2011年7月2日(土) メッツ絵画教室とメッツ銀座絵画教室合同スケッチ大会(木場公園)スケッチ作品ご紹介


メッツ絵画教室主任講師の小屋です。それではお待ちかね、7月2日(土) メッツ絵画教室とメッツ銀座絵画教室合同スケッチ大会(木場公園)のスケッチ作品(新宿校の会員様)をご紹介します。まずは合川会員のパステル画です。色彩がとても自由で、作者は色の中で遊んでいるようですね。ふわっとした風景の空間も魅力的です。木の表現もパステルの素材感を大切に制作しました。シニャックのような空の表現、流石です!
 

藤崎会員の水彩&ペン画です。橋が堂々と入っていますね。今回のスケッチの課題は、画面にこの「木場大橋」を必ず入れるというものです。遊んだり走ったりしている人物の表現が面白いです。
 

ジム・マリアンスキー会員の水彩画です。透明感にあふれる色彩が美しいですね。右下のベンチに座った人物も魅力的です。マリアンスキー会員は木の下で描かれていて、鳥が画面に木の実を落とした跡があるそうです(右下の点など)。
 

亀尾会員の水彩画です。空の表現が面白いと思います。やや曇りの感じが出ていますね。橋を大胆に、全部入れたダイレクトな構図です。
 

本橋会員の水彩画です。全体に手が入って見応えのある作品になりましたね。水彩絵具のデリケートな塗り重ねで葉っぱ等を表現しました。橋の奥行きも綺麗に出ました。
 

黒瀬会員の水彩画です。樹木をしっかり描いたので説得力のある風景画になりました。ベンチに座るカップルも、ここが公園であることを示してくれています。
 

大澤会員の水彩画です。風景の中から必要な所だけ取り出して描いたような、デッサン力を感じます。並んだ街灯の色に工夫があればさらに絵的に面白くなるでしょう。
 

寺井会員の水彩画です。近景-中景-遠景の関係を上手く捉えた作品です。近景の石畳がとても魅力的です。
 

佐藤会員の水彩画です。橋を真ん中に配置した大胆な構図です。グレーの色幅も出ましたね。右側の街灯の直線要素と左側の葉っぱの形が面白いバランスを生んでいます。
 

鈴木会員の水彩作品はまるで童心に帰ったような魅力がありますね!大きな風景空間を感じられたんだなと思わせてくれます。
 

種岡会員はアクリル画で2枚描かれました。こちら1作目です。公園の風景だけでなく自転車の人や犬の散歩の人や、その場の情景が伝わりますね。
 

種岡会員の2作目です。橋を中央に入れて雄大な感じを出しました。空の青と樹木の緑が綺麗ですね!
 

洲合会員も鉛筆デッサンで2枚描かれました。まずは縦構図で橋の高さを表現します。自然な奥行きを感じますね。
 

もう1枚は横構図で、橋に至る階段を画面に対して斜めにする構図です。小さいスケッチブックですが、その構図のために雄大さが出ました。右側の大木が遠近感を出す要素になっています。
 
暑い日でしたがご参加の皆様、充実した作品が仕上がって本当に良かったと思います。また次回のスケッチ企画もよろしくお願いします!

田村会員・デッサン作品のご紹介

こんにちは。メッツ銀座絵画教室、土曜日担当講師の安永です。
 
今回は、昨年8月の銀座校オープン時から通われている、田村会員の作品と成長の軌跡をご紹介致します。
田村会員は約1年の受講期間中、ご自身のペースを乱すことなく黙々とデッサンに取り組んできました。
 
その姿勢には頭の下がる思いです。
 

まずはかなり初期に描いた「相関体」
良く描けていますが、すこし台とモチーフの関係が不安定な印象がありますね。
描き込も今と比べると淡白に感じられるかもしれません。
 

「ブリキと木の象」の作品
この頃になるとグンと描写力が付いてきました。木の質感がとても良く描かれています。
ブリキの質感がもう少し出るとさらに完成度が増したことでしょう。
 

こちらは最近描いた「ニンニクと唐辛子と木」の作品
一年足らずで見違えるような進歩です。鉛筆の調子の幅が増え、個々のモチーフの色の差、
明暗の差をデリケートに描き出すことが出来るようになりました。
 

台とモチーフの関係もスムーズになり、卓上のモチーフ全体を一つの繋がりとして
捉えることが出来るようになってきまいた。

 

細部の描きこみも密度が出てきました。
 
このように様々なモチーフ描き、ついに先日、石膏像のメディチにチャレンジしました。

 

