吉川会員さま、熊谷会員さま作品ご紹介

日曜日朝昼 水曜日朝昼担当しております髙村です。
今回は、吉川会員さまの作品と熊谷会員さまの作品をご紹介します。       
 
吉川さまは今回からデッサンから油彩に進まれました。
他にもパステル画も描かれておられるようなので。
色の扱いも大変スムーズだったように思います。
 
20161122_01
 
ビンの形態感が安定していることもさることながら、
ラベルの表現も根気強く取り組まれました。
 
 
20161122_02
 
 
初の油絵作品でしたが、描画材の特性を活かして絵具の重なりに
気を配られ、また筆致の方向を工夫なさっている様子でした。
台に敷かれた布の描き込みは大変に好感が持てます。
 
次回作ではモチーフ相互の際の処理などにも工夫が出来ると
さらに遠近感のある表現になるような気がしており期待しています。
 
 

熊谷会員さまのデッサン画

 
熊谷会員さまの作品についてご紹介いたします。
熊谷さまはデッサンに取り組まれていて、段々に枚数も増えてこられました。
今回は足首の石膏をモチーフにいつも以上にトーンの変化の難しい
変化を追っておられ、拝見している側としても進行の具合から勘違いしやすい
陰影の関係を一つずつ理解してゆかれる様子が嬉しかったです。
 
 
20161122_03
 
背景との関係にも苦労されていましたが、何度も調子を整えてこられたおかげで、
奥行きや、石膏の白さも感じ取れる所まで来られました。
 
 
20161122_04
 
熊谷さん難しいモチーフ大変お疲れさまでした。

講師個展開催ご案内

 

「永瀬武志個展開催」

20161120_01
 
20161120_02
 
 

渡辺会員さまの油彩画ご紹介

こんにちは講師の佐々木です。
渡辺会員の油彩画をご紹介します。
 
20161117_01
 
渡辺会員は教室に通われて今年の4月で3年になった会員さんです。油絵は模写も含めて10枚近く描かれています。この作品は以前、東京駅のステーションギャラリーで開催していたモランディ展を渡辺さんがご覧になって得たインスピレーションを元に、モチーフを組んでみました。
静かな世界観と光の様子がとても魅力的な作品になりましたね。ガラスの質感もそれぞれに描き分けられていて素晴らしいです。
渡辺さんは現在、小さめの作品に挑戦しています。そちらも完成が楽しみです。

福島会員さま風景画(油彩)ご紹介

 
こんにちは、講師の森です。
今回は福島会員の風景画を紹介します。
 
 
 
20161101_01
 
 
油彩で描かれた上高地の風景です。
爽やかな山の景色がよく表現されています。
 
この風景の場合、
画面中央の林がゴチャゴチャしていて難しいところですが、
木々の隙間の暗がりにしっかりと暗い色を塗ったおかげで、
林らしい、鬱蒼と生い茂った感じがよく出ています。
木を描くのに使われている緑色も、
黄緑や青っぽい緑、茶色に近いような緑色などなど
バリエーション豊富で、見ていて飽きません。
そしてなにより遠景の山脈が、
立体感がよく表現されていて迫力あります。
山に関しては、こちらがあまりアドバイスしなくても
自分で積極的に手を入れていたのが印象的でした。
 
福島さんは、油絵で風景を描くのがこれで2枚目です。
まだ分からない事がたくさんあると思うのですが、
分からなくても、「こうなんじゃないかな」と色々と試しながら
筆を動かしているところもよかったと思います。
その試行錯誤の筆さばきが、画面上で独特なタッチとして残っていて、
写真とはまた違う、味のある風景を描き出しています。
 
この調子で描いていきましょう!