今井会員さまの作品紹介

こんにちは。水曜日、日曜日を担当しています講師の永瀬です。
今回は、メッツ銀座絵画教室にご入会されて1年余りとなる
今井会員さまの作品をご紹介します。
 
今井会員さまは、絵は未経験でしたので、半年間はデッサンを学ばれました。
 
最初にご紹介するのは、今井会員が初めて描いた静物デッサンです。
苺と桃を鉛筆で描きました。
 

それぞれの固有色の違いを上手く表現出来ていますね。
桃は陰影の出来方が捉えきれていないため、立体感が弱く感じます。
また、接地面に出来る影と桃の底部の陰との色の関係が描ききれていないため、
桃が台から少し浮いた感じがします。
苺はやや単純化していますが、うまく陰影をつける事が出来ています。
 

次にご紹介するのは、今井会員さまがデッサンを始められて3ヶ月目に描かれた、
かぼちゃとズッキーニのデッサンです。
一枚目のデッサンに比べて、とても上達していますね。
モチーフの形状をしっかりと捉えています。
稜線や反射光の存在を意識して描くことが出来ていますね。
接地面もしっかり描けているので、モチーフをとりまく台の空間を感じる事が出来ます。
そして鉛筆の調子に柔らかさと深みが出てきました。
 

次にご紹介するのは、今井会員さまがデッサンを始められて、半年後に描かれた
鴨の剥製のデッサンです。
鉛筆の調子を明るいところから暗いところまで、
とても幅広く、豊かにつくることができていますね。
柔らかな光と影で、包みこむように、モチーフを捉えています。
鴨の骨格や筋肉を理解し、意識することで、より真実味のあるデッサンになるでしょう。
 
このデッサンの後、今井会員さまは水彩画を始められました。
最初に描かれたのは、企画授業の題材であります、写真を元に描く風景画です。
 

透明水彩の色の美しさをとても引き出せています。
画面下部の緑の表現など、混色して色味を作ることが、よく出来ていますね。
広い空間を空気遠近法できれいに表わせました。
 

次にご紹介するのは、テーブルに綿布を敷いて本を置き、その上に玉葱束を置いた静物の水彩画です。
このモチーフの空間をとても自然に、柔らかく表現されていますね。
本の陰影の表現では調子が美しく、明るい光の存在を感じます。
玉葱はさらに細部を描き込んでもよいでしょう。
 

最後にご紹介するのは、テーブルに薄緑色の布を敷き、
かぼちゃとパプリカ、レンガの上に洋梨を置いた静物の水彩画です。
柔らかで明るい光が画面に満ちています。
それぞれのモチーフの色彩は調和し、とても綺麗です。
構図は安定し、形体感の表現も上達されていますね。
 

制作中の今井会員さま
今井会員さまの制作には、気負わず自然体でモチーフと向き合っている印象を受けます。
その作品の印象は柔らかで、観察して描くことの楽しさ、面白さが、いきいきと表現されていて素晴らしいと思います。
これからもさまざまな風景や静物などを
美しく描くことを楽しんでいただきたいです。

高岡 徹 校長先生の個展案内


 
高岡校長先生の個展が12月10日(月)曜日~15日 (土)迄、中央区銀座7丁目の
光画廊で開催されます。
会員皆さまには是非ご観覧頂ければ幸いです。
 
事務局

野洲会員様の水彩画ご紹介

こんにちは。月曜日担当講師の佐竹です。
今日は野洲会員様の水彩画をご紹介させていただきます。
 

野洲会員様は一昨年のご入会から、鉛筆デッサンを通じて描画力を身につけられた後、
現在は水彩画の制作に取り組んでいらっしゃいます。
野洲会員様の水彩画制作においては、緻密な鉛筆デッサンを下敷きに、
透明感あふれる彩色が特徴です。
ディティールへの細やかな観察と面相筆を用いた繊細な描画、
淡い色彩の重ね表現がモチーフに肉迫します。
野洲会員様のスケッチブックから数点をご紹介させていただきます。
 
制作中の野洲会員様です。写真をモチーフにした企画授業「山の描き方」に取り組まれています。
緻密なタッチで描かれる野洲会員様の魅力的な水彩画。今後益々の展開を期待致しております。
 


ブリキの車を透明水彩で描いています。
ブリキの古びた質感を細やかな筆のタッチで追いかけています。
光と陰の描き分けが、モチーフ単体を描く際には重要になります。
古びて色の黒くなったボディの固有色と、陰との描き分けがさらに明瞭になるとより魅力的です。
 

ブラックバスの置物です。
鱗一枚一枚を丁寧に描くことで、置物より一層のリアリティがあります。
細部を描く際には、光と影の境目(稜線と呼びます)をポイントに筆を進めると要所を押さえた仕上がりが期待できます。
 

キャンティ・ワインボトルとグラス、柄布地を構成しています。
キャンティはボトルを包む樹皮の質感とボトルそれ自体の硬質さを描き分けることがポイントになりますが、
深い青が積極的に対比をみせています。
テーブル上の布地の柄を丁寧に追いかけることで、遠近を出すことにも成功しています。
 

カモの剥製です。
毛並みの質感を丁寧に描くことで、モチーフ全体の丸みをも感じさせます。
足下は異なるモチーフ、岩との組み合わせ(合成)で描きました。
陰の落ち方も自然に、効果的な演出となっています。
 

籐編み篭にザクロです。
構成も野洲会員様自ら配置されました。
籐編み籠の細部の描画もさることながら、ザクロの色彩の再現に目を見張ります。
色彩の混色はパレット上で、調色することは勿論ですが、下地との関係、画面に筆をのせた際の確認がとても大切です。
淡い色彩が重層することで、深みのある色彩、モチーフのリアリティが表現されています。

山本講師個展のご案内

山本講師の初個展となる本展「Darkbreak」では大正時代築の民家で8点の絵画とインスタレーションを紹介します。
 

  
期間:2012年11月22日(木)-12月2日(日)10:00-17:00
会場:神門の町家|北のハウス
   〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南1342-7