一心不乱にメディチ像に向かう田村会員です。
 
やはり今までのモチーフとは違い石膏像は形の狂いがとても目立ちやすいモチーフです。
田村会員もはじめの描き出しは形を捉えるのに苦労されていましたがデスケルなどを利用し
根気強く徐々に形の狂いを修正していきました。
そして完成したメディチ像です。
初めて描いた石膏とは思えない、隅々にまで丁寧に描きこまれたデッサンですね。
田村会員はゆくゆく水彩画を学びたいと仰っており、
デッサンで培った形や空間に対する意識が水彩画を描くにあたっても活かされてゆくことでしょう。
田村会員の水彩画が今から楽しみです。

企画講習・人体クロッキー開催のご案内


大平会員作品(新宿)

残間会員作品(新宿)

岡野会員作品(新宿)

 
月曜日を担当しております講師の佐竹です。
8月22日第4週目の月曜日に、女性ヌードモデルのクロッキーを描く企画講習会を行います。
月曜日においで頂いております会員さまはもちろん
他の曜日においで頂いております会員さまにもふるってご参加頂きたいと思っております。
内容は下記の通りです。
 
定員 10名さま迄
時間 PM2:00~PM4:30
費用 受講1回分+企画・モデル料金2100円

高松会員の水彩画

こんにちは土曜日を担当しております山本です。
本日は高松会員の水彩画をご紹介します。

高松会員は旅先で撮影した風景を元に水彩画を1日かけて制作しています。
午前午後を合わせた2コマの授業内で作品を完成させる方法を行っており、
午前中で下描きと下塗りをし、昼食の間、絵を乾燥させ、午後で着彩による描き込みをして仕上げ、効率よく作品数を増やしています。
メッツ銀座絵画教室は曜日や時間を自分のスケジュールに合わせて予約することができ、追加や月ごとに回数を変更することも可能です。
高松会員は金曜日の夜間は油彩を制作し、趣味のダイビングの無い日は当日の朝、電話で予約を入れてから来校しています。
 

高松会員の目標は旅先で訪れた景色を夜にホテルの部屋で絵を描いて過ごしたいと話していました。
旅先で限られた時間内で効率よく仕上げる為には少ない手数で完成度を高めていかなくてはなりません。制約がある分、集中力が高まり一筆一筆に説得力が生まれます。
 

エジプト
砂漠の色にこだわりました。空の青とのコントラストがきれいです。
 

ギリシャ サントリーニ島
淡い着彩から日差しの強さが伝わってきます。画面の上が海という階段から見下ろした構図が面白いです。
 

フランス モンサンミッシェル
冬の雨空のフランスが控えめな描写と色調で上品に描かれています。手前右の白線の縦ラインと空の青の横ラインが効いてとても良い構図となりました。
 

ミクロネシア 南洋ザクラ
花を接写して撮影しているので画面上のピントがぼけ、奥行きのある構図になっています。花が平面的になってしまいましたが重ねによる深い色がでています。
 

伊豆 ハナダイ(メス)
バックの筆跡が効果的で鮮やかな魚の動きが伝わってきます。さすがスキューバーダイビングをされているので魚の描写が素晴らしいです。
 

沖縄 グスク
奥にある海の彩度が強く、空間が平面的になってしまったのが残念ですが、積み重なる岩が丁寧に描かれており、グレーの混色がとてもきれいです。
 

ツールド宮古島

アスファルトのグレー、木の緑、空の青の色面のリズムがとても良く、絵を見ているとレースをしているような気分になってきます。手前左の看板が効いており、完成度の高い作品に仕上がっています。

現在も高松会員はアイデアが尽きることなく新たな手法に取り組み制作しております。
今後も教室で新たな手法に取り組みながら世界中の旅先で様々な文化にふれ、多くの風景が増えていくことを楽しみにしています。

2011年7月2日(土) メッツ絵画教室とメッツ銀座絵画教室合同スケッチ大会と美術館見学・木場公園と東京都現代美術館


メッツ絵画教室主任講師の小屋です。初夏の7月2日、メッツ絵画教室とメッツ銀座絵画教室合同企画としまして、「スケッチ大会と美術館見学・木場公園と東京都現代美術館」を行いました。新宿校・銀座校合わせて総勢19名の会員様がご参加になり、大変盛り上がった会となりました。引率は小屋・山本・安永の3講師でさせて頂きました。木場公園をバックに記念撮影です。みなさんやる気満々の笑顔ですね!
 

本日は、この橋(木場公園大橋)を必ず入れる構図で描くのが課題です。素材はデッサン・水彩・パステルと様々です。集合の後、早速制作を開始して頂きました。
 

構図を練る大澤さんです。「今日は暑いけれど頑張ります!」と張り切っておられました。
 

本橋会員です。野外スケッチ道具も完璧に揃えられてやる気満々ですね!
 

マリアンスキー会員です。日頃の水彩画研究のテクニックを生かして風景画に挑戦です。
 

合川会員はパステルで制作です。どんな画材でも使いこなせる力量があります。
 

洲合会員は気持ちよく鉛筆を走らせていました。さわやかな風を受けながら
 

ご自宅がお近くの種岡会員は自転車で来られました。そのサドルを台にして描かれるのがカッコイイです!
 

