谷口会員のデッサン紹介

こんにちは。
水曜日、日曜日を担当しています講師の永瀬です。
この冬は寒さが厳しく、また空気が乾燥した日も多いですが、皆様お元気でしょうか。
風邪など引かぬようどうぞ健康には留意してお過ごしください。
 
今回は谷口会員のデッサンを2点ご紹介します。
谷口会員は2011年4月にご入会されデッサンを学ばれています。
 
谷口会員は一つ一つの作品にじっくり時間をかけて制作されています。
その画面からは、長い時間をかけて丹念にモチーフの観察と描写を繰り返した結果得られた
モチーフの形体感や質感の深い理解が感じられます。


一つ目の作品は、耐火レンガと松ぼっくりとくるみの静物デッサンです。
繊細で淡い調子の諧調豊かな美しいデッサンです。
光の方向も整理され、左上からの明るく、やわらかい光が感じられます。
 

それぞれのモチーフを細部まで丹念に描いています。
松ぼっくりの笠の折り重なりは、その隙間の空間を感じられるほどです。
耐火レンガの表面の細かな凹凸の表現では、レンガの手前と奥で絶妙にコントラストを調節して、
質感表現だけでなく空間的広がりも表現しています。
松ぼっくりは他のモチーフよりも弱めのコントラストで描くことで、乾いた質感をうまく表しています。
 

二つ目の作品は、金属ボールに入った葡萄とワイングラスの静物デッサンです。
この作品では、金属ボールの内側の暗がりの濃い調子から
ワイングラスの透明で明るい光が屈折している部分の淡い調子まで、
鉛筆の濃淡を幅広く使って表現しています。
 

葡萄のみずみずしい表情が丁寧に表現されています。
また果実のトーンを調節することで、それぞれの粒の前後左右の位置感の違いを表現することにも成功しています。
葉脈の繊細な表現も素晴らしいですね。
 

ワイングラスの透明感、硬質さ、薄い形体を繊細に表現しています。
ハイライトの表現では消しゴムをうまく使っています。
 

制作中の谷口会員です。
谷口会員の制作や作品からは、絵画やデッサンに対する真摯な姿勢を強く感じます。
これからも、その繊細で美しく、理性的なデッサンを楽しみにしています。
また、このようなデッサンの経験を生かした水彩画や油絵も、きっと素晴らしいものになると期待してしています!

池野会員の油彩模写のご紹介

こんにちは。月曜日担当講師の佐竹です。
今回は池野会員の油彩模写グスタフ・クリムト「死と生」をご紹介致します。
池野会員は2010年8月銀座校オープン後、まもなくご入会されてから、鉛筆デッサン、パステル画、水彩画などを通じて描画材に親しみながら、本作「死と生」の模写に望まれました。
クリムトのオリジナルをご存知の方はお気づきかと思われますが、本作はトリミングされ、「死と生」の「生」の部分が抜き出され描かれています。ご自宅のリビングを飾るに相応しい華やかな作品となりました。
 

油彩模写『グスタフ・クリムト「死と生」から「生」』F15号
 
池野会員の制作ドキュメントから、プロセスをご紹介させていただきます。

模写の制作では、作者が描いた順序を筆致などから推察してゆくことが重要になります。
本作では、黄色のアクリル絵の具で下地を施し、実寸(F15号キャンバスサイズ)に拡大した原画を参照しながら、鉛筆で主に成るラインを写してゆきます。
 

彩色はオリジナルに倣い、油絵の具を使用しています。薄く溶いた絵の具層を重ねて、序々に原画へ近づけてゆきます。細部の描画は隠された下地色を彩色後、度々見直し、ラインを起こさなければなりません。非常に根気の要る作業ですが、池野会員の丁寧な気遣いが随所に見受けられます。
 

全体像が浮かび上がってきました。女性の白い肌の下地には黄をベースに緑、青などの寒色系、稚児の肌には橙、赤などの暖色系が使い分けられています。寒色系の肌は透明感を、暖色系は生命力を感じます。作者クリムトのプロセスを倣うことによって、テクニックに込められた思想もまた、追体験する発見の喜びも模写の醍醐味です。
  

制作中の池野会員です。本作は完成まで10ヶ月以上(39回)をかけての大作となりました。池野会員の熱意によって新たな息吹を与えられたクリムトの油彩「生」は、共に新しい時間を刻んでゆくことと思います。池野会員は現在、マチスの「ダンス」を制作中です。さらに巨匠の技術と思想に触れ、実り多き体験を培ってゆかれることと思います。池野会員の素晴らしい作品とこれからの制作にエールを贈ります。
 
佐竹講師評

上田会員のデッサン

メッツ銀座絵画教土曜日担当の安永です。
寒気いよいよ厳しい季節となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
この度はメッツ銀座絵画教室の上田会員の作品をご紹介させて頂きます。
上田会員はメッツに入会されて早一年となります。
昨年、常に高い集中力を持続し制作されていました。
今回はその成果をご覧くださいませ。
 

