マクラクラン会員さま作品紹介

メッツ銀座絵画教室、日曜、月曜、火曜を担当している高村です。
さて、今回のブログではミエコ・マクラクラン会員様の素描作品を紹介させていただきます。
 

ミエコ・マクラクラン会員様はデッサンに取り組まれていますが、近作では鉛筆の使い方に習熟してこられ、作品の仕上りが大変丁寧で落ち着いた調子(トーン)になってこられました。
これまでの作品も、集中力を感じさせる勢いのある描写が魅力でありましたが、描き込みを行う場合の筆圧のコントロールやモチーフに特有の明度など、画面全体の対比の関係に腐心されているご様子でした。
上掲の作品を描かれていた際に描写は進んだものの、何度か黒くなりすぎた事がありました。
しかし、根気良くモチーフを観察され、修正を繰り返したことで大変内容の濃いデッサンになったものと思います。


こちらの作品は上掲の作品の次に取り組まれたデッサンの途中段階です。
出だしの段階ではありますが、以前の作品に比べて画面全体を視野に入れた中で各部のトーンを丁寧に重ねてゆく注意深さが感じられ、同時に柔らかさのある進み方が出来ておられるように感じます。
デッサンでは失敗の経験から思わぬ成功に至る事が少なくありません。
お時間のある時には、ご自身で描かれた作品を見返して上げる事も上達の助けになるかと思います。

中田講師の個展ご案内

20141114_01
 
 
新宿教室、銀座教室で会員皆さまのご指導のお世話をさせていただいております
中田講師が、現在、六本木のGALLERY MOMO Projects で個展を開催しております。
ギャラリー近くにお越しの際や、お時間がございましたらご観覧頂ければ幸いです。
場所は東京都港区六本木6-2-6 サンビル第3 2F
日、月、祝日はお休みで素。その曜日以外は昼の12時から夜7時まで開催しております。
 
個展詳細、ギャラリー案内は下記のアドレスをクリックしてご覧ください。
 
www.gallery-momo.com

新井会員作品のご紹介

こんにちは、金曜担当講師の山田です。
今回は新井会員の作品をご紹介します。
新井会員はメッツにご入会される以前からパステルをたしなまれていましたが、教室に通われるようになって、今一度、モノの基礎的な形などについて学ばれています。
人体構造を学ぶというテーマで、人形を描いてみました。
ピンクの透け感のあるドレスや羽の柔らかい感じがでていてとてもきれいですね。人形の愛らしさもよく出ています。背景の処理が中途半端なので、背景をどうするかは序盤に決めておくとよいと思います。
 

ボリュームのあるドレスのおかげで骨格構造が見えないので、プロポーションを捉えるのに苦労されました。
生き物を描く時に、顔、胴体、下半身を別々に捉えてしまうと一人の人間の形がバラバラになってしまいます。この作品も途中骨格がバラバラになってしまい、修正しました。
自然な人体の動きを表現するのに大切なのは、正中線(頭からつま先まで、身体の中心に線を引いてみた線)の流れを意識することです。
また、人形は細かい描き込みが多いので、パステルという素材では少々苦戦されたようです。本当に細かい顔の部分には、パステル鉛筆をおすすめしました。
新井会員は今回人物を描いてみて、色々と難しさを感じられたそうで、次回作も違う人形にチャレンジされています。更に良い作品になることを楽しみにしています。