墨を使った表現 Ⅳ

月曜、土曜担当を担当しております講師の三津です。
先日もお伝えした「墨を使った表現」、土曜日の模様です。
 
 

 
筆の使い方によってどういう表現が出来るかを
指導している山本講師。
このように講習会では担当講師がデモンストレーションを
行いながら分かりやすく説明していきます。
 

 
葡萄の描き方を説明しています。
それでは会員さま方の作品紹介をさせていただきます。
 
 

藤波会員さま作品です。
 
擦れた炭、水をたっぷり使った墨、にじみ等
色々な技法を使うことで画面にリズムが生まれ、
遊び心のある作品になりました。
 
 

鈴木会員さま作品
 
デッサンにおいては輪郭線を描くことは
あまりお薦めはしていないのですが、
水墨画の世界では面白味の一つに見えてきますね。
 
 

上田会員さま作品
 
上田会員さまは普段じっくりと時間をかけて
油彩を制作されています。
なので、今回の講習会で短時間でモチーフの特徴をいかに
捉えるかを学んでいただけたと思います。
 
 

松原会員さま作品
 
短い時間の中で墨の濃淡、筆の動かし方など
しっかりと吸収され、完成度の高い作品が仕上がりました。
つたを描く時の筆を止めるリズムに
もっと抑揚が付いてくればもう一段、
気持ちのいい作品になりそうです。
 
 

田村会員さま作品
 
葡萄にも、人の顔にも見えてくるような、
なんとも不思議な作品です。
参考資料とは全く違う仕上がりですが、
個人的にとても好きな作品です。
もっとモチーフらしさを大事にするのであれば
葡萄の粒の大きさをそろえて、前後の重なりを
意識できればいいのですが、
こういう完成のあり方も大事にしていきましょう。
 
 

藤原会員さま作品
 
墨の素材の良さを存分に活かした、良い作品になりました。
素材をコントロールする所と遊ばせる部分の割合がお見事です。
今後も色々と企画授業を設けていきますので、
ご興味ある会員さまは奮ってご参加下さいね。

企画講習会「墨を使った表現」報告Ⅲ

銀座校で木曜、土曜を担当している山本です。
今回は木曜日に行われた「墨を使った表現」の企画授業をご紹介いたします。
この日は6名の会員さまに参加いただき、普段から水彩画を描いている方が多く、画用紙と半紙の水分を吸い込むスピードが速いことに驚かれていました。
 
感覚を掴むまで何枚も練習してから本番の半紙に描いてもらいます。
 
 

 
 

 
牛乳を使ったマスキング技法を紹介しました。
牛乳の油分が墨をはじきます。
実演指導は佐々木講師です。
 

 
 
完全にマスキングは出来ませんが、味わい深い表現ができます。
では会員さま方の作品を紹介します。
 
 

 
前田会員さま
 
薄墨と細い線の中に濃墨のアクセントが効いた絵に仕上がっていますね。
 
 

 
章会員さま
 
濃墨と淡墨の描き分け、にじみ、擦れが上手く描き分けられているので魅力ある一枚になっていますね。
 
 

 
栗原会員さま
 
葡萄の粒が沢山描かれていて面白い表現になっていますが、粒と粒の隙間が似てしまったので、後ろに回り込む多くの粒を薄墨で描き分けられたら良かったですね。
 
 

 
藤井会員さま
 
上部にある葉の表現が筆を押し付けて出来た 墨絵らしい表現となっていて、右下に空間を設けることで構図のバランスがとれています。
 
 

 
松岡会員さま
 
日頃から中国書道を習っている成果がでていますね。
描かれている墨と同時に余白までもが美しく見えます。
 
 

 
多田会員さま
 
大粒の葡萄が迫力ありますね。
つる、葉、粒の描き分けができると 更に良くなるでしょう。
 
 

 
制作終了後の作品講評
 
会員のみなさまのほとんどが墨絵初心者でしたが見応えのある作品が多くならびました。
次回の企画も墨を使うので、またみなさんにチャレンジしてもらいたいです。
指導担講師  山本、佐々木

企画講習会「墨を使った表現」報告Ⅱ

メッツ銀座絵画教室、月曜、土曜を担当している三津です。
先日行った企画授業、「墨を使った表現」の様子をご紹介したいと思います。
先ず、講師陣の参考作品の紹介です。
 
 

 
 

 
 

 
 
一口に墨の表現と言ってもそこには多様な表現方法があります。
一番上の作品のように物を簡略化して、線的に描いていく方法や、次の猿の作品のように墨の濃淡である程度デッサン的に見せていく事も出来ます。
 
下の葡萄の作品では墨の現象、偶然性も活かした描写がなされていますね。今回の講習会では、いつもの通り教室で作成しましたテキストを元に墨の特徴や描きかたの技法、注意点をレクチャーし葡萄を題材に描いていただきました。
 
月曜日の講習会での制作風景です。
講習会は通常受講制作と併用して行われます。
 

 

 

 
 
最初のうちは墨の濃淡、筆の扱い等に戸惑われた様子でしたがすぐに慣れ、色々な表現にチャレンジされていました。
 
それではご参加会員さまの作品をご紹介していきます。


 
江川会員さまの作品です。
 
墨の力強い表現が出来ていますね。
後方の薄墨が空間を感じさせますね。
 
 

 
荻野会員さまの作品です。
 
葉の表現に幅があります。
つたを描くことでもう少し要素を増やしても良かったかもしれません。
 
 

 
斉藤会員さまの作品です。

初めのうちはモチーフを描こう描こうとするあまり、いじり過ぎて説明的になっていましたが、この作品では筆致の勢いがそのまま葉っぱの表現になっていますね。
 
 

 
越智会員さまの作品
 
所々にじんでいたり、枝が途切れていたりしていますが、それも作品の良さになっていますね。
 
 

 
ミエコ会員さまの作品です。
 
葉脈の表現に個性が出ています。
同じ資料を見て描いても皆違う作品になるのは面白いですね。
 
 

 
金会員さまの作品です。
 
蔓の表現に遊びがあって良いですね。
このような表現をする場合、筆の勢いが肝心になります。
緊張すると出来ないおおらかな線が気持ち良く感じます。

企画講習会「 墨を使った表現 」

銀座校の日曜日及び水曜日担当講師の髙村です。
今回は先日行いました企画「墨を使った表現」についてご報告いたします。
今回は画面全体を意識した制作進行と墨という素材への習熟を意図して行いました。
墨に触れるのは小学校のお習字以来という会員さまもいらっしゃいまして、かすれや、にじみ、運筆の速さなど、最初戸惑われたご様子でした。
しかし、線だけを引く練習を経る事で少しづつ、思い切りのよい運筆やにじみやかすれなどの素材に依拠する特質を活かして作画する糸口を掴まれた印象を受けました。
 
 

 
また、筆の特質である含みや速度、入筆の角度などが否応なく工夫せざるを得ない状況から、自ずと筆という道具の持つ表現力へ理解が進みました。
 
 

 
 

 
 
今回の企画授業で吸収なさいました観点が、普段の制作に活かされるよう祈念いたしております。