井口会員さまの油彩画・模写作品

こんにちは。火曜日担当講師の中田です。
今回は、井口会員さまの油彩での模写をご紹介いたします。
 
 
 

 
 
模写の題材はフェルメールの名作、「真珠の耳飾りの少女」です。井口会員さまは、
これまで印象派のような強いタッチで主に風景を描いていましたが、今回は趣向を変
えて、滑らかなタッチで写実的な人物が大きく入った絵に挑戦されました。結果とし
て、初めての方向性とは思えない完成度になったことは驚きでした。この類の絵画は
タッチ一つで表情が変化し、似せるのが難しいのです。また、肌の色味や強いコント
ラストを絵の調和を崩すことなく自然に再現できています。
 
 
 

作品制作中の井口会員さま
 
 
制作している間もとても楽しそうにされていて、一つの方向性である程度の期間制作
したら、これまでと異なる方向性の題材に取り組むことは大切なことなのかもしれま
せん。これからの井口会員さまの作品も楽しみにしております。
 
 
 

今年も「マロニエの花」咲きました。

 
 
 

 
 
今年も教室前のマロニエ通り街路樹マロニエの木に濃いピィンクの花が咲き始めまし
た。ヨーロッパでは街路樹として昔から各国で植えられており、樹も太く大きいもの
が多いそうです。銀座マロニエ通りの木はそれとはくらべものにはならないでしょう
が、銀座の街にとてもマッチし訪れた人にマロニエの花言葉でもあります「贅沢」を
視覚で与えてくれます。
 
 
 

 
 

 
 
教室にお越しの際、一度、足を止めてご覧いただいたらいかがでしょうか。
マロニエの花は白とピィンクの色のものがあるそうです。
 
 
 

秋山会員さまの「油絵」ご紹介

こんにちは。銀座校土曜日担当の小牟田です。今回は、秋山会員さまの油彩をご紹介
します。秋山会員さまは約1年間、デッサンを続けてきました。そこでは「ものを捉
える」為のデッサンだけでなく、後半は鉛筆画として鑑賞できる質の高いデッサンを
描いてきました。なので、一枚の絵を仕上げる集中力が十分に付いているため初めて
の油彩画も仕上がりのイメージをしっかりと持って進む事ができました。
 
 
 
完成がこちらです。

 
 
初めてとは思えない出来栄えに、私たち講師も驚きました。受講時間20回分を使い、
しっかりと時間をかけて描き上げた絵は、細かい所まで見応えのある作品に仕上がり
ました。
 
 
 

ワイン瓶に映り込む反射や、
 
 

 
 
ルーツバスケットの網目まで、丁寧に描かれています。ぜひ、制作中のパレット(写
真下)を見ていただきたいのですが、ベージュ系のグラデーションを作っているのが
わかりますか?この繊細な色作りが、バスケットの網目(写真上)になっていってま
すね。
 
 
 

 
 
とても良い作品だと思います!次回も楽しみです。