企画講習会「さざ波を描く」

こんにちは、月・土曜日を担当しております三津です。
水彩スケッチ企画講座「さざ波を描く」の授業内容を紹介させていただきます。
 
 
 

 
 
月曜日の授業風景です。
今回の企画の重点、注意点を説明している所です。
 
 
 

 
 
企画担当講師が作ったテキストを参考に制作を進めていきます。
 
 

 
こちら、講評の様子です。
それでは作品紹介をしていこうと思います。
 
 
 

こちら、松岡会員の作品です。
松岡会員は普段、油彩を制作していて、水彩での制作は今回が初めてになります。
水彩と油彩の大きな違いとして、明るい部分の出し方があります。
油彩の場合、(描き方にもよりますが、)明るい部分は
加筆して出していくのに対して、水彩の場合は初期段階の絵の具、
もしくは紙の白さを描き残して明るさを表現していきます。
こちらの作品は背景の色味が参考作品より多少鮮やかに描かれている事によって
幻想的な雰囲気を感じます。
 
 
 

江川会員の作品です。
勢いのあるタッチで描かれています。
ただ明暗の描き分け、物と物との関係性の描写がまだ未整理な感があります。
具体的に言うと人物の後ろの暗さをしっかり出す事で人物の中の
明るさを際立たせてあげられると良かったですね。
そのような事を覚えていけるともっと大胆な筆さばきで
制作が出来るようになると思います。
 
 
 

お次はミエコ会員の作品です。
人物の手元に画面の中に他にない鮮やかな黄色を入れる事で
自ずと鑑賞者の目をそこに誘導させてくれています。
作品の主役になる部分をいかに見せていくかが覚えられると
余計な部分をいじり過ぎずに済むので制作時間の短縮に繋がります。
 
 
 

こちらは夜間クラスの企画授業参加の金会員です。
 
 

そしてこちらが金会員の完成作品になります。
金会員は初めての水彩だったのですが、
そうとは感じられない出来栄えになりました。
初水彩でここまで完成度があがるとは僕も思いませんでした。
頑張りましたね。
 
 
 

曜日変わりまして、土曜日に参加いただいた篠田会員です。
 
 

篠田会員の作品です。
 
 
篠田会員は水彩歴が長く、短時間で手早く完成度を上げられています。
今回の企画で今後も意識していってほしいポイントとしては画面の中で
いかに描かない部分を作っていくかですかね。
水彩の場合、出だしに塗った絵の具を描き残す事で遠近を表現することが多いです。
上の作品の背景の仕事は出だしの仕事がそのまま残った状態です。
その分前景、主役にしっかりと仕事をすることで手前、奥の差を出していきます。
そこが理解出来ると手数少なく、完成度の高い作品が作れるようになります。
 
 
 

最後に佐伯会員です。
 
 

 
佐伯会員も初の水彩制作になりました。
今回の企画はかなり要素も多く、2時間半でやるには少し難易度の高い
ものだったと思います。
しかし、制作工程、時間の割り振りをしっかりと決め、
その時間がきたら否応なく次の工程に移るようにしていくと、
決まった時間のなかでの完成が見られると思います。
佐伯会員も途中経過、不安もあったとは思いますが、
初制作とは思えない作品に仕上がりました。一番手前の岩等、
もっと描き込むべき所はあると思いますが、
その分、一つ一つの仕事はとても丁寧でした。
今後、もう少し手慣れてきたら、
長期間制作する場合と短時間での制作で手を動かすスピード、
絵の具の表情にゆだねる部分等、色々と変化をつけていけると良いですね。
 
 
 

人物画コース

こんにちは講師の山本です今回は人物画コースで3回にわたって行われた
浴衣(セミヌード)女性をご紹介します。
一回目ではクロッキーで様々なポーズをとっていただき、
一番人気の高かったポーズで2回にわたって固定ポーズで行いました。
1回のみでの参加も多く、みなさん構図に悩みながらも後ろ姿のうなじから
肩にかけての肌の質感、浴衣の模様、上げて結った髪の艶などを描き
分けをされていました。
鏡を正面に置いたので、鏡像をうまく構図に取り入れている方もいらっしゃいました。
 
 
 

 
 
 
それでは描き上げました作品をご紹介いたします。
 
 

