深津会員さまの鉛筆画

こんにちは。火曜日担当講師の中田です。今回は深津会員さまの鉛筆画2点をご紹介い
たします。
 
 
 

 
 
深津会員さまはこれまで静物デッサンを描いていましたが、今回の作品2点は風景に
挑戦されました。風景を鉛筆で描くのは中々根気がいる作業なのですが、建物の質感
と背景の木々、水の映り込みなどを見事に描き分けています。
 
 
 

 
 
2枚目は自然をモチーフとしていて、人工物がない分、描きどころが見つけづらい風
景です。しかし、深津会員さまは落ち着いて山や木々、水面を色味の調和を崩さずに
描き上げています。風景は情報量が多いため、どこを描いていいのか、またどこまで
描けばいいのかが悩みどころですが、深津会員さまはそのあたりがすでによく見えて
いるように思います。
 
これからの作品も楽しみにしております。
 
 
 

渡辺(恵)会員さまの制作活動

こんにちは。メッツ銀座絵画教室、月曜と木曜担当の高岡です。
今回は、渡辺恵民会員さまの油画制作風景をご紹介します。
 
 
 

 
 
チェロを弾く男性を制作しています。はじめは写真を見て、写実
に近いものを描いていました。しかし途中で渡辺会員の作品に対
するイメージが変わり、現在のようなカラフルで人の形が具体的
にない、抽象的な作品になっています。
 
 
 

 
 
背景の描写が音楽を彷彿とさせるような賑やかさがあらわれてい
ます。作品の中で、人物の目や鼻などといった具体的な説明はし
ていませんが、人物の資料などもきちんと参考にしながら筆を動
かしています。
 
また、細い線は筆ではなく細い棒で制作をしています、渡辺会員
は柔軟に色々な素材を工夫しながら使用します。まだ制作途中で
すが、音楽が聞こえてくるような作品になってきていると思いま
す。完成が楽しみです。