福嶋会員 井上会員 作品紹介

メッツ銀座絵画教室、月曜、土曜を担当している三津です。
 
今回の作品紹介は福嶋会員様と井上会員様の油彩作品です。
お二人はデッサン作品をしっかりと習得してから油彩に移行していただいたので、一枚目からかなりクオリティーの高い作品に仕上がりました。
今、描かれている作品は2枚目になるのですが、すでに個々の方向性が見えてきていて面白いですね。
油彩は基本的には影色や奥の部分から描いていくことが多いです。
暗さを作り、層を重ねることにより画面に光を射していくようなイメージを持って頂けると分かりやすいかもしれませんね。
では作品を見ていきましょう。
 

こちらが井上会員様の一枚目の作品です。
 

こちらが福嶋会員様の作品です。
お二人とも当然初の油彩なので描きだしは完成のイメージとは違う絵具を重ねていくことに戸惑っていましたが、徐々に明るさを挿していくことで下に潜む絵具と上からの絵具がいかに反応するかが分かっていただけたと思います。
 
下の作品が今制作中の作品です。
 

井上会員様
白を基調にして品のある作品になりつつあります。
ランプの色味や回り込みが丁寧に描かれていますね。
ここから明るい中で下部の薔薇が描き込んでいけると一段と良くなると思います。
 

福嶋会員様
背景まで描くことで四角い画面をいかに構成していくかを意識していけていると思います。
寒色を中心に描き進めているのでここから効き色になる暖色の仕事が入ってくると強い画面になってくると思います。
 
一枚目の制作ですこし作業の流れ把握出来たと思います。
ここから制作を重ねるごとに自分の理想である作品に近付けていけるといいですね。

伊東会員さまのスケッチ帳

金曜担当講師の山田です。
前回、大石会員さまの石膏デッサンをご紹介いたしましたので、今回は伊藤会員さまのパステル画です。
伊東会員さまは毎回ご自宅で身のまわりのちょっとしたものをパステルで描いてこられます。
そんな日々のスケッチを一部ご紹介したいと思います。
 

ご近所の飛行船場にて。新年のメッセージ付きです。
 

 

クリスマスのイラストです。毎回日々の行事がもりこまれています。
 

洗濯バサミの構成作品。何気なく使っている日用品もモチーフにするといつもと違う新鮮な視点で捉えられて面白いものができます。
 

幼いころ住んでいた町の鳥瞰図。記憶とイメージで描かれた面白い一枚です。
 

F3号サイズのパステル帳で、もう3冊目になります。振り返ってみるとまた面白いです。
私や他の会員さまも今では毎回伊東会員さまのスケッチを楽しみにするようになりました。
皆さんも日記代わりに小さな画帳で日々のちょっとしたスケッチをするのもいかかでしょうか。