斉藤会員の油彩画紹介

こんにちは。
水曜日、日曜日を担当しています講師の永瀬です。
近頃は暖かい日が増えて、春が訪れているのを感じ、嬉しく思います。
 
今回は斉藤会員の静物油彩画をご紹介します。
斉藤会員はメッツ銀座絵画教室にご入会以前から油絵を描かれていましたが、
ご入会された2011年2月からは、4ヶ月間デッサンを学ばれました。
その後教室でも油絵を始められています。
 

今回ご紹介する作品は、テーブルの上に白と紺のブロックチェックの布を敷き、
フランス人形と赤いブリキのクラシックカーと飾りの付いた紙箱を配置し、
背景にはこげ茶の布を掛け、その上に柄布を垂らした静物の油彩画です。
 
固有色や形体感、質感がさまざまで、要素が多く、難易度の高いモチーフを、
確かな観察と混色、筆使いで、しっかりと描き上げた空間感豊かな作品です。
 
背景の柄布とこげ茶布は、暗めの色調でまとめられていて、
空間的広がりや深みが感じられるとともに、
テーブルの上のドールなどのモチーフの明るい色調と
鮮やかなコントラストを生み出しています。
 
テーブルに敷かれたブロックチェック布では、
遠近感を意識して、手前と後方で明度と彩度を操作して表現しています。
 

直立しているドールのたたずまいを、自然さを持って表現出来ています。
ドレスの柔らかいピンクグレーの色調を、うまく混色して描いています。
羽根帽子の柔らかく軽やかな質感の表現もよいですね。
 

飾りの付いた紙箱は、明暗による立体感の表現に加え、
明部と暗部で色味の鮮やかさを調節し、空間感豊かに表現しています。
 

ブリキのクラシックカーでは丁寧に細部を描き出しています。
ハイライトを描くことで金属の光沢感を表現しています。
 

制作中の斉藤会員です。
斉藤会員は制作姿勢には、「三次元の立体や空間を、二次元のキャンバスに、
いかに、秩序立てて表現していくか。」という工夫が感じられます。
またその色調には柔らかで温かみのある美しさがありますね。
 
斉藤会員はメッツ銀座校での制作の他に、野外での風景画制作もされているとのことで、
是非そちらの作品も見せていただきたいですね!
 
これからも素敵な作品を楽しみにしております。

銀座校 人物クロッキー会

メッツ銀座絵画教 木曜日、土曜日担当の安永です。
春寒しだいに緩むころとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
クロッキー会を開催いたしました。
 

今回のクロッキー会では会員様、講師が順番にモデルをして描きあいました。

クロッキーとは短時間で主に線を用いて、モチーフの形、空間を捉えることを指します。
つまり、物を描くという行為の根幹となる部分で、何を描くにしてもどんな描画材で描くにせよクロッキー力が必要となります。
みなさん今回がクロッキーを初めて行うとことで、初めに講師が10分間のクロッキーデモンストレーションを行い、クロッキーとはどんなものかを見ていただき、その後制作に入って頂きました。
 

 

永山会員のクロッキーです。時間をかけて描くことに慣れてしまって、短時間で人体を捉えるのが難しかったとのことですが、モデルの会員さんの個性を良く捉えていますね。
下半身の形の流れなどはとても自然です。少し手の表現が説明的になってしまいましたね。
 

 

児玉会員のクロッキーです。今回のクロッキーで児玉会員の新たな一面が発見されました。
てらいのない素直な見方が表れています。
 
 

 

唐木田会員のクロッキーです。ウクレレを持ったポーズで難易度が高かったと思いますが、細部に拘泥することなく大きなポーズの流れを捉えています。
 
 

 

室田会員のクロッキーです。モデルの自然な印象を捉えることに成功しています。
少ない線で、人体のポイントとなる部分を的確に捉えていますね。顔の表情なども少ない手数でよく捉えていますね。
 
 

 

田中会員のクロッキーです。的確なデッサン力で素早く人体の細部までも捉えています。少し足がもう少し大きくても良かったかもしれません。
 
 

