第15回楽々展

教室会員皆さまの作品発表会「楽々展」も今回で15回の
節目を迎えることになりました。
これもひとえに会員皆さまのおかげと、高岡教室校長を始め、
講師、スタッフ一同感謝しております。
15回目も多くの素晴らしい作品を展示できました事、
重ねて感謝申し上げます。
 
それでは、第15回目のメッツ大賞、校長賞、入選作品と
作品表彰式、出展作品講評と懇親会の様子をご紹介いたします。
 
 
 
20150618_01
 
 
20150618_02
 
メッツ大賞受賞は銀座教室の永山会員さま
 
 
20150618_03
 
題名: 緑への誘い
    油彩画 F15号
 
 
 
20150618_04
 
校長賞2点のうち1点受賞の新宿教室の佐藤会員さま
 
 
20150618_05
 
題名: 午後の八王子駅前
    水彩画 F8号
 
 
20150618_06
 
校長賞2点のうちの1点は銀座教室の谷口会員さま
 
 
20150618_07
 
題名: 蓮とピエロ
    油彩画 F10号
 
 
 
20150618_08
 
入選作品と作者の飯島会員さま 新宿教室
 
 
 
20150618_09
 
題名: 6月のマカオ
    油彩画 F10号
 
 
 
20150618_10
 
入選作品と作者の田中健太郎会員さま 銀座教室
 
 
20150618_11
 
題名: Image
    油彩画 F8号
 
 
 
20150618_12
 
入選作品と作者の本橋会員さま 新宿教室
 
 
20150618_13
 
題名: 二十歳の肖像
    油彩画 F6号
 
 
 
20150618_14
 
入選作品と作者の谷口会員さま 新宿教室
 
 
20150618_15
 
題名: Beer bar in Ghent
    アクリル画 F6号
 
 
 
20150618_16
 
高岡校長先生から入選表彰を受ける銀座教室の甲原会員さま
 
 
20150618_17
 
題名: 石膏のやぎ、ゆりと木
    油彩画 P12号
 
 
 
20150618_18
 
入選作品 題名: 秋
         水彩画 F6号
作者 福島会員 銀座教室
 
 
 
20150618_19
 
入選作品 題名: 悪魔退散
         鉛筆デッサン F6号
作者 熊谷(栄)会員 新宿教室
 
 
 
作品講評
授賞式では毎回受賞作品を始め、出品会員さま作品を1点1点丁寧に
高岡校長が講評なさり会員さまの労をねぎらい次への制作の参考にして頂く
のがこの展覧会のいま一つの重要な役割です。
 
 
20150618_20
受賞作品での講評風景
 
 
20150618_21
会場内展示の作品の前で講評希望会員さまの作品講評
 
 
20150618_22
色々な作品の講評を聞くのは、ご自身の制作進行や構想に大変役立つものです。
 
 
20150618_23
 
 
20150618_24
ご自身の制作意図や描いての苦労などお話しして頂ければ
次の作品制作への、よきアドバイスが出来ます。
20150618_25
 
 
 

楽々展懇親会

 
表彰式、作品講評終了後場所を教室に移して懇親会を開催いたしました。
懇親会ではふだん新宿教室、銀座教室と分かれて制作に専念されておられます
それぞれの会員さまがお互い共通の制作悩みや話題を語り合う良い機会で
大変盛り上がりました。
 
20150618_26
高岡校長先生の音頭で皆さま乾杯 
 
 
20150618_27
 
 
20150618_28
教室での開催なので他の人たちに迷惑というようなこともなく
会員皆さまとてもリラックスなさっての飲食でした。
 
 
20150618_29
 
 
20150618_30
 
 
20150618_31
 
 
20150618_32
 
 
20150618_33
 
 
20150618_34
 
 
20150618_35
 
 
20150618_36
 
 
20150618_37
 
 
次回は出品作品をご紹介いたします。

第15回楽々展

今年も会員皆さまの作品発表会が
6月13日金曜日から15日月曜日まで
全労済会館・スペース・ゼロ ギャラリーで開催します。

20150611_01
昨年第14回楽々展会場での高岡校長先生の作品講評の様子です。
 
 
20150611_02
 
 
会員皆さま始め、ご家族お友達多数のご来場を講師、スタッフ一同
お待ちしております。
作品表彰式・作品講評は13日土曜日PM3:00から行います。

平野一美会員さまのデッサンご紹介

会員の皆さまこんにちは。
金曜昼クラスを担当しております講師の江口です。
なかなか暑い五月となりました。
熱中症に早くも気をつけねばなりませんね。
今回ご紹介するのは昨年末からデッサンを始められた
平野一美会員さまの作品です。
 
 

 
 
今までもちらちらと拝見しておりましたが、今回の作品は質感や描き込みが
大変すばらしく出来上がりました。
銀色のコップの丸みを出しながらも映りこんだ感じや硬さ、
それに対してくるみは固いのですが自然物の柔らかさを感じるほど
よい質感と細かなハッチングによる描き込みが大変すばらしいです。
また、画面全体で絵として布をふわっと周りの空気を描くように
端の白に溶け込んでいく感じも気持ちよい空気感がでていて大変好感がもてます。

今回の絵はまわりの空間が多めでそこに空間や雰囲気を出すのは
難しいハイトーンの色調が必要になります。
なかなかよい伸びを見せてきましたので、
今後もいろいろなモチーフや背景のあるものにチャレンジして皆さんの
目を楽しませてください!!