秋のスケッチ会ご案内

 

神田川の上を鉄道の橋梁が通る
ダイナミックな東京の風景をスケッチしてみませんか?
 

 
日時
2018年10月8日(月)体育の日 10時集合16時解散(予定)

※予備日 10月27日(土)
集合場所
JR御茶ノ水駅 聖橋口
参加費
会員:税込3,240円 (実施後いただきます。一回消化にはなりません。)
外部:税込4,860円 (外部参加の方は前金でお願いします。)
画材および持ち物
スケッチブック.描画用具.日除け.折り畳み椅子 など
当日担当講師 佐々木・稲垣・森

 
 

籾山会員さまの油彩画ご紹介

こんにちは。火曜日担当講師の中田です。
今回は籾山会員さまの油彩画をご紹介いたします。
 
 
 

 
 
 
今回のモチーフでは、白い布の上に、シンプルにお皿と草花が置かれています。
シンプルな構図は意外と難しく、空間を上手く出さないと、余白が多すぎる絵に
なってしまします。この絵の絶妙な所は、白い布を薄塗りで描き、お皿と草花を
粘り強く描くという強弱の使い分けでしょう。そのため実際のモチーフ以上に手
前のお皿や草花とバックの布の距離感をリアルに感じることが出来ます。
また、お皿の青や布の黄色、影の紫など、統制された色彩の美しさもこの絵の魅
力となっています。
今後も様々な方向性を試しながら、楽しんで描いていきましょう。
 
 

品川会員さまの油絵ご紹介

こんにちは。メッツ銀座絵画教室、月曜担当の講師高岡です。
今回は、品川会員さまの油画をご紹介します。
 
 
 

 
 
 
モチーフは教室にあるお花です。ゴッホの「青い花瓶の花束」
を参考に制作されました。細い筆や太めの筆によるタッチの
差や、筆圧、ストロークの違い、同じ手法の中でも様々な筆触
で描かれています。統一感がある中にも、モチーフの存在感が
きわだっていますね。背景の壁や床の差もよく現れています。
花瓶の青さがより作品全体を華やかにしているように見えます。
 
ゴッホの作品はかなりの量の絵具を使用します。また、画面に
色を置いた後の筆のさばき方もポイントの1つになります。
絵具をたっぷりと画面に”置く”作業は、初めは慣れていない
為難しいかもしれません。品川会員も徐々に慣れていったよう
に感じました。写真ではわかりにくいですが、かなりのマチエル
です。
 
参考作品を元に制作すると、筆さばきや色遣いなどをよく観察
するようになります。自分が何が好きで何を描きたいのか…
それらを発見できるよい機会になるかもしれませんね。
 
 
 

仲川会員さまの油絵ご紹介

こんにちは。水曜、日曜を担当している講師の永瀬です。
今回は仲川会員さまの油彩画をご紹介します。
 
 
 

 
 
 
今回仲川会員さまは油絵で洋梨を描きました。とて
もシンプルで美しい画面です。明暗、色味、質感、
空間がバランスよく表現されていますね。
なんの変哲もない食品サンプルの洋梨に面白味を見出し、
充実した描画で素晴らしい作品に仕上げられています。
画面からは静謐な空気感さえ感じられます。
素敵な作品です。じっと眺めていたくなりますね。
次回作も楽しみにしております。