 

田村会員のクロッキーです。横向きのモデルを先入観に囚われず描いていますね。
横顔の表情がとても良いですね。
少し体の厚みが出すぎしまいましたね、両肩の関係など、短い時間の中でも全体のバランスを確認するとよいでしょう。
 
 

ポーズ終了後、作品を並べて講評を行いました。自分の作品だけでなくお互いの作品を見ることで客観的に自分の絵を判断出来たことと思います。クロッキーは一度やって終わりではなく継続的にやっていくことで力が付いていくものですので、またの機会がありましたら是非みなさんふるってご参加ください。またクロッキーは場所と時間を選びません、お家でご家族をモデルに描いたりするのもお薦めです。
 
人生初のクロッキー、描かれる会員さんも、描く会員さんも最初は緊張していましたが、最終的には皆さん2時間半集中力が途切れることなく、クロッキーに没頭されていました。
この度のクロッキー会、とても有意義な時間となりました。

佐竹宏樹展のお知らせ

こんにちは。月曜日担当講師の佐竹です。
この度、福岡にて個展を行います。この場をお借りしてお知らせさせていただきます。
福岡へお越しの際には宜しくお願い致します。
 
佐竹宏樹展 Exhibition in PROPOSTA
2012年3月16日(金)-3月31日(土)
Gallery Hours:11:00-18:00
3月16日18:00より作家を囲んでオープニングレセプションを開催致します。
水曜日店休日
 
PROPOSTA|arflex FUKUOKA
〒810-0802
福岡市博多区中洲中島町4-20 PROPOSTAビル1F
tel:092-262-5166 mail:info@proposta.net/www.proposta.net
http://www.proposta.net/
 
同時開催「佐竹宏樹展」GALLERY M.A.P
※特別展示の為:要予約:092-521-0083
http://gallerymap.jp/
 

鈴木会員のデッサン

こんにちは!木曜日、土曜日を担当しております講師の山本です。今回は鈴木聡美会員のデッサンをご紹介いたします。
鈴木会員は初めに体験デッサンでリンゴを描いてから2010年9月に入会しました。毎月2回、授業中の2時間半のあいだ手を休めることなくフルに集中して制作されています。
 
では1枚目、ワイン瓶のデッサンです。
Hの鉛筆を立てて調子を付けているのでガラスの透明感がでていますね。ラベルの書体やバーコードまでしっかり描かれています。

 
2枚目、パンとパプリカのデッサンです。
モチーフだけでなく、布のしわまで描かれていますね。鉛筆のトーンの重ねが上達して影のグラデーションが自然に表現できるようになりました。

 
3枚目、相関体のデッサンです。
モチーフの向きと布の折り目の線がクロスして動きのある良い構図となりました。2Hの鉛筆と練りゴムを何度も使うことで硬さと柔らかさの描き分けに成功していますね。

 
4枚目、うさぎと苺にデッサンです
うさぎの動き出すために左右の足の重心の違いが表現されていますね。奥の台とバックを暗く描くことで画面が引き締まり、この一枚で構成力も身につきました。

 
5枚目、レンガと百合のデッサンです。
花の白と葉の緑、色の差が描き分けられていますね。鈴木会員の粘りのある観察力で花びらの一枚一枚をしっかり完成させていきました。

 
6枚目、石膏の手のデッサンです。
布の色を暗くすることによって石膏の白が表現されています。反射光を明るく、稜線(りょうせん)を濃くすることで円筒形の回り込みが描けていますね。

 
制作中の鈴木会員

 
鈴木会員の上達の秘訣は妥協せず納得するまでやり遂げる姿勢にあると思います。絵を描くことは楽しいですが、時には思うように進まないこともあります。でも諦めずやり遂げた後、努力の成果が絵に表れ、次への意欲にも繋がっていきます。

枚数を重ねるごとに壁を乗り越えていく鈴木会員、現在制作中の絵は優しさが加わって表現の幅が広がり、完成が非常にたのしみでね。