西川会員さま
初めての人物画コースご参加でしたが、髪の毛の黒色が効いていて
肌の白さが引き立っています。一回のみの参加でしたので時間があれば
更に良くなったでしょう。次回も頑張ってください。
 
 
 

佐野会員さま
油絵の具の擦れの重ねが上品にまとまっています。
着物の白い模様がアクセントとして効いてますが、
青色の塗り方が背景の色の作り方に比べて単調になってしまったのが少し残念でした。
後頭部の描き方は想像力が働き、少ない手数にかかわらず、
デッサン力の高さを感じさせますね。
 
 
 

黒野会員さま
形を追いかけるのに一生懸命さが伝わってきますが、
部分的に観察しているのが目立ちます。
正中線から重心の流れを捉えて左右の変化や頭身の比率を確認しながら
進められると良いですね。
 
 
 

沖野会員さま
顔の描き方が部分的になってしまいましたが、
濁りの無い色を使いこなしていますね。
特に肌の色はとても味わいがあります。
やり過ぎない程度のめやすを決めて、引き際を学んでいけると良いでしょう。
 
 
 

植田会員さま
後ろ向きの人物と鏡に映る正面の人物の描き分けていますね。
髪を結えて丸めている後頭部のうなじの描き込みと
肌の白の対比の強さのおかげで画面が引き締まって見えます。
練りゴムで抜いたハイライトがやや強くなってしまったので。
指やガーゼでやさしく馴染ませてあげるといいでしょう。
 
 
 

石井会員さま
後ろ方向からの横顔を水彩で描かれました。
顔の影が暗くなってしまいましたが補色を組み合わせて色味を抑えながら
進めようとしているのが伝わりますね。
今後も失敗から学ぶことを恐れず、がんばっていきましょう。
 
 
 

前田会員さま
初めて人物画コースの参加でしたが、積極的に鉛筆を走らせていました。
タッチが一方方向になってしまったのと、着物、皮膚、髪の毛の質感の
描き分けに気を配れたら更に良くなりますね。
 
 
 

山下会員さま
全身を入れた構図ですが、着物の模様、椅子、地面まで
きっちり描かれています。
人物画ですが人物の周りを描くことで絵の中の状況がしっかり伝わってきますね。
 
 
次回はアスリート男性クロッキーを行います。
骨格や筋肉の構造を学べる良い機会だと思いますので是非ご参加ください。
 
人物画コースは毎月第一日曜日PM4:30から新宿教室で開催します。
新宿教室、銀座教室の会員さま誰もが受講できますのでお気軽に
人物画を描いていただければと思います。
多くの会員さまのご参加をお待ちしております。
尚、銀座教室では企画講習で裸婦やクロッキーを描く事も予定しております。
人物画指導担当 山本講師、佐々木講師
 
 
 

絵筆の話

新宿教室で火曜日昼、銀座教室では9月から水曜日朝・昼、
日曜日朝・昼を担当する事になりました髙村です。
さて今回は、私の使っている筆の紹介などさせていただきます。
この夏から何人かの会員さまがデッサンを卒業され
水彩画や油彩(油絵)画に進まれました。
それに伴い筆に関する質問をお受けするきかいがなんどかありました。
筆のお手入れの方法や画材店で見かけられた変わった形の筆の用途など
色々な質問がありました。
個別の問題に関してはそれぞれお答えいたしますので気軽にお声かけ下さい。
 
 
 

 
 
ご質問の中で細部にはどんな筆が良いか聞かれる事がありました。
私は日本製の面相筆を使う事が多いです。
どんな筆でもある程度硬さのある弾力のあるものが好みで、
写真で手にしています面相筆はイタチの毛で出来ています。
もう随分酷使しているので穂先が広がってきてしまっていますね。
片付けの時には細く痛み易いのでほかのものと別にして洗っています。
 
 

 
 
よく用途を尋ねられるのがこのファンブラシでしょうか。
この筆は輪郭を暈かしたり、
グラデーションを滑らかに作る際に使っています。
そのため少し柔らかいタヌキの毛の物を使っています。
 
 