黒瀬会員です。普段の油彩画の風景の力を水彩でも発揮します!
 

にこやか笑顔の藤崎会員です。暑い中頑張りました!
 

加藤会員です。とても描きやすい水彩紙をご購入され、しっかりと構図を取っていきます。
 

大草会員はその力強いデッサン力で風景もこなされていました。バランスの良い構図です。
 


寺井会員です。ゆったりと描き始められました。構図を熟考されています。
 


高橋会員です。大きな空間の微妙な流れも見逃さない気持ちを感じます。
 


銀座校の篠田会員です。普段も水彩画を描かれています。とても手際がいいです。
 


銀座校の栗山会員です。新人さんですが積極的にイベントに参加して下さいます。
 


銀座校の児玉会員です。昨年の上野動物園のスケッチ会にもご参加頂きました。
 

傘で日よけをしながらの制作です。とても楽しそうですね!
 

漆畑会員(左)に構図の指導をする安永講師です(右)。
 


スケッチ大会のもう1つの楽しみはみんなで食べるランチです。とても楽しそうですね!手前左から、藤崎会員・洲合会員・本橋会員・合川会員・加藤会員・大澤会員・黒瀬会員・寺井会員のみなさんです。自然の中、お昼ご飯も美味しいです。
 

左から、種岡会員・マリアンスキー会員ご夫妻・漆畑会員です。
 

左から、高橋会員・児玉会員・栗山会員・安永講師です。
 

左から、山本講師・鈴木会員です。
 

こちらは加藤会員の差し入れ・お手製のスペアリブです。皆で頂きました。すごくコクがあって味が深くて、美味しかったです。みなさんも「美味しいーー!」と絶賛されていました。ご馳走様でした!
 

さあランチの後は午後の制作です。お天気も曇りで、強い日差しも無くてよかったです。しっかりと絵具をのせていく大澤会員です。
 

今日中に形にしたいと頑張る高橋会員(左)を応援する安永講師(中)と山本講師(右)です。
 

鈴木会員(左)に風景描写のポイントを説明加筆する山本講師です(右)。
 

マリアンスキー会員・出来てきましたね!柔らかいトーンが空間の大きさを感じさせます。手前右のベンチの人物もとてもいいアクセントになっています。木の下で描かれていたので、鳥がいろいろな種を画面に落とすそうです(笑)。
 

合川会員も出来てきましたね!柔らかいパステルの空間です。少し定着液で定着させながら描いていってもいいですね。
 

本橋会員上手くなりましたね!橋の自然な奥行きが出ています。緑色にも幅があって、新緑の雰囲気が綺麗ですね。
 

加藤会員も丁寧に大胆に描いています。水彩紙の目を利用したカスレが効果的です。
 

藤崎会員も面白くて大胆な構図です。人物を一筆書きチックに入れた所など、発想の豊かさを感じますね。

 

佐藤会員の描き出しです。鉛筆の線が丁寧です。
 

ベンチを利用して描く亀尾会員(左)と篠田会員(右)。集中しています!
 

いよいよ時間も迫ってきました。細部指導をする安永講師(左)です。会員様の目も真剣ですね。
 

少し離れて画面をチェックする本橋会員(中)です。「次はどこに色を乗せようかな・・・」
 

種岡会員は2枚目に突入していました。手が早いです。
 

洲合会員も黙々と集中して描かれています。近景の花と遠景の橋を、中景の樹木をつなぎとして描くという高度な作品です。
 

じっくりと柔らかい色使いで空気を描く亀尾会員です。丁寧で好感の持てる仕事です。
 

ポイントを押さえた魅力的な進め方ですね。緑色に幅があって心地いいです。
 

このように、最終的にはかなり密度のある作品が揃いました。完成作品はまた、このブログでご紹介したいと思います。
 

さて、スケッチの後は木場公園に隣接する東京都現代美術館に移動して、美術館見学会になりました。ホールでの記念撮影です。常設展を講師の解説の元に見学いたしました。現代美術館常設展では只今かなり刺激的な現代アートを「サイレント・ナレーター(それぞれのものがたり)」というテーマで展示しています。美術の幅を広げすぎるのには問題があるとは思いますが、会員皆様は今まで見たことのない世界に触れて驚かれた様子でした。その後は現地解散となりましたが、まだ元気のある会員様たちは企画展のフレデリック・バック展もご覧になられたようです。午前・午後にわたるスケッチ、みんなでのランチ、そしてミュージアム見学と盛りだくさんな企画の1日でしたね。ご参加の会員様本当にお疲れ様でした。ありがとうございました!これからもメッツ絵画教室では毎月スケッチ会を各講師が企画していますので、またのご参加よろしくお願い申し上げます。