特別講習会「木炭デッサンでトルソ石膏を描こう」ご報告 NO2

土曜日は朝昼合計12名の会員さまが参加して下さいました。
 

制作風景です。
土曜日は女性トルソの人気が高かったですね。
女性トルソは全体的に丸みがあるので稜線の見極めが難しく、少し描き辛さもあったかと思いますが、描きたいと感じられた方を描いた方が意欲もわき易く、制作に張りが出てくるものです。
皆さま木炭でのデッサンは始めてという事で始めの内は当然不慣れな印象がありましたが時間が経つにつれ素材にも慣れ、しっかりやりとり出来るようになりました。
 

会員さまの作品に少し手直しをしている所です。
木炭をいじる場合、描きだしで何度も大きな仕事を繰り返していくので「そこ消しちゃうんですか?」と嘆かれていましたが、素材の性質上やむなくいじらせていただきました。
 

大塩会員さま
まだ教室に通い出してから間もないのですが、しっかりと観察をすることで微妙な身体の傾きが表現出来ています。
出だしの作業としては良いのですがここから徐々に木炭を落ち着かせながらしっとりとした表情を作っていけるといいですね。
 

大西会員さま
こちらも出だしの見え方としては順調です。
木炭という素材は細かな描写をするのはどちらかというと不向きで、逆に大きな明暗の流れ、光、構造を追っていくことに長けています。
一度乗っけた木炭をいかに落ち着かせたり、取っていきながら最終的なトーンに仕上げていくんですが、今の状態ですともう動かせる木炭が画面に乗っていないのでここからもう一度大きく木炭をのせ直してそこからまた探っていけるとダイナミックな画面になると思います。
 

上田会員さま
お尻上部、背中の筋肉の盛り上がりを出すのに苦労されていました。
木炭で描く場合には細かいところを一つ一つ加筆していくというのではなく、大まかな明暗を先ず大胆にのせて、そこから手や練り消しを使ったマイナスの作業で決めていくというのが順当なやり方になります。
なのでまず背中の暗さに木炭をしっかりとのせ、その暗さの中で背骨周辺の明るさを探り出していくことが賢明かと思います。
 

松原会員さま
普段は水彩で制作されています。水彩に比べ、画面に乗せてからいじっていくことが多く、文字通り手探りで見つけていくことを楽しまれて制作されていました。
木炭の美しいトーンがよく出ていますね。背景にも意識を配ることで面白い表現になっています。
 

小林会員さま
お尻の量感が感じられますね。
一番手を掛けた部分がしっかりとしたクオリティーに繋がっています。
その分まだ手のあまり入っていない上半身はまだ軽い印象ですね。
木炭は一度摺り込んでしまうと白さを取り戻すのが困難になりますのでここから今以上に慎重に木炭を重ねていきましょう。
 

若井会員さま
制作後に感想をお聞きしたら木炭は向いていないとおっしゃっていましたがその言葉とは裏腹に作品は力強い仕上がりになっています。
摺り込んでいくタイミングが早すぎたのと、全体的に摺り込み過ぎた事でやりづらさもあったかと思いますが、それを上回る熱量で押し切りました。
 

田村会員さま
かなり慎重に木炭を乗せていっていました。
結果とても綺麗なハーフトーンが出せていますがこのハーフトーンをもっと綺麗に見せる為にはしっかりとした暗さ、木炭のざらついた表情等が必要になってきます。
なので大西会員さま同用、木炭を上からのせ直して画面の中の暗さの役割を作っていけれると良いですね。
 

鈴木会員さま
少し身体が起き上がってしまいましたが木炭の表情には幅があり、魅力的な作品になってきています。
画面左の腕の切断面に修正の跡が残っていますがこのような修正が作品をより良くしてくれるのだと思います。
このような跡を気にされる会員様も多いのですが、個人的には作業の痕跡、作者がどのように物を観察しているかが見えてきて好感が持てます。
何度も修正をしていくことで実際の形、傾きに少しでも近づけられると良いですね。
 

金会員さま
首から胸にかけての見え方がとても良いですね。
木炭で描いていく際によく粘土で立体を作っていくような感覚で制作して下さい、と指導することがあります。
削り過ぎた部分には新たに粘土をつけ直して、手で細かな形態を作っていく感覚ですね。
木炭でも同じ事が言えます。繰り返しになりますがここからもっと暗くあるべき部分にたっぷりと木炭を乗せて形をさわりながら制作していきましょう。
 

