品になりました。
 
 
 

 
間中会員さまの作品 安定した構図と奥行きを感じるパースで、しっかりとした風景画になった
と思います。色鉛筆での彩色でしたが、複数の色を塗り重ねて複雑な色彩をつくりだしているの
が特徴的です。
 
 
 

 
沖野会員さまの作品 筆ペンで非常に完成度の高い絵を描きました。鉄橋の細かい描写ももち
ろん、手前のブロック塀や木もリアルな質感になっています。
 
 
 

 
 
 

 
 
講評会のあとは(ちょっとした)飲み会を行いました。ひと仕事したあとの一杯は格別です!!
 
お疲れさまでした!!

海野会員さまの作品紹介

こんにちは。講師の永瀬です。今回は海野会員さまの透明水彩による静物画
をご紹介します。
 
 
 

 
 
 
メリハリのきいたとても美しい色彩です。ビー玉や金属の球などそれぞれの
質感もよく表現されていますね。また鹿のオブジェは陰の部分に豊かな色味
があり素晴らしいです。粘り強く丁寧いに描かれたとても完成度の高い作品
です。かつ、重たさや濁りは少ない事もよいですね。
 
素敵な作品をお疲れさまでした。次回作もたのしみにしています。

福島会員さまの水彩画ご紹介

こんにちは講師の佐々木です。今回は福島会員の水彩画をご紹介します。
 
 
 

 
 
 
この作品はF6号サイズですが、15回の受講で完成した表現の内容的にかなりの大作
です。
 
山村に雪が降り始めた様子をとても上手く表現されていて、この絵の中の寒さがこち
らまで伝わってきそうな感じがしますね。特に雪に霞む奥の山のあたりは、水墨画の
ような雰囲気で描かれていて魅力的です。この表現に至るまで、別の小さい紙で山の
霞み具合や雪の降り方など、どの道具をどのような使い方をして表現するか色々テス
トされています。そういうエスキースでの準備が本番に上手く繋がっているという点
でもとても模範的な作品です。
 
福島会員さまの次回作がとても楽しみです。
 
 
 

渥美会員さまの作品紹介

こんにちは、メッツ銀座絵画教室講師の永瀬です。今回は渥美会員さまの油彩画をご
紹介します。
 
 
 

 
 
 
渥美会員様は今回旅先で撮影した写真を参考に風景画を制作されました。とても臨場
感のある景色になっていますね油絵らしい肉厚なマチエールで見事に空間表現できて
います。バルールは的確で、中間色も深みがあり美しいですね。本当にその場にいる
ようなわくわくする画面です。まったくの初心者で入会されて、7年でここまで上達
されました。素晴らしいですね。
 
これからも絵画制作、楽しんでください。