モチーフ・キヤンティ(瓶)を描きませんか


 
キヤンティ瓶はガラスの質感と、乾燥した草の自然な質感が合体したパッケージ瓶のモチーフです。
デッサンで描くには2種類の全く異なった質感を把握しその特長を十分観察して頂きデッサン鉛筆の3B~2Hまでをその質感に合わせ描いいただきます。
姉妹校のメッツ絵画教室・新宿教室でも多くの会員さまがその特長をしっかり捉えて描いております。
デッサンで十分特長を捉えましたら、他のモチーフをたして描いてみてもよいのではないでしょうか。
 
デッサンで描いた新宿教室会員作品



 
キヤンティ瓶に他のモチーフをたして水彩画で描いた新宿教室の会員作品

 
事務局

小屋主任講師個展のご案内

小屋主任講師が定期的に開催します個展が、画廊宮坂で今年も12月6日月曜日~11日土曜日迄行われます。
画廊宮坂での作品は多色を用いての作品が中心で同じく小屋主任講師が定期的に個展を開催しますOギャラリーの黒を中心としたニュトラルの作品とはまた異なった作風でとても見ごたえのある作品を発表してくれます。
皆さまには是非一度ご覧いただければ幸いです。
 
事務局
 

画廊宮坂
中央区銀座7-12-5 銀星ビル4階
Tel 03-3546-0343
開催時間
AM11:00~PM6:00 最終日PM5:00迄

2010.11.7(日) 上野動物園で象を描こう


メッツ絵画教室主任講師の小屋です。11月7日の日曜日、みんなで教室を飛び出して上野動物園まで象のスケッチに行きました。新宿校と銀座校の共同企画です。象と言えばタイ!ということで、まずはアジアゾウの近くの「タイ風東屋」にて記念撮影です!
 

お天気にも恵まれ、とても楽しい1日でした。みなさんの笑顔が素敵ですね。
 

まずは、アジアゾウのスケッチからです。丁寧に観察していきます。「とっても可愛いですね」と、松本会員(右)の感想でした。藤崎会員(左)は、まずデジカメで撮影して構図を決めている所です。
 

「象をこんなによーく見たことはありませんでした」と合川会員はお話してくれました。

 

「象のイメージが変わりました!かっこいいですね!」と沖野会員です。
 

「象さんってじっとしているのかと思ったら意外とよく動きますね(笑)」と、洲合会員は素早く鉛筆を動かします。
 

松本会員は色々な角度から象をクロッキーします。画面いっぱいに元気いっぱいに描いています!
 

「大人の象なのに、なんだか可愛くなってしまいました・・・」と大平会員です。確かに小象のような雰囲気ですね(笑)。
 

ランチは動物園内の食堂で食べました。お弁当を持ってこられた方、食堂でオーダーした方、と色々でした。
 

みなさん美しいですね!華やかなテーブルです!
 

宮元会員(右下)はお手製の巻き寿司をいっぱい作って来て下さいました。ご馳走様でした!
 

銀座校からは、児玉会員がご参加です。ありがとうございます。
 

最後は、ご参加の皆さんで作品鑑賞会となりました。今日一日、お疲れ様でした!
 
今回の作品の「講評会」は11月14日(日)午後4時30分より、新宿校で開催します。まだ描き足りない方は講評会の日までにクロッキーや写真を元に仕上げておいて下さいね。よろしくお願いします!