片岡会員さま
多少形の狂いはあるのですが、何度もやり取りを重ねる事で魅力ある柔らかさのある作品に仕上がっていますね。
右方の際の処理が輪郭線に頼っているように見えてしまうので最後までトーンを追っていき、後ろの白い空間につなげていってあげると一段と柔らかな空間が表現出来ると思います。
 

武智会員さま
重さを感じるいい木炭デッサンになっていますね。
奥に見える胸も手前の表現と差を出すための擦り込んでいる事で空間を感じられます。
武智会員様は普段油彩で制作されています。
木炭デッサンは油彩をやられている方には特にお薦めしていまして、形の出し方、隣り合ったもの同士の関係性等を油彩につなげていければと思います。
 

二村会員さま
背景の白がとても綺麗に見えてきますね。
白バックで描く時にはなにも描いていない部分を空間として感じさせなければいけません。
そのためには際の明暗の強弱をつぶさに観察していかなければなりません。
手数自体はさほど多い作品ではないのですが作者の丁寧な観察眼を感じます。
ただ画面下、足は画面の端までしっかりと描きましょうね。
 

講評会の様子です。
今回、初木炭デッサンだった方がほとんどだと思いますが、普段とは違う素材を扱う事で、新たな発見、楽しみ、デッサンの奥深さ等を感じていただけたら幸いです。
土曜日担当講師 三津、山本

中井会員さまの油彩(油絵)作品

こんにちは、金曜日担当講師の山田です。
今回は中井会員さまの2枚目となる油彩画をご紹介します。
 

F10号の静物画です。20回かけてじっくりと仕上げました。
油彩は完成時の色とは違う下地を作り、色々な色を重ねながら光を描き起こしていきます。
なので、最初に描いた下書きはすぐに消えてしまうので、基礎デッサン力がとても必要になってきます。
中井会員さまも途中何度も形をとり直しながら描き進めました。
古典的絵画風に、背景を暗く落とすことでモチーフがより浮き上がって見えます。洋ナシと葡萄のハイライトが秀逸ですね。ガラスの透明感もよくでています。
今回はルネサンス絵画風で描きましたが、次回作は印象派を参考に描く予定です。
油絵は古典から近代まで、様々な技法がありますので、色々な描き方が楽しめると思います。

特別講習会「木炭デッサンでトルソー石膏を描こう」

今日は火曜日を担当しております講師の佐々木です。
火曜日のお昼クラスで、教室講師共通の企画「木炭デッサンでトル石膏を描こう」に
6名の会員さまがご参加くださいました。
この日はちょうど高岡校長先生の指導日で、制作中から終了後の講評も
高岡校長先生が中心になれて行ってくださいました。
 

モチーフのトルソー石膏像は2点、会員さまはお好みのトルソーを選んで描いて頂きました。
 

木炭デッサン初体験の方がほとんどでしたが、偶然にも、この日は校長先生指導日でもあったのでかなり充実の講習となりました。
 

同じモチーフを囲んで描くのもあまりない事なので、教室の様子も普段とは少し違う雰囲気でした。
 
 

制作終了後、校長先生が細かい所まで作品1点1点講評してくださいました。
 

 

