特別企画講習『額装』を終えて

講師の三津です。
特別講習会「額装」参加者の会員皆さま、お忙しい中
ご参加いただき、ありがとうございました。
 
 
 
20160519_01
 
 
今回の企画ではサンプルの額(油彩額2個、デッサン額2個)、
コーナーサンプル等を作品ごとに合わせながら話を進めましたが、
コーナーサンプルの数が少なかったこと、
もっと会員さまのニーズに合わせたサンプル選びがあったのではと
反省点もありましたが、後から他講師から盛況だったと聞き、安心しております。
少しでも額選びの参考になったなら嬉しいです。
 
 
20160519_02
 
 
20160519_03
 
 
今回話した内容を大まかにまとめますと額を選ぶ際の注意点として
20160519_04
 
油絵(油彩)画用額
 
 
20160519_05
 
水彩画、パステル画、デッサン画用 シルバーカラー木製額
 
 
1 金縁、銀縁から選ぶのであれば暖色系が基調になっている絵には金縁、
寒色系が基調であれば銀縁 が合わせやすい
 
 
20160519_06
 
油絵(油彩)画用額
2 敬遠されがちな白額は合わせてみると意外に作品を選ばず合わせやすい。
 
 
20160519_07
 
水彩画、デッサン画、パステル画等に使用するナチュラル色の木製額
マットは白
 
 
3 作品の基調になる色(画面で一番多く使われている色)に近い色の額にすると
馴染み過ぎて緩慢になる事が多いので作品の中に潜んでいる色、
部分に使われている色で合わせると失敗が少ない。
 
4 結局合う合わないは作品に合わせないと判断出来ないので
面倒でも店頭に持っていき、合わせてみる事が大事。等が挙げられます。
 
参加されなかった会員みなさまも、上記の注意点を少し参考にして
額選びされると失敗も少なくなるかと思います。
最後に一番大事な事は自分の作品だからと言って適当な額を選ぶのではなく、
手間暇かけた自身の作品を大切に思って、妥協せずに額を選ぶ事かと思います。
当日は高岡校長先生と私、三津の他、新宿教室の堀込、谷川講師がサポートに
参加してくださいました。
 
6月の会員皆さまの作品発表会「楽々展」での作品額装にご参考下さい。

大石会員さまの石膏デッサン

こんにちは。
メッツ銀座絵画教室、金曜日担当の江口です。
 
今回はメッツ銀座校、金曜お昼クラスにいらして制作されている 
大石貴洋会員のデッサンを紹介いたします。
 
 
 
20160512_01
 
 
いつも見事だなあ…と思うのは持前のハイトーンな完成の色調です。
つい3Bの鉛筆ぐりぐりやってしまいたくなるようなところも、        
石膏の周りを手でなでているかのようなソフトタッチで                
光の空間から石膏像を掘り出しているような
そんな印象を受けます。とにかく柔らかいんです。                  
目で愛でるかんじでしょうか?
 
今回はトルソということで、見えない内部の骨や筋肉や力の入り具合も        
いろいろ重ねては試して今のところに落ち着きました。               
だいぶ人の体内の骨や筋肉の動きを理解できたように思います、           
その構造を読み取る一助になったのは面白いことに                 
窓辺の光の変化で影の付き具合が変わっていくからいろいろ気づけたのかな?     
と思います。
 
1時ごろの光と4時ごろの光って全然違うんですよね。
 
そのときのコンディションや季節を感じ制作していく時間を             
味わっていることがとても印象的です。
完成した作品もステキですが、その過ごし方が時間が                
これまたステキですね。
 
そんな時間をメッツで過ごしていただけると大変うれしいです。

千葉会員さま作品ご紹介

 
新宿校火曜日昼、銀座校日曜日朝昼、水曜日朝昼クラスを
担当しております講師の髙村です。
 
今回は、千葉会員さまの作品についてご紹介いたします。
千葉さまは今回からデッサンから油彩に進まれました。
デッサンのころから丁寧にトーンを重ねて
絵を進められておりましたのでスムーズに一枚目の油彩を
完成されたように感じます。

20160507_01
 
実はもうほとんど描き終えられていましたが、
ポーズをとっていただきました。
初めは慣れない道具および素材にご苦労も見えましたが、
描いていらっしゃる姿もすっかりお似合いのように思います。
 
 
20160507_02
 
さて、サインを入れられた完成作がこちらです。
それぞれのモチーフに注意を凝らして良く描き込まれ
質感の表現に成功なさったように感じ、また、
影の色の表現の鮮やかさを失わず工夫が認められます。
デッサンにおいて取り組まれてきた事と、
今回初めて触れられた油絵の具の特性とその色彩にたいして
果敢に実践なさったように思います。おつかれさまでした。
 
今後の作品に更に期待が高まりました。

小松会員さまの透明水彩画

 
こんにちは。
月曜日、火曜日クラスを担当しております講師の中田です。
小松会員さまの透明水彩画をご紹介いたします。
小松会員さまは長い間静物画を描いていて、あまり筆に水分を含ませず
描く独自の技術を確立してきました。
今回は、その方法で山と河の風景画を描いています。
 
 
 
20160501_01
 
 
小松会員様はこの作品を描く上で、何層も少量の絵の具を重ねていき、
透明水彩の透明感と油絵の重厚感を兼ね備えた表現に行きついています。
深い緑と水の透明感。
なによりそこに落とされた強い影にはただの風景を超えた、
深い精神性すら感じます。
独自の表現、独自の世界観を獲得するためには、道のりは困難でも、
自らが良いと思った手法をじっくりと熟成させていく必要があるのだなと、
改めて考えさせられました。