企画講習会「水性木版で年賀状」を作る

今年も後わずかとなりましたが教室会員の皆にはお元気で腕をふるって制作の事と思います。
このたび佐竹講師が、来年の年賀状をオリジナル木版画で制作しませんかと、木版画の制作講習会を企画開催しましたのでここに紹介いたします。
 
=====
 
今日は、月曜日担当の佐竹です。
 
去る11月14日、月曜日午後クラスでは企画講座「水性木版で年賀状」を開催致しました。9名の会員の皆様にご参加いただけ、素晴らしい手作りの木版画年賀状が完成しました。
講座では、水性木版の制作方法について、プロセスを追って、道具の使い方、彫り方、摺り方など、デモンストレーションを交えてご紹介致しました。
はじめに、木版画の特性や歴史について、参考作品を紹介しながら理解を深めていただきました。年賀状の原画は教室で準備のイラストから、あるいはデザインをお持ちになられた会員様もいらっしゃいました。
 

右手前から安井会員、矢野会員、佐竹講師、左手前は田井会員、奥に槇峯会員、加藤会員です。導入では江戸時代の浮世絵から現代作家の作品まで、木版画をはじめ様々な版画を紹介しました。
 

いよいよ制作に入ります。木版画は版木に反転した像を彫らなければならないため、版木に、レイアウトを決めた原稿をラッカーシンナーで転写します。
 

転写が終わった版木を彫ってゆきます。彫刻刀の基本的な使い方を学んで、さっそく作業開始です。
 

田井会員の彫りの様子です。まずはアウトラインを彫ります。細かな作業ですが、ラインがとてもきれいに彫られています。
 

渡辺会員は北欧風のドラゴンのイラストです。版木を回転しながら巧みに彫り進めてゆきます。
 

斎藤会員は年賀状を毎年木版画で制作されているそうです。さすが作業も早く的確ですね。
 

アウトラインを彫った後、「さらい」と呼ばれる余分な箇所を削る作業に移ります。矢野会員のさらいの様子です。慣れるにつれ早く深く彫れるようになってきましたね。力強く、かつ丁寧です。
 

右手前から池野会員、上田会員、左手前は斎藤会員、奥に渡辺会員です。木版画の制作は彫る作業に大変に手間がかかりますが、皆様、新鮮な気持ちで夢中で制作されています。
 

加藤会員は余白の部分を細い丸刀で浅く削いでいます。彫り跡を活かした摺り上がりが期待されます。
 

槇峯会員の彫り終えた版木と原稿です。複雑なチャイニーズ・ドラゴンのイラストですが、頑張りました!とてもよく彫れていますね。版木の彫りが終え、いよいよ摺りに入ります。
 

木版画の摺りでは版木、紙ともに湿らせておくことが重要です。適度に水分を含んだ和紙は摺り込むことで、水彩絵の具を吸い上げ、染めにも似た効果があります。
摺りのデモンストレーションの様子です。摺りは手加減匙加減で多彩に変化します。中でも浮世絵に多く見られる「ぼかし摺り」は特徴的です。水性木版の真骨頂とでも呼ぶべき「一文字ぼかし」が使われています。
 

摺りには独特の道具を使います。版面に絵の具をのせる筆「はこび」、絵の具と糊を混ぜるための「丸刷毛」「手刷毛」、摺りは竹皮製の「ばれん」を用います。
それぞれ江戸時代から継承されてきた日本独自の道具です。槇峯会員の作業の様子です。はこびで絵の具を版面に置きます。3色のグラデーション「付合せぼかし」にチャレンジです。
 

安井会員は丸刷毛と手刷毛を使って、版面に水彩絵の具と糊を混ぜています。絵の具を版面へ均一にのばすこと、摺りの際にはきちんと見当に合わせて、紙をセットすることが重要になります
 

矢野会員はスポンジを使った「あてなしぼかし」。現代的な手法ですが、細かな色の変化に有効です。
 

矢野会員の完成作品です。繊細なグラデーションが美しい、「一版多色摺り」の水性木版画年賀状が仕上がりました。
 

田井会員の作品は空間がユニークです。「彫りぼかし」の空が、シュールレアリスムの絵画の様です。
 

安井会員は重ね摺りによって、ドラゴンの深い緑がよく出ています。赤のアクセントが効いていますね。
 

槇峯会員は様々なカラーバリエーションを作成されました。色違いの作品を多数作ることができるのも、版画の利点ですね。
 

加藤会員は背景の彫り跡の効果が活きています。淡い紫色と力強い彫りが木版ならではの表情を生み出していますね。
 

斎藤会員の作品は木目まできっちりと摺られています。摺りには、しっかりと圧力を加える潰し摺り「ベタ摺り」、水分の多い絵の具に、柔らかい圧力で摺る「ゴマ摺り」など、様々な手法があります。
木目を摺りとるには、強い圧力と少量の絵の具をのばすテクニックが必要ですが、とても巧みに仕上がりました。
 