お気に入りの刷毛でもう十年近く使っています。
軸が手入れの悪さを表わしていてお恥ずかしいのですが、
毛はまだまだかえりも良く現役です。
羊の特に選ばれた毛で出来ています。
筆はそれぞれ個性もあり、それが画面に与える影響も少なくありません。
使ってみたいと思える筆にチャレンジしたり、好みの筆を見つけたり、
いつもの手入れをもう少し念入りに行う事で制作される作品に
もきっと変化が起こるはずです。
相談などお待ちしております。
 
 
10月中、新らたに水墨画・彩画コースが開講します。
新宿教室では私と谷川講師、森講師、銀座教室では
私と森講師が指導を担当させていただきます。
墨の濃淡を和筆を使用し柔らかに、あるいは鋭くリズミカルに
モノトーンで描く世界と、顔彩で清い淡さの色で描く彩画を会員みなさまに
ご指導させていただきます。
 
 
 

森講師ご紹介

こんにちは。はじめまして。
新しくメッツの講師になりました、森聡です。
 
 
 

 
 
初めてブログを書くので、簡単に自己紹介をしたいと思います。
 
私は美術大学で日本画を専攻していました。
卒業後、数年間を経たのち、イタリアのフィレンツェに留学しました。
イタリアには2年半いたのですが、そこで様々な体験をしてきました。
 
例えば、和紙についてです。
実は日本の和紙はイタリアでも有名で、大きな画材店に行けばちゃんと
和紙が売られていたりします。
この和紙、イタリアでは“カルタ・ディ・リーゾ”と呼ばれています。
直訳すると、“米でできた紙”という意味です。
ところが、和紙は米ではなく、楮などの植物を原料にして作られています。
一体何がどうして“米でできた紙”と呼ばれるようになったのか!?
日本画を学んだ私は最初、“カルタ・ディ・リーゾ”と言うのに抵抗があって、
あえて“カルタ・ジャッポネーゼ”(日本の紙)などと言っていたものですが、
あまり通じなかったので、最後には仕方なく
“カルタ・ディ・リーゾ”と言うようになっていました・・・
 
 

 
 
ちなみにこれはイタリアの画材店で売られていたスケッチブックです。
もちろん白色のスケッチブックもありましたが、
色彩感覚が日本人と全く違うことを痛感しました。
 
新人なので不手際もあるかもしれませんが、
何とぞよろしくお願いします。
 
森 聡
 
 
森講師の作品
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

江川会員さまの水彩画

月曜日、土曜日を担当しております講師の三津です。
今回も基礎デッサンを修了し水彩画を描いておられます
江川会員さまの作品をご紹介させていただきます。
 
 
 

 
 
 
一層目からしっかりモチーフを意識して、
固有色も大事にしながら層を重ねています。
モチーフを比較するとオーム貝が一番固有色が明るい物になりますので
繊細な色選び、水分量の調整が重要になります。
水彩での制作に置いて絵の具をどれだけ薄めるか、
筆に含まれる水分のどの程度にするかが上達のカギになりますので、
そこをしっかり意識して制作していきましょう。

マックラクラン会員さまの水彩画

月・土曜日を担当している講師の三津です。
 
今回はデッサン課程を経て、水彩コースに移行した
マックラクラン会員さまの作品を紹介したいと思います。
水彩は油彩と違い、いくらでも塗り重ねが出来るわけではないので、
絵の具を乗せる前の計画が大変重要になってきます。
特に明るい部分に関しては紙の白さを活かして描いて
いかなければならないので塗り重ねに限度があります。
白い絵の具を使えば良いのではと思われる方もいらっしゃると思いますが、
途中段階で白い絵の具を多用すると後から乗せた絵の具が濁ってしまい、
水彩の魅力が半減してしまう結果になります。
完成間際に最終調整として多少使っていく程度で良いかと思います。
 
 
それでは、作品を紹介していこうと思います。
 

 
 
 
一層目は絵の具を遊ばせて、偶然性を活かしつつ画面の流れを作り、
二層目以降にモチーフを意識した描写をしています。
玉葱の髭の部分等、明るい部分は最低限塗り残し、
絵の具が乗ってしまった部分は後から水筆で余計な絵の具を除去し、
明るさを取り戻しています。
ここから鮮やかさとしっかりとした暗さを入れていく事で
一気に完成度が高まっていくと思います。