線画で花を描く

メッツ銀座絵画教室、月曜、土曜担当の三津です。
今回のブログでは先月開催した、企画講座「線描で花を描く」の
様子をお伝えします。
 
まず、先日のブログにて森講師がお伝えした今回の企画の趣旨を紹介します。
「線は絵を描くうえで最もシンプルで身近な表現方法だと思います
特に、植物や花を詳しく描くのに線描は相性が良く、
普段なにげなく見ている花弁や葉の形なども、
改めて観察してみると、複雑な形をしていたり、
美しい曲線になっていたりすることに気が付きます。
普段の鉛筆デッサンでは、立体感を出すために鉛筆の色を付けるように
言われることが多いと思いますが、あえて線を主体にして描いてみると、
一本の線を引くのにも、しっかりとモチーフを見ないと
なかなか上手くいかないことに驚くかもしれません。
水彩画を描いていらっしゃる方も、この機会に、着彩前のデッサンを
見直してみると良いかと思います。
 
上記のとおり、今回は物(モチーフ)をしっかり観察することで見えてくる情報、
特性が作品に表れると良いなあと思いながら指導させていただきました。
普段の授業では花を描く場合は造花を使っているのですがやはり生花は
細部まで見ていくと面白い情報がたくさんありますね。
 
 
20160826_01
 
こちら授業風景
皆さん、食い入るように薔薇を観察されていました。
 
 
20160826_02
こちら江川会員の作品 
 
花びら一枚一枚、薔薇の葉の特徴も良く捉えられています。
手で待って近距離で観察していたので花弁の向きと葉の向きに少し
違和感がありますが今回の主旨である徹底した観察はしっかりできています。
 
 
20160826_03
小松会員の作品です。 
 
花の額の部分、葉の根元が細かに観察出来ていますね。
小松会員は普段水彩をじっくりと時間をかけて制作しています。
こういった企画に参加されて時間制約がある中で描くことで
新しい発見が出来ると良いですね。 
 
 
20160826_04
安井会員の作品です。 
 
花弁の柔らかさ、薔薇の花の特徴が良く捉えられています。
今回は水彩を3層ほど重ねて濃淡を出しているのですが
一層一層丁寧のかさねることで黄色の色幅がとても綺麗ですね。
葉っぱに関してももう一二層重ねられれば良かったですね
 
 
20160826_05
荻野会員の作品です。
 
葉を描く場合左右に伸びる葉は描き易いのですが、
手前奥に伸びてくる物や裏返った葉を描写する事はなかなか難しいです。
しかしそういった所が描けると絵の強度はしっかり出てきます。
今回の作品では花も良いのですが葉の少しくたった感じや
上記の表現が良く出来ています。
 
 
20160826_06
最後にマックラクラン会員の作品です。
 
こちらの作品も花びらの柔らかさが良く出ていますね。
花弁の中心部分はもう少し描き込んでも良かったとは思いますが
下を向いた2枚の花弁がとくにいいです。
 
全員に言える事ですが葉の暗さをもっと出す事で花の色味が
もっと引き立つと思うのでそこの対比がもっと出せると良かったですね。
 
 
20160826_07
こちら講評の様子です。
 
短い制作時間の中、皆様しっかり集中していたので時間が経つのが早かった、
結構疲れた、という感想が多かったです。
絵を集中して描くのは結構な体力を使うんですよね。
時間制約があると普段の制作では持ちにくい緊張感が持てて良いですね。
 
企画講習参加いただきありがとうございました。
お疲れ様です。
 

川尻会員さま作品ご紹介

 
こんにちは。講師の中田です。
今回は川尻会員さまのデッサンをご紹介いたします。
モチーフは花瓶に挿したピンクの実の植物とブリキの象です。
 
 
 
20160816_01
 
 
川尻会員さまは入会されて約1年程ですが、
段々と集中力が増してきていて、近頃はしっかりと自らの世界に
入り込んでいるように感じます。
上のデッサンは、植物の輪郭を丁寧に捉えていて、
細部がとても鮮明に表現できています。
また花瓶は、微かな模様をしっかりと捉えつつ、
陶器独特の質感と立体感も共に気を使えている部分が見事です。
 
 

20160816_02
 
 
ブリキの象は形を丁寧にとって、繊細な調子で明暗がつけられているため、
象が立っているという空間がとても自然に感じられ、余白も美しいです。
モチーフの形をとったり、細部を追求する感覚は入会された時から
光るものがありましたが、近頃はさらに洗練されているようです。
今後は繊細さを保ちつつも思い切った強い暗さを
絵の中に入れていけるようになると、
より強い存在感を得られると思います。
 

平野会員さまの水彩画ご紹介

 
こんにちは講師の佐々木です。
今回は平野会員の水彩画を紹介します。
 
 
20160811_01
 
 
平野会員は1年間しっかりデッサンを頑張って、
今年の1月から水彩画に挑戦していて、これが4枚目の作品です。
 
独特の明るく優しい色調が綺麗です。
デッサンを頑張ってきたので形もしっかりしていて安定感がありますね。
背景をもう少し暗くして、手前の明るさを強調しても
良かったかもしれませんね。
 
平野会員は新たに水彩用のスケッチブックを購入されて、
お花のモチーフを描いています。
そちらも完成が楽しみです。

仲川会員さまの作品紹介

 
こんにちは、メッツ銀座絵画教室講師の永瀬です。
今回は仲川会員さまの油彩画をご紹介します。
 
 
 
20160804_01
 
 
仲川会員さまのはじめての油絵は、
卓上のハムなどをモチーフにした静物画です。
あと一歩で完成のところまで来ています。
 
仲川会員さまはメッツ銀座絵画教室にご入会されて
1年以上鉛筆デッサンをご経験されました。
今回の作品はその経験がとても活かされていると思います。
明暗法でそれぞれの物の立体感や奥行きをしっかりと表現していますね。
 
また立体感だけではなく、質感にも、
はじめての油絵とは思えないほど迫っています。
ハムや青りんご、瓶のハイライトを丁寧に描き分け、
質感の違いを表現していますね。
それらに対して葉の少し乾いた、
枯れ始めているような質感も良く表れています。
あとはテーブルにかけてある布の皺の手前の部分を描き込んで完成予定です。
完成がとても楽しみですね。