上田会員は枚数も多く摺られました。淡く美しい潰し摺りです。画面の中心から少しずらした余白には、メッセージが書き込まれるとのこと。アイデアですね。
 

渡辺会員は刷毛で描くように彩色しています。筆致の勢いとグラデーションがとてもバランスよく配置されています。絵画的ですね。中央のオレンジも効果的です。
 

池野会員は木版画で摺った後、ご自身で用意されたゴム印で謹賀新年とバラのスタンプを入れました。
 

完成作品です。スタンプとの併用で構図も絶妙な素晴らしい作品となりました。落款も素敵です。きっと、いただいた方は大変喜ばれますね!初めての木版画講座でしたが、皆様、大変な集中力と持久力を持って、年賀状の制作に取り組まれました。贈り主の変わらず元気な様子をも伝えてくれる手作りの木版画年賀状。講座を終えて是非、ご自宅でもチャレンジしていただければと思います。
 
佐竹講師、山本講師

池田会員のパステル画

今日は火曜日を担当しております鷺です。
いよいよ今年も残りわずかとなって参りましたが、なささんいかがお過ごしでしょうか。
 
今回初めてブログを書くにあたって皆様にご紹介したい作品は池田会員のパステル画です。
池田会員の2枚目のパステル画ですが、画面の隅々にまで気を配った完成度の高い作品に仕上がりました。
 

  
パン、トマトの質感の違いはもちろん、オレンジのストライプ布にもしわや重なっている所に目を向けています。

しっかりとモチーフが置かれている状況を教えてくれる影も非常にきれいです。
 
パステル画2枚目でモチーフの固有色を作り出した色彩の感覚に目を惹かれます。
 
池田会員はいずれは油絵をやりたいそうですが、鉛筆デッサンからいきなり油絵に行く前にとパステル画を始められましたが、少しずつパステル画を柔らかいトーンに魅力を感じ始めております。
鉛筆デッサンで十分に力をつけたあとの1枚目のパステル画ではモチーフだけをパステル特有の質感や混色を楽しみながら制作しておりました。
現在4枚目のパステル画を制作しておりますが、モチーフは少しずつ難しくなっておりますが、それを楽しんでしまう池田会員の新しい作品を楽しみにしています。

武智会員の油彩画

こんにちは土曜日を担当しております安永です。
やっと秋深しの今日この頃となりましたが、みなさまどうお過ごしでしょうか。
 
本日は武智会員の油彩画をご紹介させて頂きます。
武智会員の天使の作品は油絵制作2枚目とは思えない完成度の高い仕上がりとなりました。
 

 
キューピッドが矢を射る姿が愛らしいですね。キューピッドの矢がどこの誰に放たれるのか、想像を掻き立てられます。
空と雲の形、明度もキューピッドを引き立たせる効果を与えています。
そして、紫色のグレーが雲の暗部やキューピッドの影の部分に上手く扱われているからでしょう。落ち着いたグレートーンでありながも明るい色彩感を感じさせる色遣いに驚かされます。
 
自分の絵を飾りたいとおっしゃっていた武智会員、絵は立派な額に納まり、部屋に飾ればとても素敵な空間になることでしょう。
 
武智会員は入会後、鉛筆デッサンを8枚描き、油絵をスタートされました。
 

鉛筆デッサンで十分に基礎力をつけたあと油絵をスタートされたので1枚目の静物画では形をデッサン的に捉え、絵具の混色を楽しみながら制作しておりました。
現在、制作中の3枚目の油彩画では、フランスの美術館を描いております。
作品ごとに明確なテーマを持ち、着実に進展してゆく武智会員、今後も上品で温かみのある作品を楽しみにしています。

栗山会員1枚目のデッサン

こんにちは
メッツ銀座校の山本です。
本日は入会4カ月目の栗山会員の作品をご紹介します。
体験デッサンを行い入会後、一枚目にワイン瓶を制作されました。
何度も消しゴムで描き直して納得いくまで鉛筆で描き込みを続け、約3ヵ月間かけてようやく完成させました。
枚数を重ねることも大切ですが1枚の絵で妥協せずに完成度を高めることはとても重要なことです。
 

栗山会員の制作風景、どこまでやり遂げるか緊張感を持ちながらも集中してモチーフと作品の違いを見極めていきます。
 
 
 