入会後、初めて描いたワイン瓶(キャンティ)のデッサンです。
すでに上田会員独特の鉛筆の風合いが出てきていることに驚かされます。
初心者には難しいと思われる暗い色をしっかりと作り、ビンの部分と藁の部分の固有色と質感の違いをしっかり表現しています。
今後、物の表面ではなく、形体を立体的に捉える意識が養われていけば、素晴らしいデッサンになることが容易に想像できます。
  

 

上田会員はシンプルなモチーフであっても微細な変化をしっかりと捉え、やさしく丁寧に鉛筆のトーンを重ねていきます。
結果、上田会員にしか出すことのできない質感の表現となります。
 

様々な質感のモチーフにも挑戦いたしました。
ガラスのシャープな透明感を表現しながらも独特の優しい調子は失われてはいません。
楕円を積み重ねたようなガラスランプの形体はなかなか難しいモチーフですが、最初のキャンティに比べ、中心軸のブレもなく、視点も定まり、自然な形体感を獲得することに成功しています。
 

昨年の集大成となる、兎と苺のデッサンを制作中の上田会員です。上田会員の優しいタッチで表現されることで兎が生命感を帯びていきます。
 

完成作品です。ご覧の通り描写は非常に丁寧で、画面に寄って見ると繊細な描き込に驚かされます。
この作品では、兎と苺だけでなく台も画面の構成要素として重要な役割をはたしています。
台の形が入ることで地と図、明暗のバランスがとても良くなりました。
 
これからも上田会員のお人柄のように優しく丁寧なデッサンを楽しみにしています。
上田会員は油絵にも興味がおありとのことで、培ったデッサン力をベースにどんな色彩感覚を見せてくれるのか今から期待しております。

宮澤会員の鉛筆デッサン紹介

こんにちは。水曜、日曜を担当しています講師の永瀬です。
今回は2011年4月に入会されデッサンを学ばれている宮澤会員の最近完成された静物デッサンをご紹介します。

石とスコップを組み合わせた静物デッサンです。
それぞれのモチーフの形体感、質感、固有色が高い精度で的確に表現されています。
モチーフをしっかり観察して描く中で生まれた鉛筆の調子は、諧調が豊かでとても美しいです。
 

モチーフと作品を見比べると、とても写実的に描かれていることが分かります。
 

光の方向を意識して石の量感、形体感を表現するとともに表面の質感も丁寧に描いています。
 

スコップの金属部分の入り組んだ形体と金属の質感を見事に表現しています。
 

スコップのグリップの色味に強い調子を置くことで画面全体が引き締まって見えます。
グリップの形体感もしっかり表現できています。
 

集中力をもって制作されました。
出だしから中盤、仕上げと着実に仕事を積み重ねました。
宮澤会員は筆圧のコントロールもよくできています。
 

宮澤会員の一枚目のデッサンのトマトです。
この作品と比べると今回の作品では見違えるほど上達されていますね。
客観性が養われ、立体感、空間感の理解が深まっています。
また鉛筆の使い方が繊細で丁寧になり、調子に清潔感と凛とした佇まいがでてきました。
 
今後もさまざまなモチーフで素晴らしいデッサンを見せていただきたいです。
そして水彩やパステル、油絵などの色を使った表現も楽しみですね。

浅井会員のパステル画ご紹介

2012年明けましておめでとうございます。
今年も講師一同会員皆さまの作品制作に微力では有りますがお役に立てますよう努力をいたします。
宜しくお願いします。
 
2012年第1回目の会員さま作品紹介です。
毎週日曜日に制作にいそしんでおられます浅井会員のパステル画をご覧頂きます。
  

パンとレモンと桃の作品
初めて描かれたパステル画です。パンのもっちりとした質感が良く出ています。全体に色のバランスが難しかったと思いますが、よくまとめられていて目をひく作品になりました。
ただもう少しレモンの表面のざらざらとした質感や、桃の色味が拾えると柔らかい印象になったかもしれません。
 

オリーブが入った瓶とパプリカ
今回は緑と赤という補色同士のモチーフです。まず左側のオリーブ瓶の透明感がよく表現されています。中のオリーブを1粒1粒丁寧に描写し美味しそうに仕上げています。
パプリカは、難しい赤を様々な色合いで表現されています。今回はモチーフの光沢感の白色がやや単調でしたので、色幅を増やしていき課題の一つにしたいです。
 

やかんのモチーフ
やかんに浅井会員が映り込んでいるユニークな作品です。特徴のある形やステンレスの質感を楽しんで制作されていました。
画面手前にテーブルを描かれたことで冷たいグレーの印象から、ホッとする柔らかい表情になりました。
 

モーリス・ド・ブラマンクの『雪景色』を模写
今回はブラマンクの『雪景色』の模写に挑戦です。凍てつく大地と果てしなく淀んだ空の表現は何回もパステルを重ねて出来た苦心の作です。
この作品に取り組んだことで、深い色使いの完成度が高まってきました。
 

オーギュスト・ルノアールの『レースの帽子を被った少女』を模写
今回初めて人物の制作に挑戦です。外国人少女のあどけない表情が、なかなか似ずに時間を掛けて制作中です。
全体に白みが多い作品なので、明暗でバランスを取ると絵の見せ場がより伝わってくると思います。
 

模写を制作中の浅井会員