2016年年末ご挨拶

 
 
20161214_01
 
会員皆さまへ
 
2016年も間もなく終わります。
今年1年教室をご愛顧いただきましてありがとうございました。
沢山の力作を描き上げられたことと思います。
私を始め講師一同、会員皆さまの作品制作熱意を
大変強く感じました1年でした。
2017年もよろしくお願いします。
風邪などひかず御身大切に素晴らしい新年を
お迎え下さい。

校長 高岡 徹
   講師一同

鎌田会員さまの油絵画

こんにちは。講師の佐々木です。
今年もあとわずかとなりましたが会員皆さまには風邪などひきませんよう
ご注意ください。
                       
今回は鎌田会員さまが描いた油絵を紹介します。
 
 
20161227_01
 
 
これは鎌田会員さまが油絵を描き始めて二枚目の作品です。
鎌田会員は基礎デッサンの後、水彩画を一年半ほど描かれて、油絵を始めました。
常にしっかり対象物を観察してじっくり描くスタンスなので、
水彩画の時は色が暗くなりがちでしたが、油彩では逆にそのスタンスによって
画面に重厚感が自然と出て、とても魅力的な作品になっています。
 
鎌田会員さまの次回作が楽しみです。

福島会員さまの水彩画制作

こんにちは講師の佐々木です。
今回は福島会員の制作の様子をご紹介します。
 
 
20161223_01
 
福島会員は写真を元に水彩で風景を描かれていますが、
複数の写真を用意されて、その写真の部分部分をつなぎ合わせる形で
作品にしています。
 
20161223_02
 
なので、つなぎ合わせの具合や色調を確認する為に、
小さめの紙にエスキースを描かれています。
このエスキースがかなり重要なので、ほぼ作品として通用する
レベルに組み立てられています。
このエスキースを元にして、その上に修正も加えながら
現在本番を制作中です。完成がとても楽しみです。

水墨画

新宿校火曜日昼
銀座校日曜日朝昼 水曜日朝昼担当しております髙村です。
今回は、水墨彩画コースの参考になればと参考作品を追加しました。
 
 
20161222_01
 
 
江戸時代の習画帳や中国の近世のものを参考にしました。
私も当時の人の筆にはまだまだ及びませんが、
倣っているうちに恐らくこのように筆を使っていたろう。
ここで濃い墨を使うのかもしれないと推理しているうちに
さまざまの工夫が読み取れ楽しかったです。
 
 
20161222_02
 
 
20161222_03
 
 
20161222_04
 
 
コース以外の方も見ていただけますので、のぞきに来て見て下さい。
是非気軽にチャレンジしてみましょう。

水野会員さまの油彩画作品ご紹介

こんにちは、メッツ銀座絵画教室講師の永瀬です。
今回は水野会員さまの油彩画をご紹介します。
 
 
20161215_01
 
 
水野会員さまは今回、ご自身で組まれたモチーフを写真に撮り、
それを参考にしながら制作されました。
また部分的にカップなどは実物を持参して、よく観察して描かれました。
 
作品は、全体の温かな暖色系の色調とカップの深い青の響き合い
がとても心地よいですね。
ロウソクの炎はやわらかく、ゆらめいています。
枯れ葉の表現では強く筆致を残して、リズミカルにバランスを
大事に表現されています。
また枯れ葉の上に点在するドライフラワーの赤っぽい色味が
とても効いていますね。
とてもバランスのとれた充実の作品をお疲れさまでした。

渥美会員さまの作品ご紹介

こんにちは、メッツ銀座絵画教室講師の永瀬です。
今回は渥美会員さまの油彩画をご紹介します。
 
 
20161210_01
 
 
渥美会員様は今回花を中心にした静物画を制作されました。
大胆な構図とコントラストのある色彩で、迫力があり、
美しい仕上がりになりました。
 
花や果物、ガラス器などの描写も丁寧に、何度も何度も描き加えて、
とても見応えのある表情になっていますね。
またそれぞれの位置感がよく表現されていると思います。
手前の花は明るく鮮やかに描き、
奥にある花は少し沈んだ色調でまとめたりと抑揚が効いていますね。
 
力作をお疲れさまでした! 
 
次回作も楽しみですね。

山崎会員さまの作品紹介

 
こんにちは、メッツ銀座絵画教室講師の永瀬です。
今回は山崎会員さまの油彩画をご紹介します。
 
 
20161207_01
 
 
今回の作品では山崎会員さまは紫陽花の写真を見ながら、
フォトリアリズム的な描き方で制作されています。
作品はあと一歩で完成のところまで来ています。
とても鮮烈でインパクトのある画面になっていますね。
丁寧な描写と何度も塗り重ねた青や緑の発色の良さが、
紫陽花の瑞々しさを見事に表わしています。
画面上部、うしろのほうのカメラのレンズがピンボケしていく様子を
油絵の具のゆっくり乾く特性を活かした
ぼかしの技法でうまく表現していますね。
また暗部、影のところでは、元の写真では、黒く、べたっと
つぶれていたところもありましたが、作品では、暗い中で葉のかたちを
作っていらっしゃいます。
 
今回の作品は、写真的なリアリティと油絵の具の物質感や空間性をもって
とても魅力のある画面になっていると思います。
完成まで楽しみながら、がんばっていきましょう!

前田会員さまの油絵画ご紹介

こんにちは講師の佐々木です。
今回も油絵画の作品をご紹介します。
前田会員の油絵画です。
 
 
20161204_01
 
 
これは前田会員の4枚目の油絵です。
モランディのようなモチーフの配置と構図ににこだわって描かれていて、
それがとても良く表現されていますね。
また、全体的に飴色が空間を満たしていて、モチーフの白い色に変化を出して、
温かみのある優しい作品に仕上がっています。
背景の壁の色と二種類の瓶が黄土や茶の同系色で、他のモチーフと台の布が
白系にまとめられているので、色面の構成として見ても、とても魅力的な作品ですね。
前田会員の次回作がとても楽しみです。

荒井会員さまの油絵画ご紹介

こんにちは講師の佐々木です。
今回は荒井会員の油絵を紹介します。
 
 
20161201_01
 
 
この作品は荒井会員の3枚目の油絵で、11回の受講(約27時間)で完成しました。
素朴な表現が何とも魅力的な作品です。
特筆すべき点として、この作品の面白い所はモチーフの色を絵の中で
変えているという所です。
例えば馬の置物がありますが、これは元々、白馬のモチーフでした。
また、台の表面も初めはピンクベージュの布だったのを木目調の台にしたり、
壁も壁紙調にしたりと、描き進める中でモチーフが
荒井会員の中で良い具合に変換されて、画面に表れていて、
それらがうまく調和しています。まさに絵ならではのイメージの定着ですね。
荒井会員の次回作がとても楽しみです。