完成です。画用紙の表面に傷が残るほど描き込んでいます。一枚目とは思えない完成度の仕上がりですね。きっとワイン瓶のデッサンで多くのことを学んだことでしょう。
 
現在はより難易度の高いモチーフにチャレンジしています。じっくりと仕上げてさらなる完成作品を楽しみにしています。

セルベイラ・ビエンナーレ、レポート

こんにちは。月曜日担当の佐竹です。
今年の夏、私はポルトガル、セルベイラ・ビエンナーレ展、レジデンス・プログラム参加のため渡葡致しておりました。普段教室では会員の皆様にデッサンや油画の制作をお手伝いさせていただいておりますが、この場をお借りして、私のアーティスト活動と現地のルポをご紹介させていただきます。
 
本年で32回目を迎えるセルベイラ・ビエンナーレ展は、ポルトガル最大の国際芸術祭です。会場のセルベイラはポルトガル北部、スペインとの国境に位置します。ヨーロッパ諸国はもとより、中南米、アフリカ、アジアの各国から、絵画、彫刻、インスタレーション、ビデオアートなど様々な現代アートが集います。
 

セルベイラ城から教会を望む
 
夏から秋にかけて2ヶ月(7~9月)の会期中には、レジデンス・プログラム、ワークショップ、パフォーマンス、コンサートなどのイベントが催され、連日深夜まで賑わいます。
私はオープニング・セレモニー(7月)から1週間滞在し、現地制作をしてきました。
オープニング・セレモニーには大統領の会見もあり、メイン会場のフォーラムは大変な賑わいでした。ビエンナーレの展示構成は、キュレーター企画とコンクール部門にわかれており、キュレーター企画はそれぞれのコンセプトに則って、作家が招聘されます。コンクール部門は若手作家の登竜門として、各国から多くのアーティストがチャレンジしています。会場はセルベイラ町内の各所に点在し、ビーゴ(スペイン)、ポルトなど都市部にも設けられています。
 

オープニング・セレモニー
 

メイン会場、フォーラム内
 

コンクール部門(アンドレア、ポルトガル)
 

キュレーター企画(ガイオ、ブラジル)
 

パフォーマンス(ダニエラ、イタリア)
 
レジデンス・プログラムには各国から8名のアーティストが招聘され、共同のスタジオと宿、食事が提供されます。アーティストは順次入れ替わり、私の滞在時は4名のアーティストと共同で過ごしました。レジデンス・アーティストの他に、パフォーマンス・アーティストも宿泊し、親交を深めました。ポルトガルのアーティスト、マリアとウーゴ、ポルト大学生二人による「Eco Performance」は本展に出展のアーティストの名前を読み上げ、タイプするといったものです。二人には私の制作のモデルを了解してもらいました。私は滞在中にこの写真をもとにした木版画を制作しました。
 

パフォーマンス(マリアとウーゴ、ポルトガル)
 
スペインのアーティスト、イライラは、フォーラム壁面に36時間かけて壁画を描き、来場者は次々と絵が変わっていく様子をみることができます。描き出しは鳥の絵でしたが最後は牛になっていて非常にユーモラスで力強い作品でした。
 

パフォーマンス(イライラ、スペイン)
 
滞在したレジデンス・スタジオは会期中、見学自由で色々な訪問客が訪れます。
 

アーティスト・ハウス(レジデンス・スタジオ)
 
レジデンス・アーティスト、ブラジルのパウラは現地でインスピレーションを得た小説を書き、それらを編んだインスタレーションを作成しました。プロセス・アートと呼ばれる手法で、来訪者は設置された文字を読むことで能動的に作品に参加することができます。
 

レジデンス・アーティスト(パウラ、ブラジル)
 
スペインのノリアはインターネットと現地取材の両面から架空の地図を作成し、順路を辿った道を描きます。木版に彫り、空刷り(エンボス・プリント)した作品を制作しました。
 

レジデンス・アーティスト(ノリア、スペイン)
 
私はマリアとウーゴに贈る小さな木版画を作りました。制作には日本の伝統的な浮世絵の技法(水性木版)を採用しました。細かな彫刻刀を使って版木を彫り、和紙に水彩をバレンで摺りこむ独特の手法は、訪問客にとって珍しく、好評でした。
 

制作の様子(版木の彫り)
 

完成作品(水性多色摺り木版画)
 
ノリアも強く関心を持ち、来年春には奨学金を得て、日本の私のスタジオへ木版画研修のため滞在することが決まりました。こういった偶然の出会いがアートで繋がってゆく様は、何とも不思議で嬉しく思います。私も来年秋には再度渡葡し、古都ポルトでのグループ展を計画しています。私達はアートを通じてささやかで、小さな橋を渡しているのだと思います。
 

丘の上のレストランにて
 
 
佐竹宏樹記