それでは作品を紹介いたします。
 

下郡会員さま作品 
初めての木炭デッサンで戸惑いもあったと思いますが、しっかりトーンが付けられています。
腰から下のボリュームが無いのが残念です。
 

栗原会員さま作品
プロポーションが良く取れていますね。足のボリュームと前後感がもう少し出ると良かったですね。
 

鎌田会員さま作品
やや逆光気味だったので回り込みの表現が難しかったと思いますが、背中の筋肉の感じが良く出ていてボリュームが感じられます。
 

斉藤会員さま作品
ガシガシ描く彫刻的なデッサンでレリーフ状の筋肉の感じが出ていますね。正中線が真っすぐになってしまったので身体のねじれが無くなってしまいました。
 

横山会員さま作品
ハーフトーンがきれいなので石膏の白くて硬い感じが良く出ています。暗い影の色の変化がつくといいですね。
 

渡辺会員さま作品
こちらは後日加筆して仕上げたものですが、男性的な筋肉の様子が良く表せています。肩から首にかけての形の変化がもう少し出せると良かったですね。

銀座校特別企画講習会、木炭デッサンでトルソ石膏を描こう

3月に行われました企画講習会の内容をご報告します。
 

今回費用しました木炭セットです。これに木炭紙と食パンがつきます。
講師が制作した木炭デッサンをご紹介します。
 

参考作品を解説しながら制作する三津講師
 

背景に濃い目のトーンをのせて木炭紙の白を残して明るい部分を浮き出しています。
 

同じく、三津講師の男性トルソです。描き始めて1時間の途中段階です。
 

女性トルソを描く山本講師
 

何度も比率を確かめながら控え目にあたりを付けていきます。
真正面の構図は奥行きが出しにくいので、初心者は横位置から描くことをおススメします。
 

完成図です。輪郭線を強調せず形の面が変わる稜線の影に濃いトーンを入れていくと立体感がでます。
 

安永講師の男性トルソ
全身を入れた構図にしたためバックまでしっかり描いています。グレートーンの中に練りゴムで抜いたハイライトが効いてますね。
 

佐々木講師の女性トルソ
画面下の台座を入れたことにより安定感が生まれ、バックの木炭らしい黒と石膏の白いコントラストがきれいですね。擦った上から木炭紙のザラつきが重ねてあり、場所に合ったグレートーンの色幅がしっかり出ています。
 
木炭デッサンの特徴は鉛筆デッサンより消し描きが簡単です。描き手の個性が出る画材なのでこれを機に一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
石膏を初めて描く方でも分かり易くご説明しますので安心してご参加いただけます。

小林会員、鈴木会員 石膏デッサン作品紹介

メッツ銀座絵画教室、月曜、土曜担当の三津です。
あちらこちらでさくらが満開です。
「春」真っ最中ですね。
今回のブログでは石膏の大顔面(面取り)を描かれている鈴木会員さまと
小林会員さまの作品を紹介させていただきます。
 

こちらが大顔面(面取り)の石膏です。
面取りとは元々の石膏の形を大作りに面で捉えた石膏の事で、石膏デッサンを学んでいく上で重要になってくる大きな面を把握しやすくなっています。
元々の大顔面は下の画像になります。
 

デッサンをしていく上で、描き始めから表面の細かな情報を意識し過ぎると大きな形態を捉えにくいので先ずは大まかに形状を捉えていくことが大事です。
そうは言っても目の前にモチーフがあるとどうしても細かな情報に目が行きがちです。
そんな時に面取りの石膏を描くと髪や目周辺等の目の行きやすい細かい部分がどのように大きな面で形成されているかが分かると思います。
 

制作中の様子です。この日は朝から寒く、休む会員様が多い中、お二人は普段通り来校されて黙々と制作に励んでおられました。
それでは個々の作品を見ていきましょう。
 

こちらが小林会員さまの作品になります。
本日で6回目の制作になります。
今日の制作では石膏の大きな明暗を描き分けた段階で微妙な形の狂いを修正されました。
描き出しにとった形というのは完璧な事はまずないので制作しながらの細かな修正が必要になってきます。
石膏の場合は特に形の整合性が問われるので狂いを見つけたらその都度修正していくことが理想であります。
今回の修正点としては顔の右側面が見え過ぎていて、目が少し小さくなってしまっていたのでどこが違うかを確認しつつゆっくりと修正していきました。
その結果徐々に印象が合ってきていますね。
修正のやり取りをすることでグレーの幅も増えつつあります。
次回は明るい中のトーンに幅を出していけるといいですね。
続いて鈴木会員さまの作品です。
 

こちらはまだ2回目の制作です。ゆったりとあたりを付けながら制作されています。
石膏を描く場合、初期段階は極力ゆっくりと制作する事をお薦めします。
石膏をしっかりと観察し、幾度となく角度、位置を計り、あたりを探っていけるといいですね。
どれだけ丁寧に探っても後からの修正はあるとは思うのですが、この時期の仕事をおろそかにすると良い作品は生まれません。
ここから徐々にトーンを入れていく事になりますが、トーンを入れた事で見えてくる狂いもあると思います。
焦らずに修正を繰り返していきましょう。

小林会員さま、鈴木会員さまは1枚の作品にしっかりと時間を掛けながら仕上げられます。
それぞれ1枚の作品に掛ける時間というのは差があると思いますが、その差は優劣ではなく出来上がる作品の方向性や、各々の趣向、性格によるものだと思います。
時間を掛けなければ表現できない事もあれば、時間を掛け過ぎては失われてしまう絵の魅力もまたあるという事ですかね。
お二人の場合は時間を掛ける事でしっかりと作品が成熟していきます。
どの段階においても狂いを見つけられればそこを改善することで作品がより良くなることに繋がります。
なので、今回もゆっくりとモチーフと対峙していきましょう。