油絵(油彩画)

絵画で描き表す技法は色々とありますがその代表的技法は油彩画(油絵)です。
現代油彩画(油絵)の表現技法は、ほとんどがパレットの上で油絵具に
ペインティングオイルを混ぜて作った色を、
キャンバス(帆布)に塗り乾燥後、又、色を重ね塗りして描いていき、作品を完成させます。


油絵画材

教室で使用します基本の油絵画材セットです。
初めての油絵はF6号のキャンバスを使用して描いていただきます。
油絵具、木製パレット、油絵筆5本、パレットナイフ、ペインティングナイフ、オイル、オイル木炭(下絵を描くスケッチ鉛筆はデッサンで使用しましたスケッチ鉛筆をも使用していただきます)
画材収納木製箱
上達に比例して少しずつご自身で必要な画材を付加して頂きます。


イーゼル

イーゼルに設置した10号キャンバス


油彩画の描き方

それでは実際にリンゴをどのようにして描き上げていくかF4号キャンバスを使用してその過程をご覧いただきます

制作過程1
鉛筆でキャンバスに形をとっていきます。
大胆にザクザクと描いて下さい。
画面の中のリンゴの位置、大きさに注意しましょう。


制作過程2
絵具を載せる前に軽く陰影を付けておくと
立体感のイメージがし易く成ります。
モチーフ台の上に落ちるリンゴの影、
バックにも影を付けておきましょう。


制作過程3
テレピン油で薄く溶いたローシェンナーを使ってまず
鉛筆の線をなぞります。
その後おつゆ描きで陰影を付けていきます。


制作過程4
全体に明るい茶系色で陰影がついた段階
リンゴの重量感と大まかな空間が現れていればOKです。


制作過程5
バーントアンバーのおつゆ描きでもう一段暗い調子を入れます。
キャンバスの白も合わせると3段階の調子が現れました。
立体感もかなり出てきて色を載せる準備が整ってきましたね。


制作過程6
画面の光の当たっている所を中心に
カドニウムイエローライトを載せていきます。
全体の下地となる色です。
テレピン油とペインティングオイルを1対1ぐらいで
混ぜて使います。


制作過程7
影の部分にコバルトブルーを入れます。
固有色を加える前にこのようにデッサン的な明暗を入れておくと
いざ色をのせた時に画面にバラツキが出にくくなります。


作業過程8
いよいよリンゴの赤を入れていきます。
全体を包み込むように球体としての形を意識しながら
のせます。今回はブライトレッドを主に使っています。
オイルはテレピンに比べてペインティングオイルの割合が
少し多くなっています。
豚毛とセーブルの筆を併用してみましょう。


制作過程9
モチーフ台に敷かれた青い布の色を入れます。
今回はスカイブルーを使用しています。
台の色が入っている事によってリンゴと台との関係が
明快になって来ます。


作業過程10
バックに暗めの緑をのせて様子を見ます。
リンゴとバックの関係が出来てきました。
リンゴもさらに絵具をのせ厚みを出します。
立体感が無くならないように注意しましょう。


作業過程11
リンゴの影は下地の色を生かしながら付けて下さい。
自由にどんどん絵具がのせられ、
描いていてとても楽しい段階です。


作業工程12
かなり完成のイメージが出てきました。
リンゴの輪郭などにメリハリをつけていきます。
バックとモチーフの関係が自然に見えると思います。


作業過程13
厚みのある絵具をどんどんのせます。
リンゴの影の部分の赤と上の光の当たっている部分の
オレンジ色などが
リンゴの存在感を出しています。
ここまできたら後は細部描写になります。


作業過程14
リンゴの表面の質感、布のシワを面相筆で描きます。
バックにはもう一層ビリジャンを掛けました。
完成です。
リンゴの蔕(へた)も大切な要素なので丁寧に描き入れましょう。


油絵を描く過程を順序を追って説明しました。
各過程に於いて絵画の描く基本デッサンで習得します形、質感、光、影などがここでいかに
役立つかがお分かりいただけるかと思います。
メッツ銀座絵画教室では油絵を描き始めてからも並行してデッサンも描くという事も可能です。
油絵を描いていて悩んだり、壁に突き当たったりした時など、又基本のデッサンを描いてみる事も
壁を乗り越えるきっかけの一つの方法でもあるかもしれません。