水彩画

水彩画は水彩絵具をパレットの上で水を加え適度な濃淡にし、
その液を筆に含ませ描いていきます。
旅先での出会いの風景や、日常の静物などを手軽に描き表すことが出来ます。
メッツ銀座絵画教室の講師の誰もが、水彩画を指導いたしますのに十分な
知識と技法を備えております。
水彩画を描く初心者の方には基本のデッサン過程を終了後、水彩画を描き始めていただきます。
何から描くかから始まり、画面でのモチーフ位置取り、絵具の使い方、筆と含ませる水との関係など
まずは水彩画を描く基本の習得から始まり、色のぼかし、混色(絵の具の混ぜ方)での色出しなど
技法をステップアップし、描いていきます。
各講師は特別講習会を開催し、室内、屋外写生会を年間を通し計画的に実施します。
水彩画ならではの透明感のある表現技法を会員皆さまにしっかりと習得していただき、
1作1作と描く事が楽しく、上達が確心出来るよう工夫を凝らし、指導させていただきます。


油絵画材

水彩画(透明水彩)画材

教室で使用している基本水彩画材です。
デッサン過程で使用しますスケッチ鉛筆、消しゴムは
ラフな下書き時に使用します。
水彩画専用スケッチブック、水彩18色セット、水彩パレット、
水彩筆(大、中各1本)、詳細筆セット、水彩パレット、
画材収納アクリルボックスです。
上達に比例して少しずつご自身で必要な画材を付加して
頂ければと思います。
水バケツは教室で常備したものをお使いいただけます。


水彩画(透明水彩)の描き方

 

まずHB~2Bくらいのスケッチ鉛筆を使用して下描きをします。
3点の異なったモチーフの位置関係を画面のどの位置に展開するかを
シッカリと把握します。
次に個々のモチーフの特長を捉えるようにします。
この時点で瓶の左右対称、楕円のゆがみなどをしっかりととらえましょう。
ピーマンは円筒形が基本となったもの、レモンも同じく円筒形で
ラクビ―ボール状の形態であることなどを意識して線描きします。


 

モチーフの持っている固有の色、この場合瓶は緑、レモンは黄、赤ピーマンは
赤と基本になる水彩絵具を水彩パレットの上で水でたっぷりと溶かし、絵具を薄く
し明るい色から下塗りしていきます。
さらに完成時のモチーフの固有色(赤や緑、黄)が鮮やかに見えるようにする為
レモンイエローをベースにして全体の色の調子を整えていきます。


 

立体感や質感を見ながら更に個々のモチーフと全体を彩色していきます。
瓶は、絵具のサップグリーン、カドミウムグリーン、ビリジアン、レモンイエローで
瓶の存在を描きだす調節を、ピーマンはカドミウムレッド、オペラ(少量)バーミリオン、
カドミウムイエローなどで同じように調節します。
同じくレモンも同様に調整し暗部はカドミウムグリーン+イエローオーカー又は、バーミリオン
などを混色し、ややくすんだ色身を作り出し描きます。
常に一つのモチーフのみを描くのでなく、全体を同じ調子で描いていく事を
心掛けるようにします。


 

全体の仕上げに入ります。
全体のトーンを把握しつつ、個々のモチーフの細部を描き込んでいきます。
瓶の内部の液体、透明感、ラベルの曲線、トップのアルミ栓、ピーマンンの表面皮の曲線や凸凹
光の当たった部分とピーマン自体の色の濃淡、ヘタと本体の皮の接続部分、レモンの先端部分など
はそれぞれのモチーフの特長を表す部分ですのでしっかりと描き表すようにします。
さらに手前から奥へとモチーフの空間にも十分注意を払って色の濃淡をつけていくようにし、
設置面とモチーフとの影をしつかりと描き台の上(布状の)にモチーフが置かれている状態を
描き表し完成です。


水彩画を描く場合もデッサンをしつかりと習得して頂く必要がいかに大切かがお分かりいただけると思います。
形、質感、光、影などの要素の書き表し方を鉛筆で習得したものを水彩絵の具に置き換え書き表します。
表面の濃淡、ぼかしなどもデッサンで習得した技術が大いに役に立ちます。